「イクメン推進シンポジウム 2020」が開催

「イクメン推進シンポジウム 2020」が開催

男性社員の育児と仕事の両立推進に積極的な企業や管理職を表彰

厚生労働省が、男性の仕事と育児の両立をテーマにした「イクメン推進シンポジウム 2020」を11月20日(金)にオンラインにて開催。

今回行われたシンポジウムは、育児に積極的な「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロジェクト」の一環。

男性社員の育児と仕事の両立を推進し、業務改善を図る企業を表彰する「イクメン企業アワード」、そして部下の仕事と育児の両立を支援する管理職=「イクボス」を企業内からの推薦によって募集し表彰する「イクボスアワード」の表彰式と、「新型コロナウイルスは働き方にどのような影響を与えたか」をテーマとしたパネルディスカッションを実施した。
イクメン企業アワード受賞企業
イクメン企業アワード受賞企業
開会挨拶には厚生労働省、雇用環境・均等局坂口卓局長が登壇し、「男性の育児参加は子育て環境の充実や女性の就業継続の観点から重要である」とアワードの意義を強調。

会前半の「イクメン企業アワード」では技研製作所、積水ハウスへ、 「イクボスアワード」では社会福祉法人スプリングの大久保友紀子氏、スープストックトーキョーの西谷達彦氏へ、グランプリの表彰状と副賞のトロフィー授与が行われた。
イクボスアワード受賞企業
イクボスアワード受賞企業
後半では、「イクメン企業アワード」でグランプリを受賞した技研製作所の溝渕千賀氏、積水ハウスの伊藤みどり氏が登壇し、「新型コロナウイルスは働き方にどのような影響を与えたか」をテーマに、「イクメンプロジェクト」の推進委員と共にパネルディスカッションを実施。

「コロナ禍で、働く人は自分の企業がどれだけ自分のことを考えてくれているのかを感じたはずだ」という意見や、「今後は育児もキャリアのひとつになりうる」といった、時代に合わせて企業に求められる変化への意見が述べられた。

男性の仕事と育児の両立を推進する取り組みを、ぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/フロンティアインターナショナル
info@ikumen-project.jp​
https://www.youtube.com/watch?v=0NrgyVUhJ2A&feature=emb_title

2020年12月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧