「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」待望の続編が刊行

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」待望の続編が刊行

11の文学賞を受賞し、累計87万部を突破したベストセラーの完結編

「新潮社」から、「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2」が9月16日(木)に刊行。

「Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞2019」をはじめとする11の文学賞を受賞し、累計87万部(単行本・文庫・電子書籍合計)突破のベストセラー「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」の続編で、今作で完結となる。
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2 1,430円(税込)
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2 1,430円(税込)
「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」は、著者であるブレイディみかこ氏とアイルランド人の配偶者との間にもうけた、息子が主人公。

荒れていたことで有名だった「元・底辺中学校」に通うことになった「ぼく」が、個性豊かな友人や教員たちと触れ合い、現代社会が抱える問題と直面しながら成長するさまを描いたノンフィクションだ。
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2
今作で描かれる、13歳になった「ぼく」の日常も、前作同様、まるで世界の縮図のよう。

中学生がスタートアップについて学ぶ授業、レインボーカラーのストラップを首から下げた校長とノンバイナリーの教員たち、音楽部のクリスマス・コンサートで持ち上がったポリコレ騒動。

時代が、社会が、人が大きく変わっていく中で、「ぼく」はさまざまな“事件”を経験しながら、パンクな母ちゃん、そして父ちゃんと、ともに悩み考え、大人へのらせん階段を昇っていく。

そしてついに訪れる親離れのとき。「一生モノの課題図書」が今作でついに完結する。

80万人が読んだ成長物語の完結編。ぜひ、チェックをしてみては。
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2
著/ブレイディみかこ
カバーイラスト/中田いくみ
新潮社刊 1,430円(税込)

問い合わせ先/新潮社読者係
tel.フリーダイヤル 0120-468-465(月~金 10:00~17:00)
https://www.shinchosha.co.jp/book/352682/

2021年09月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧