東京都渋谷公園通りギャラリーで子どもたちのアートプログラムが始動

東京都渋谷公園通りギャラリーで子どもたちのアートプログラムが始動

さまざまなバックグラウンドを持つ子どもたちが、アートの体験を通じて偶然の出会いや想像もできないものごとと巡り合い、対話する機会を創出

「東京都渋谷公園通りギャラリー」で、今夏より新たに、子どものプログラム「Kids meet」シリーズが始動。

このシリーズでは、さまざまなバックグラウンドを持つ子どもたちが、アートの体験を通じて偶然の出会いや想像もできないものごとと巡り合い、対話する機会を創出。

この体験によって、子どもたちの世の中をみる視点や世界が広がり、いろいろな価値観を尊重する、豊かな想像力が引き出せる場を目指す。
Kids meet
第1回目となるプログラム「Kids meet 01」では、「影のワンダーランド」と題したワークショップを実施。
※好評により、すでに第1回目のプログラムの参加者募集は終了

美術家の原倫太郎氏と画家の原游氏を講師に迎え、子どもたちの等身大のシルエット(影)をつくり、カラフルにデザインしたものに光をあてて影絵の世界を作り上げる。
原 倫太郎 + 原 游 「影の追いかけっこ」、2020年 川口市立アートギャラリー・アトリア ※参考画像
原 倫太郎 + 原 游 「影の追いかけっこ」、2020年 川口市立アートギャラリー・アトリア ※参考画像
また、このワークショップで子どもたちがつくった制作物を展示する小さな展覧会を、9月15日(水)から26日(木)まで開催。

今後も定期的に子ども向けのプログラムを展開していく予定となっている。
原 倫太郎 + 原 游 「影の追いかけっこ」、2020年 川口市立アートギャラリー・アトリア ※参考画像
原 倫太郎 + 原 游 「影の追いかけっこ」、2020年 川口市立アートギャラリー・アトリア ※参考画像
アート体験を通じて、子どもの豊かな想像力を引き出すプログラムを、ぜひチェックしてみては。

ワークショップ報告展示
タイトル/Kids meet 01 「影のワンダーランド」
会期/9月15日(水)~9月26日(日)11:00~19:00
会場/東京都渋谷公園通りギャラリー 交流スペース
休館日/9月21日(火)
入場料/無料
問い合わせ先/東京都渋谷公園通りギャラリー
tel.03-5422-3151
https://inclusion-art.jp/archive/event/2021/20210905-98.html

2021年08月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧