来春、小学生向けオルタナティブ・スクールが世田谷区に開校

来春、小学生向けオルタナティブ・スクールが世田谷区に開校

東京をキャンパスに、ワイルドでアカデミックな環境で子ども時代を楽しみぬく自由なスクール

特定非営利活動法人「ソダチバ・プロジェクト」が、2022年4月、小学生向けオルタナティブ・スクール「ヒロック初等部(以下、ヒロック)」を世田谷区砧公園隣に開校する。

「ヒロック初等部」は、小学生対象の東京をキャンパスにした次世代型オルタナティブ・スクール。「ヒロック(HILLOCK)」は小高い丘という意味で、一人ひとりが小高い丘を自由に駆けめぐることをイメージしている。
ヒロック
高い専門性をもつ多様なプロフェッショナル集団が、力を合わせて運営するのが特徴で、スクール・ディレクター(校長)には、公立小で自由進度学習・ICT・特別支援教育での経験を持ち、一人ひとりの寄り添う教育を実践してきた蓑手章吾氏が就任。

カリキュラム・ディレクターは、私立小学校の立ち上げに参画し、日本語版インターナショナル・バカロレアの探究学習、ICT教育を実践してきた五木田洋平氏が務める。
ヒロック
ほか、創設者の堺谷武志氏(キッズアイランド代表)をはじめ、中村一彰氏(STEMON代表)、野村竜一氏(Manai代表)、長井悠氏(タクトピア代表)、村田学氏(国際教育研究家)といった、一般企業の経験もある教育起業家がチームを組み、幅広い知見を持ち寄って運営を支える。
ヒロック
「ヒロック」では、子どもに寄り添う観点から「先生」ではなく、ヒマラヤ登山ガイドのシェルパにちなんで「ラーニング・シェルパ」と呼び方を採用。生徒12名につき1名のシェルパが配置される手厚い体制で、トップクラスの元教員が子ども一人ひとりの育ちと学びをコーディネイトする。

「探究&教科」の学びを通して、確かな教養・基礎学力などが伸びることを目指し、日本語軸バイリンガルに向けた学び、公教育ではまだやっていないような先進的な学びなど、ユニークな取り組みのカリキュラムを採用するほか、緑豊かな砧公園で過ごす時間を大切に、ゆったりと過ごせる「自由」の時間も。

個人、チーム、コミュニティに加え、スクール外活動など多様な活動を通じて、人と社会と世界につながっていく。
ヒロック
教育のプロ集団が創る、来春開校の次世代型オルタナティブ・スクールを、ぜひチェックしてみては。

ヒロック初等部
開校日程/2022年4月
予定場所/東京都世田谷区上用賀5-23-2
定員/最終40名(今年度募集予定:低学年で12名 ※詳細は問い合わせ要)
tel.03-6805-3181
hillock.shotobu@gmail.com
https://www.hillock-school.com

2021年04月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧