イギリス発、100万部超の世界的ベストセラー赤ちゃん絵本が日本上陸

イギリス発、100万部超の世界的ベストセラー赤ちゃん絵本が日本上陸

赤ちゃんの手指の発達と言葉の感覚を育てる、「さわって感じる」仕掛け絵本

「世界⽂化社」から、0・1・2歳向けの手指の発達と言葉の感覚を育てる仕掛け絵本「うちのこ どのこ?」が発売中。
うちのこ どのこ? 1540円(税込)
うちのこ どのこ? 1540円(税込)
「うちのこ どのこ?」は、ふわふわのしっぽ、ぴかぴかの首輪、ぼこぼこの肉球、もじゃもじゃの耳など、すべてのページに「さわって感じる」仕掛けがある赤ちゃん絵本。

小さい子どもが大好きな動物「犬」がたくさん登場し、「このこかな?」と赤ちゃんに語りかけながら、楽しく遊べる。
ちのこ どのこ?
さわって感じる仕掛けにたくさん触れることで五感が刺激され、赤ちゃんの手指の発達を促進。

また、「ふわふわ」「ぴかぴか」などのオノマトペがいっぱいで、言葉の感覚が育つ。
うちのこ どのこ?
視力が未発達の赤ちゃんは、目を刺激するキラキラしたものが好き。鱗のように輝く光沢感の表紙タイトルとゴールドの側面加工で、赤ちゃんの目が釘付けに。

高級感のある見た目で、プレゼントにもおすすめの1冊となっている。

手指の発達と言葉の感覚を養う仕掛け絵本を、ぜひ赤ちゃんといっしょに読んでみては。
うちのこ どのこ?
絵/レイチェル・ウェルズ
文/フィオナ・ワット
訳/世界文化社編集部
世界⽂化社刊 1540円(税込)

問い合わせ先/世界⽂化社
tel.03-3262-5115
http://www.sekaibunka.com/

2021年05月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧