世界41か国で愛されるベストセラー絵本「ライオンのこころ」が発売

世界41か国で愛されるベストセラー絵本「ライオンのこころ」が発売

俳優・安藤サクラ氏が翻訳を担当。声に出して読みたくなるしかけが満載の、小さなネズミが “自分の声” を探しに旅に出る物語

「トゥーヴァージンズ」から、翻訳絵本「ライオンのこころ」が全国の書店で発売。
ライオンのこころ 1,650円(税込)
ライオンのこころ 1,650円(税込)
アメリカの人気作家レイチェル・ブライト氏と、数々のベストセラー作品を手がけるイラストレーター、ジム・フィールド氏による、動物絵本シリーズの1作目「ライオンのこころ」。世界41か国で、累計部数150万部以上発行されている注目作だ。
ライオンのこころ
大きくゴツゴツとした岩のふもとに住む、小さな小さなノネズミ。
体も声も小さく誰にも気づいてもらえないネズミは、いつも周りの動物に踏んづけられてばかり。
ライオンのこころ
一方で大きな岩の上から大きな声で吠えるライオンは、そこに暮らす動物たちの憧れの的。
ライオンのこころ
ライオンみたいに立派な声が出せたら、もう少し強くなれるかもしれない。
そう考えたネズミは、吠え方を教えてもらうため、勇気を振り絞ってライオンに会いに行くが……。
ライオンのこころ
内気で恥ずかしがり屋のネズミは、自分を変えることができるのか?
ライオンは本当に“強い”のか?

ネズミの心の成長を通して、強さとやさしさのありかたを描いていた作品となっている。
ライオンのこころ
思わず声に出して読みたくなる翻訳を担当したのは、俳優の安藤サクラ氏。

ネズミのか細い声や、吹き出しから飛び出すライオンの豪快な雄叫びなど、今にも動き出しそうないきいきとしたイラストと、リズミカルな言葉が満載。登場キャラクターになりきって、さまざまな種類の“声”を読んで楽しめる1冊だ。

勇気をだしてあたらしい自分になるために一歩ふみだす物語であり、自分の中にある弱さや強さに気づき、誰かとそれを認めあい、尊重しあう物語でもある「ライオンのこころ」。ぜひ子どもといっしょに読んでみては。

ライオンのこころ
文/レイチェル・ブライト
絵/ジム・フィールド
訳/安藤サクラ
トゥーヴァージンズ刊 1,650円(税込)

問い合わせ先/トゥーヴァージンズ
tel.03-5212-7442
info@twovirgins.jp
https://www.twovirgins.jp

2021年12月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧