11月にエリック・カールの思いを継ぐ国内初のプレイグラウンドが誕生

11月にエリック・カールの思いを継ぐ国内初のプレイグラウンドが誕生

緑の迷路、ディスカバリーゾーン、アスレチック、オートマタ、さまざまなワークショップ、アトリエなどを備えた、親子で遊び、学び、楽しむことができる新しいエンターテイメント施設

「東急」および「東急不動産」「東急モールズデベロップメント」「エイアンドビーホールディングス」の4社が、全世界の子どもたちに愛されている絵本「はらぺこあおむし」の作者エリック・カール氏の思いを継ぐ施設「PLAY! PARK ERIC CARLE(プレイパーク エリック・カール)」を、11月にオープン。

誕生する場所は、今年3月に開業10周年を迎えた複合型商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」。その“Anniversary Year”を飾る、目玉コンテンツのひとつとして開業する。
™ & © 2021 Penguin Random House LLC. All rights reserved.
™ & © 2021 Penguin Random House LLC. All rights reserved.
「PLAY! PARK ERIC CARLE」は、カール氏の世界観に基づいてデザインされた、国内初のインドアプレイグラウンド施設。

大人も子どもたちといっしょになって遊び、学び、楽しむことができる、従来の商業施設にはなかった新しいエンターテイメント施設となっており、遊びや学びを通じて子どもたちが成長できるように、さまざまな工夫が施されている。
PLAY! PARK ERIC CARLE
場内には、緑の迷路、ディスカバリーゾーン、アスレチック、オートマタ(からくり人形)、多様なワークショップ、アトリエなどを完備。

カール氏のアートや言葉があしらわれた各ブースを行き来しながら、親子で楽しみ、さまざまな遊びの中から学びを得ることができる。
※各ブースの内容、料金などの詳細は、秋頃に公開予定
PLAY! PARK ERIC CARLE
「遊びや感覚」から「理性や秩序」が求められる世界に飛び込む子どもたちの成長を考え、子どもたちが超えなければならない溝にかかる橋をかけたいと考えていたカール氏。

遊びを通じた学びを大切にしたカール氏の理念を継ぎ、 親子でワクワクしながら楽しめる、これまでにありそうでなかった新しい施設。オープンの際にはぜひ訪れてみては。
 
PLAY! PARK ERIC CARLE 
住所/東京都世田谷区玉川 2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター タウンフロント 8F
https://www.playec.jp

2021年08月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧