バーミキュラの体験型複合施設「VERMICULAR HOUSE」が代官山にオープン

バーミキュラの体験型複合施設「VERMICULAR HOUSE」が代官山にオープン

レストラン・デリカテッセン・フラッグシップショップ・料理教室・クックブックライブラリー・コーヒースタンドの機能を持つ、「最高のバーミキュラ体験」を提供するブランド発信拠点

「最高のバーミキュラ体験」をコンセプトにしたブランド発信拠点「VERMICULAR HOUSE(以下、バーミキュラ ハウス)」が、12月19日(日)、東京・代官山にオープンする。
VERMICULAR HOUSE
2019年12月、創業の地である愛知県名古屋市にバーミキュラブランド初の体験型複合施設としてオープンした「バーミキュラ ビレッジ」。

想定を大きく超えるゲストが来場する中、バーミキュラブランド誕生から10年を迎え、アメリカ・アジア展開を開始してグローバルブランドへの一歩を踏み出した今、よりたくさんの方に「最高のバーミキュラ体験」を提供できるよう、新たに東京・代官山にブランド発信拠点を開業することを決定した。

「バーミキュラ ハウス」は、バーミキュラ ビレッジの「最高のバーミキュラ体験」というテーマを受け継ぎ、“何度も帰ってきたくなる、「最高のバーミキュラ体験」ができる場所”をコンセプトとしたブランド体験型複合施設。

レストラン・デリカテッセン・フラッグシップショップ・料理教室・クックブックライブラリー・コーヒースタンドの機能を持ち、“バーミキュラの料理の美味しさ”、“バーミキュラブランドの世界観”、“メイド・イン・ジャパンのものづくり”をさざままなかたちで表現する。

バーミキュラが提案する“素材本来の味”に感動するレストラン

VERMICULAR HOUSE KITCHEN(バーミキュラ ハウス キッチン)

"和の食材とバーミキュラがつなぐニューノーマルな洋食"をテーマに、季節ごとに旬を迎える日本ならではの食材をふんだんに使用し、バーミキュラの解釈で素材本来の味わいを丁寧に引き出した、国籍にこだわらない新しい時代の洋食を楽しむことができる「VERMICULAR HOUSE KITCHEN」。

厳選されたワインとともに、家族や友人と料理をシェアしながらゆったりと会話を楽しむ、そんな「最高のバーミキュラ体験」を感じられる空間となっている。
VERMICULAR HOUSE
特製の薪窯を完備。薪火で仕上げることで香ばしい薫りと深みが加わり、バーミキュラで丁寧に引き出した素材の風味をさらに一層引き立てる。
VERMICULAR HOUSE
季節ごとに旬の野菜をバーミキュラで無水調理し、薪火で仕上げたスペシャリテは、素材本来の味が存分に引き出された、バーミキュラの真骨頂を堪能できる逸品。
VERMICULAR HOUSE
ディナータイムは、注文ごとにバーミキュラ ライスポットで炊きあげた、炊きたてのご飯・炊き込みご飯を鍋ごと提供。お米本来の甘みを楽しめる。
VERMICULAR HOUSE
VERMICULAR HOUSE KITCHEN
営業時間/
ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:30~22:30
定休日/水曜
席数/47席

素朴で上質な家庭料理を日常的に味わえる“街の台所”のようなデリカテッセン

VERMICULAR POT MADE DELI(バーミキュラ ポットメイドデリ)

バーミキュラ ライスポットで炊きあげた炊きたてのご飯を中心に、肉じゃがやハンバーグなど、バーミキュラで素材本来の味を丁寧に引き出した温かい家庭料理が並ぶ「VERMICULAR POT MADE DELI」。その日の気分に合わせて好みの料理を選び、イートイン・テイクアウトで楽しめる。
VERMICULAR HOUSE
「ランチデリ」では、ライスポットの炊きたてご飯を使って、注文ごとに一つずつにぎって提供するあつあつのおにぎりをはじめ、10種類以上の温菜や冷菜、デザートなどの中から、好きなメニューを選択可能。

来年春以降には、ナイトデリも開始予定。ご飯が進むメニューに加えて、お酒とあわせたいメニューも多数用意。クラフトビールやワイン、日本酒などの提供もあり、仕事帰りにちょい飲みして帰る、そんな利用にもおすすめだ。

また、おすすめのメニューをセットにしたお弁当やおにぎりも用意。好きなお惣菜を1品からでも購入でき、ランチタイムや仕事帰りなど、「忙しいけれどおいしいものが食べたい」「今日はお家でゆっくりしたい」という日にも気軽に立ち寄ることができる。

さらに、スパイスや調味料など、バーミキュラの料理がもっと楽しくなる厳選アイテムも販売する。

※テイクアウトは2022年2月から開始予定。
※お弁当は2022年3月から開始予定。
VERMICULAR POT MADE DELI
営業時間/11:00~19:00
定休日/水曜
席数/26席

購入前に味や使い方を試せる体験型ショップ

VERMICULAR FLAGSHIP SHOP DAIKANYAMA(バーミキュラ フラッグシップショップ 代官山)

「VERMICULAR FLAGSHIP SHOP DAIKANYAMA」は、すべてのゲストが安心してバーミキュラを楽しめるよう、購入前からバーミキュラの味や使い方を試せる体験型のショップ。これまでバーミキュラ ビレッジでしか販売されていなかった13種類の限定サイズのバーミキュラも含む、全ラインナップを取り揃える。
VERMICULAR HOUSE
備え付けのデモンストレーションキッチンでは、バーミキュラを知り尽くした“バーミキュラコンシェルジュ”が、実演を交えながらゲストの質問・リクエストに回答。ゲスト自身でバーミキュラ製品の使い勝手を実際に試すことができる。

さらに、購入前の相談や使い方、お手入れ方法、レシピに関することなど、あらゆるお悩みにも回答。

そのほか、バーミキュラといっしょに使うことで料理がより楽しくなるオリジナルアイテムや、アルチザン(職人)をテーマにしたキッチンウェアなども取扱い予定となっている。
VERMICULAR HOUSE
VERMICULAR FLAGSHIP SHOP DAIKANYAMA
営業時間/
平日 10:00~19:00
土日祝 9:00~19:00
定休日/水曜

コンシェルジュ・専属シェフによる料理教室

VERMICULAR COOKING ROOM(料理教室)

バーミキュラコンシェルジュ・専属シェフが、バーミキュラ製品を使用した料理教室「VERMICULAR COOKING ROOM」を定期的に開催。世界のトップシェフによる特別な料理教室や親子料理教室なども開催し、手料理の楽しさを幅広い世代に伝える。
VERMICULAR HOUSE
VERMICULAR COOKING ROOM
定員/8名
※要予約制
※2022年春以降、順次開催予定

"FOOD LIFE - 食と暮らし -" をテーマにした約1,500冊のライブラリー

COOKBOOK LIBRARY AND COFFEE STAND(クックブックライブラリー・コーヒースタンド)

"FOOD LIFE - 食と暮らし -"をテーマに、新刊から現在は販売されていない古書まで、約1,500冊の本をラインナップ。「食」とさまざまなジャンルの「本」を掛け合わせ、手料理のある暮らしをさらに豊かにするヒントを提案する。

また、併設のコーヒースタンドでは、本といっしょにハンドドリップコーヒーやバーミキュラで焼いた焼き菓子などが楽しめる。
VERMICULAR HOUSE
バーミキュラオーナーだけでなく、地域の方、世界中からさまざまな方々が気軽に訪れ、いっしょにバーミキュラを楽しめる場として街に愛される場所になること。

そして、素材本来の味を楽しむライフスタイルを通じて、世界中に手料理のある暮らしの素晴らしさを届けられるような空間を目指す「バーミキュラ ハウス」。オープンの際は、ぜひ家族で足を運んでみては。

VERMICULAR HOUSE
住所/東京都渋谷区猿楽町28-14
https://www.vermicular.jp/house/

2021年12月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧