イギリス発、100万部超の世界的ベストセラー赤ちゃん絵本が日本上陸

イギリス発、100万部超の世界的ベストセラー赤ちゃん絵本が日本上陸

赤ちゃんの手指の発達と言葉の感覚を育てる、「さわって感じる」仕掛け絵本

「世界⽂化社」から、0・1・2歳向けの手指の発達と言葉の感覚を育てる仕掛け絵本「うちのこ どのこ?」が発売中。
うちのこ どのこ? 1540円(税込)
うちのこ どのこ? 1540円(税込)
「うちのこ どのこ?」は、ふわふわのしっぽ、ぴかぴかの首輪、ぼこぼこの肉球、もじゃもじゃの耳など、すべてのページに「さわって感じる」仕掛けがある赤ちゃん絵本。

小さい子どもが大好きな動物「犬」がたくさん登場し、「このこかな?」と赤ちゃんに語りかけながら、楽しく遊べる。
ちのこ どのこ?
さわって感じる仕掛けにたくさん触れることで五感が刺激され、赤ちゃんの手指の発達を促進。

また、「ふわふわ」「ぴかぴか」などのオノマトペがいっぱいで、言葉の感覚が育つ。
うちのこ どのこ?
視力が未発達の赤ちゃんは、目を刺激するキラキラしたものが好き。鱗のように輝く光沢感の表紙タイトルとゴールドの側面加工で、赤ちゃんの目が釘付けに。

高級感のある見た目で、プレゼントにもおすすめの1冊となっている。

手指の発達と言葉の感覚を養う仕掛け絵本を、ぜひ赤ちゃんといっしょに読んでみては。
うちのこ どのこ?
絵/レイチェル・ウェルズ
文/フィオナ・ワット
訳/世界文化社編集部
世界⽂化社刊 1540円(税込)

問い合わせ先/世界⽂化社
tel.03-3262-5115
http://www.sekaibunka.com/

2021年05月21日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ