体験型英語学習施設が「英語で学ぶ」PBLコース(課題解決型学習)を開講

体験型英語学習施設が「英語で学ぶ」PBLコース(課題解決型学習)を開講

課題解決のプロセスを通して、英語力向上や思考力、問題解決能力を育成

「学研ホールディングス」のグループ会社「TOKYO GLOBAL GAYEWAY」が運営する体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY - TGG(東京都英語村)(以下、TGG)」が、TGGスクール by LCA「Project-Based Learning(PBL・課題解決型学習)コース(以下、PBLコース)」を2021年1月5日(火)に開講する。

「TGGスクール by LCA」とは、「エデューレエルシーエー」が「TGG」にて教室運営を担当する英語教室。「TGG」の広大な施設を十分に活用し、英語を使うモチベーション向上を促すプログラムを提供している。

「課題解決型学習(PBL)」は、自分で問題を発見し、解決する能力、自分の考えを発表する力の育成を目的とした学習方法。数字の計算や英単語の暗記といった受け身の教育学習ではなく、正解のないリアルな問題と対峙することで、子どもの問題解決能力や思考力、表現力、自発性、能動性を引き出すことを目的としている。

「TGG」の「PBLコース」は、英語を通して、世界とのつながりを感じ、いろいろな知識に触れ、自分で学び、考え、チャレンジすることを楽しむコース。「英語を学ぶ」より、「英語で学ぶ」ことに重点を置き、英語で物事を考えたり、発表したりしながら、英語力の向上も図る。

TED(Technology Entertainment Design)Educationの小学生向け題材や海外のReading教材、Google Earth等、幅広い内容をテーマに、PBLの知識と指導経験を持つ英語ネイティブ講師と日本人バイリンガル講師がコース指導を担当。また、タスクやアクティビティにより、英語習熟度レベル別に分かれて学習を進めていく。
PBLコース
ディスカッションやディベートといった意見交換が中心であるため、多角的な視点から物事を捉え、「なぜそれが問題なのか」、「自分ならどうするか」、「どうしたら実現できるか」を自分の頭で考える力を育成。

また、整理しながら発言する力、すべてのことに疑問を持つ癖が習慣的に身につき、探究心や根気よく熟考する力を伸ばす。さらに、情報収集に必要なPCやタブレット、考えを表現するツールとしてPower Pointなどのアプリケーションを使用するため、情報収集力やITスキルなど、さまざまな力をつけることができる。

英語力のほか、自発的な問題解決能力も育成する学習コースを、この機会にぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/TGGスクール by LCA
tel.03-5962-4355
https://tgg-school.com/

2021年01月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧