イケアが今年もモミの木を販売。ジンジャーブレッドハウス・コンテストも実施

イケアが今年もモミの木を販売。ジンジャーブレッドハウス・コンテストも実施

香りも楽しめる本物のモミの木と、クリスマスの風物詩ジンジャーブレッドハウスで楽しむ、スウェーデン流のクリスマス

「イケア・ジャパン」が、本物のモミの木の販売を11月18日(木)より開始する。
https://www.ikea.com/jp/ja/campaigns/ca00-real-xmas-tree-pub8561af40
イケア クリスマス
クリスマスはスウェーデンにおいて、もっとも大切な伝統行事のひとつ。スウェーデンでは、家で香りも楽しめる本物のモミの木を飾る習慣がある。

イケアでは、より多くの方々により楽しいクリスマスを家で過ごしてほしいという願いから、毎年本物のモミの木を販売。サイズ、形などが異なるツリーの中から、好みの1本を選ぶことができる。

水やりなどの手入れをすることで、クリスマスシーズンを通じて、さわやかな香りが楽しめる、生き生きとした美しい緑のツリーに。好みのオーナメントで飾り付けたり、足元にプレゼントを置いたりして、自分だけの特別なクリスマスツリーを作って楽しめる。

なお、使い終わったツリーと「ツリー購入証明書」を返却期間内にイケアストアに持ち込むと、「ツリー購入証明書」は1,500円分のお買物クーポンとして利用可能。

回収したツリーはイケアが責任をもって、環境にやさしいかたちで再利用などを行う。
ABIES/アビエス モミの木 2,999円(税込)
ABIES/アビエス モミの木 2,999円(税込)
また、スウェーデンのクリスマスの風物詩といえば、ジンジャーブレッドハウス。クリスマスシーズンになると、ジンジャーブレッドを使ってアイデアあふれる小さなお菓子の家が作られる。

イケアでは、昨年も大盛況だった「ジンジャーブレッドハウス・コンテスト」を、11月20日(土)より今年も開催。思い思いに飾りつけをしたジンジャーブレッドハウスの写真をInstagramでシェア。受賞者には素敵なプレゼントも用意されている。
https://www.ikea.com/jp/ja/stores/restaurant/ginger-bread-house-contest-pub038808a0
※11月18日(木)更新予定
イケア クリスマス
さらに、全国のイケア店舗では、ジンジャーブレッドハウスをつくれるキットも販売。

スウェーデンのクリスマスデコレーションならではの、ショウガを入れた生地を焼いて、家の形に組み立てるものや、テーブルやベンチの上にジンジャーブレッドタウンを作ったり、ハウスの穴に糸を通せば、クリスマスツリーや窓につるしたりできる、ミニサイズのものを揃えている。
VINTERSAGA/ヴィンテルサーガ 左/ジンジャーブレッド ハウス、ミニジンジャーブレッド ハウス 各499円(税込)
VINTERSAGA/ヴィンテルサーガ 左/ジンジャーブレッド ハウス、ミニジンジャーブレッド ハウス 各499円(税込)
ぜひイケアのアイテムで、スウェーデンの伝統的なクリスマスを楽しんでみては。

問い合わせ先/イケア・ジャパン カスタマーサポートセンター
tel.0570-01-3900
www.IKEA.jp

2021年11月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧