本日8/1(土)にランドセルメーカーのセイバンが「SEIBAN MUSEUM PARK」をオープン

本日8/1(土)にランドセルメーカーのセイバンが「SEIBAN MUSEUM PARK」をオープン

本社と3つの工場を集約し、ミュージアムと直営店を併設

ランドセルメーカーの「セイバン」が、これまで兵庫県たつの市とその周辺地域に分散されていた本社と3つの工場を集約し、ランドセルミュージアム「SEIBAN MUSEUM」と直営店「FACTORY SHOP」を併設した「SEIBAN MUSEUM PARK」を8月1日(土)にグランドオープン。

「SEIBAN MUSEUM」では、ランドセルの歴史や昭和初期以降につくられた骨董ランドセルやランドセルの機能性を体感できる展示のほか、工場を見学できるエリアも。ランドセルの進化の歴史や学校生活の変遷、セイバンのランドセルの機能などを、併設する工場を見ながら楽しく学ぶことができる。
SEIBAN MUSEUM
SEIBAN MUSEUM
また、教室をイメージした懐かしい空間では、ランドセルや給食、遊び道具など学校生活の変遷とともに、昭和初期頃からのランドセルコレクションを展示。子どもから、祖父母まで世代を問わずに楽しめる。
セイバン
ほかにも、生地の質感の違いや収納力のほか、普段は見られない背中素材の通気性や反射機能など、セイバンのランドセルの機能を見て触れて体験できる空間も。

1Fの「FACTORY SHOP」では、フォトジェニックなビッグランドセルのオブジェや、他の店舗にはない通学路をイメージした道路や坂道を設置。
FACTORY SHOP
FACTORY SHOP
ビッグランドセルの中に入って写真を撮ったり、通学のプレ体験をしたりしながら、ランドセル選びを楽しむことができるだけでなく、プロのアドバイザー「ランドセルコンシェルジュ」が、ランドセル選びをサポートしてくれる。

ランドセルの歴史が詰まった「SEIBAN MUSEUM PARK」へ、この機会に家族で足を運んでみては。
SEIBAN MUSEUM PARK
住所/兵庫県たつの市龍野町片山字河原379-1
営業時間/
1F FACTORY SHOP 10:00~18:00(定休日 火曜日)
2F SEIBAN MUSEUM 10:00~17:00(定休日 水曜日)
https://www.seiban.co.jp/

2020年08月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧