世界10カ国以上で翻訳され大評判の傑作冒険ファンタジーが日本上陸

世界10カ国以上で翻訳され大評判の傑作冒険ファンタジーが日本上陸

<しっぱいさく>の烙印を押された主人公とできそこないの仲間たちが自由を求め、力を合わせて危険な冒険にのりだすドキドキのストーリー

「学研プラス」から、世界的絵本作家のファン・ブラザーズによる珠玉の冒険ファンタジー「バーナバスの だいだっそう」が発売。

2020年カナダ総督賞・絵本賞、Amazon U.S.A. 2020ベスト絵本など、数多くの賞を受賞した作品が、同著「夜のあいだに」に続き、原田勝氏の訳で日本語版の刊行が実現した。
バーナバスの だいだっそう 2,530円(税込)
バーナバスの だいだっそう 2,530円(税込)
主人公のバーナバスは半分ネズミで、半分ゾウの人工ペット。ここは、ペットショップの地下にある人工ペットの研究所。

<しっぱいさく>の烙印を押されたバーナバスは作りなおされる運命に…。しかし、バーナバスは自由を求め、できそこないの仲間たちと力を合わせて危険な冒険にのりだす。
バーナバスの だいだっそう
細かく作りこまれた世界観には読むたびに驚きがたくさん。特に、主人公のバーナバス以外にも登場する、数多くの人工ペットたちがユニークで魅力的だ。

本文は全部で72ページの大長編。空想的で美しい絵や、心地よいテンポの文章、ドキドキのストーリーにどっぷりと浸ることができる。
バーナバスの だいだっそう
子どもも読みやすいようすべてのページにふりがなが振られており、就学前の幼児から小学校低学年生に特におすすめの1冊。ぜひ、親子でいっしょに目を通してみては。
バーナバスの だいだっそう
著/ファン・ブラザーズ
訳/原田勝
学研プラス刊 2,530円(税込)

問い合わせ先/学研プラス
https://gakken-plus.co.jp/contact/
https://hon.gakken.jp/book/1020543000

2021年10月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧