食物アレルギー対応サービス「matoil」がキットの予約販売を開始

食物アレルギー対応サービス「matoil」がキットの予約販売を開始

食物アレルギーの子どもを持つ家庭のために、「食べる」を楽しめる時間を

「スマイルズ」が、「京セラ」の新規事業「アイデアスタートアッププログラム」の第1弾となる、食物アレルギー対応サービス「matoil(マトイル)」立ち上げにあたり、ブランディング・プロデュースを伴走支援。

サービスの事業性検証のため、食物アレルギーがある子どもや家族向けのごちそうキットの予約販売を開始した。
matoil
「matoil」は、食物アレルギーがある子どもの「おいしい」や「食べてみたい」、保護者の「おいしく作りたい」や「食べさせてあげたい」という気持ちへ的確に応えるという思いから、「的を射る」という言葉にインスピレーションを得て命名。

食物アレルギーのある子どもがいる家族は、使用できる食材が限られていることや総菜を利用しづらいことから、日々の家庭料理についても負担になることも。また、日常の食事だけでなく、外食や旅行に行きづらいといった課題もある。

これらの課題に対して、誰もが食べたいもの、食べられるものと出会い、選ぶことを楽しめるように、「matoil」では食物アレルギー対応の食事の機会を提供。

当事者だけが課題を抱えることのない、ソーシャル・インクルージョンの実現に貢献していく。
matoil
アレルギー対応の安全面だけでなく、保護者が気兼ねなく「好きなものを頼んでいいよ」と言える、子どもの「こんなのが食べたかった」が叶う、特別な体験を目指す「matoil」。ぜひチェックをしてみては。
問い合わせ先/マトイル
https://www.matoil.jp/

2021年11月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧