ママたちに聞いた!子育てに関するニュースを読んで意識したこと

ママたちに聞いた!子育てに関するニュースを読んで意識したこと

子どもとの接し方やしつけ、防災、教育など

子育て世代のママやパパは、子どもとの接し方や教育に関するニュースが気になることもあるでしょう。今回は、ママたちが最近気になった、子どもとの接し方やしつけ、教育などに関するニュースについてご紹介します。パパと話し合ったことや、記事を読んで子育てに活かしたことを聞きました。

子育てに関するニュースについて

日頃、子育てに関するさまざまな情報を目にしますが、ママやパパが最近気になったニュースにはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちがニュースについてどのような考えを持ったのかを知ると、子育てに活かせるかもしれません。

今回は、ママたちが注目した子どもとの接し方やしつけ、防災、教育に関するニュースについてご紹介します。

ママたちが注目した子どもとの接し方やしつけに関するニュース

子どもとの接し方やしつけに関することで、ママたちはどのようなニュースが気になったのでしょうか。

心理学を元にした子どもとの接し方に関するニュース

ママと子ども
Monkey Business Images/Shutterstock.com
子どもとの接し方や親としての振る舞い方についての記事に注目した、5歳と3歳の子どもを持つママがいました。
30代ママ
内閣府の資料や、米国の心理学者による『アクティブリスニング』という概念を元に書かれている記事でした。子どもたちの空想話が盛んで、疲れてしまうこともあるのですが、この記事を読んで『親としてこう接するべきだ』と思い、パパにも共有しました。
今回話を聞いたママは、「否定せずに相槌をうったり質問をしたりしながら、話をしっかり聞くこと」を子育てに活かしているそうです。

子どもが話し始める年齢になると、話の聞き方について悩むママやパパもいるでしょう。子どもに共感すること、関心を持って真摯な態度で聞くことを意識するとよいかもしれません。

視力の低下に関するニュース

視力の低下について興味を持ったママがいました。ニュースを見て、どのようなことが気になったのか聞きました。
30代ママ
最近、子どもたちの視力低下のニュースを見ました。子どもがよくゲームをするので、改めてゲーム時間の制限について考えるきっかけになりました。また、ゲームを始める年齢が低年齢化していることも気になりました。
今回話を聞いたママは、「絵を描いたり、身体を動かしたりして遊ぶ時間を増やしてほしい」と子どもに話して、実際にゲームをする時間を短くしたようです。

「長時間ゲームをしないで」などと伝えるよりも、別の遊びを提案すると、子どもが受け入れやすいかもしれませんね。

防災に関するニュース

台風による災害が記憶に残っているママやパパは多いでしょう。また、近年は地震が頻繁に起こっているので、防災について考えることもあるかもしれません。
30代ママ
震災が起きたときに、学校や会社からすぐに帰宅しないことが大切だとニュースで見ました。私は在宅勤務で子どもも小さいので、『1人で子どもを守ることになるから、そのための準備をする必要がある』と夫婦で話し合いました。
今回話を聞いたママは、子どもの分を含めた非常持ち出し袋を用意したそうです。防災グッズがない家庭もあるかもしれませんが、事前に準備しておくと、いざというときに安心でしょう。

ママたちが注目した教育に関するニュース

ママたちに、教育に関する気になったニュースを聞きました。

受験に関するニュース

勉強
Monkey Business Images/Shutterstock.com
中学受験が過熱しているという記事に注目したママは、記事を読んで、夫婦でどのようなことを意識したのでしょうか。
20代ママ
中学受験に関するニュースを見ました。子どもの意見を尊重しますが、親としては中学受験をさせる方向で動き始めようとパパと話し合いました。子どもが3歳で、受験までは時間があるので、子どもの様子を見ながら好きなことを伸ばせるように心がけてすごしています。
今回話を聞いたママは、本などから受験に関する知識を得ているそうです。

中学受験は、高校や大学進学のことも視野に入れなければなりません。ママやパパも、学校や塾、勉強方法など、さまざまな情報を集められるとよいかもしれませんね。

英語教育に関するニュース

2020年から小学校で英語授業が必須になるため、今後の英語学習の必要性や方法などのニュースに関心があるママがいました。
30代ママ
最近は、英語教育に関して、今後どのように家庭で学習するべきなのかを、いろいろな記事を見て参考にしています。来年から英語の授業が始まるので、息子が英語を好きになってくれたらよいなと思い、『英語がはじまるね、楽しみだね』と話しかけています。
英語教育について関心があるママやパパは多いのではないでしょうか。小さい子どもがいる家庭でも、英語教室に通わせた方がよいのかと悩むことがあるかもしれません。

自宅でも、子どもが英語に興味を持つような工夫をしたり、声かけができるとよいですね。

ニュースを読んで子育てや教育に活かそう

家族
Monkey Business Images/Shutterstock.com
今回は、子どもとの接し方やしつけ、教育に関するニュースで気になったことをママたちに聞きました。

ママたちは、子どもと話すときに意識するとよいことや、ゲームを始める年齢が低くなってきていることから視力の低下を招いているのではないかという記事に注目したようです。近年は災害が多いため、防災についてのニュースが気になるママもいました。

教育については、英語教育や受験について気になるママやパパが多いようです。さまざまなニュースを読んで、子育てや教育に活かせるとよいですね。

2020年01月07日

専門家のコメント
17
    いちご先生 保育士
    最近で一番考えたのはやっぱり防災です。ここ数年、あちこちで災害が起こっていて、他人事ではないなぁと思いました。我が家は現段階で特に防災グッズの用意も出来ていないため、近々本格的に準備をしておこうと思いました。
    SB
    @いちご先生さん
    災害って実際に体験しないと、身近にとらえづらい部分ってありますよね。非常食の廃棄なども問題になっていますが、こないだ新聞で、日常使いできる非常食というのを発見して、いいなと思いました。
    ふぅ先生 保育士
    小さい時から習い事習い事ばかり、というニュースを見ました(T . T)子どもにいろんな体験をさせてあげたいのはよくわかりますが、無理矢理通わせても何にも身に付かないし、ただの拘束になる可能性もありますよね、、、興味あることをさせてあげてほしいし、遊びの中から学べることの方がよっぽど多いと思います☺︎
    いちぽ先生 保育士
    去年子どもにちなんだニュースは、虐待、保育料無償化、ゲーム依存についてと、さまざまなことが取り上げられましたね。
    その度に考えさせられて、改めて考えるきっかけになります。
    あーちん先生 保育士
    子どもと関わる仕事なので、基本的に子どもに関するニュースはよく見ていました。出産後は子育てに関するニュースが特に気になります!
    子ども達の安全に関わる事は気をつけようと思います。
    あゆみ先生 保育士
    やはり子どもに関するニュースは気になります。特に、子どもの育ちを支えるはずである保育士による虐待のニュースには、とてもショックを受けました。
    また、近年は自然災害も多いので、家族を守るための防災への意識も変わってきています。いざという時に必要な知識や物を揃えて、自分に出来ることからしっかりと備えていきたいですね。
    ぽんた先生 保育士
    防災に関しては、この秋に二回の台風で停電、さらに大雨洪水とかなり大変な地域にいたので、実感したことがー。それは、近所の友達、ありがとう!!です。もちろん、備えも大事で、食糧とか色々買い置きしましたが、お風呂とかエアコンは備えようがなく、、、。暑い中、電気のついた友達の家に家族で涼ませてもらったり、お風呂に洗濯にとお世話になりました。公共施設で、入浴ができるところなどもありましたが、それも、近所づてで、情報をキャッチして知ることができたり。。。子どもたちのおかげで、地域との交流も多かったので、本当に助かりました。私もできるときに、できることを力添えして、お互い様でこれからも助け合いたいです(^_^)ノ
    なごみ先生 保育士
    子育てや教育に関するニュースはやはり気になりますね。ただいろんな情報がありすぎて情報を取捨選択することも難しくなってきているなぁと最近はよく感じます。今の子どもたちが大きくなってきた頃にはもっと情報量も増えてくると思うので、取捨選択する力をつけてあげれたらなぁと思います。
    すみっこ先生 保育士
    保育士による子どもへの暴行や暴言のニュースはすごくショックでした… 預かる保育士として、また我が子を預ける保護者として、このニュースはショッキングです。このニュースに限らずですが、子どもが犠牲になるなんてことはあってはならないことです…何でこんな事件が起きてしまうのでしょう…
    めるちゃん先生 保育士
    出産してからは、子どもに関わるニュースが自然と目にいくようになりました。他人事ではなく、当事者だった場合と置き換えて、対策や防止策等を考えるようになりました。
    でぶいも先生 保育士
    子育てについては、本当にこれで良いかな?もっと良い方法はあるかな?と常に気になるものですね。私も、時代と共に変わるこれからの教育に今とても関心がありニュースを見てしまいます。
    せおみ先生 保育士
    子どもに関するニュースは後を経たないですね。悲しいニュースも多く心が痛みます。子どもの頃には沢山の経験をして色んな人と関わってほしいな。と思いますが、日本の環境が子どもに暖かくない事が多い事を悲しく思います。もっと子育てが伸び伸びできる環境になってほしいですよね。
    まいこ先生 保育士
    近年は、災害や虐待のニュースをよく目にします(同業者としてはやはり保育士による虐待のニュースが1番心が痛みます…)

    災害対策も虐待の傾向も、保育内容でさえも社会の変化によって年々変わっています。常に最新の情報を得られるように現場でも研修は欠かせません◡̈
    また、情報があふれるこの時代に正しいと判断できることを知識として取り入れていきたいですね!

    “子ども”という共通のテーマがあるため
    保護者さんとのお話はとても大切にしています♪
    保育中のニュースはお迎えの保護者さんから初めて聞く時もあるので大変ありがたいです!!!
    まあ先生 保育士
    保育士の私は、やはり防災のことが気になります。保育園で生活しているときに災害があった場合どのようになるのか、想像しても仕切れないですが備えておくよう心がけています。
    ぺち先生 保育士
    怖いなと思ったものは、抱っこ紐のバックル外しです。そんなことをする人がいるのかと驚いたとともに、命にかかわることなので私も気をつけなければならないなと思いました。いたずらでは済まないですよね。
    さと先生 保育士
    子どもが巻き込まれた事故や事件のニュースは本当に心が痛みます。
    我が子を守るにはどうすればいいのか?
    小学校に上がると子どもだけで外を歩くようになるのでそれまでに交通安全や防犯に対する意識をしっかり持てるようにしてあげなくては、と思っています。
    すー先生 保育士
    子どもに関する事件や事故のニュースはよく目にとまります。近所のスーパーの駐車場で小さい子だけが歩いており、両親はだいぶ前を歩いている姿をよく見かけます。危ないな~とみているこっちはいつもヒヤヒヤです。
    のんの先生 保育士
    やはり、SNSなどのネット関係のニュースを見て、これから先子供たちが事件に巻き込まれたりしないように、親として見守り、教えていきたいと思っています。
おすすめユーザーのコメント
3
    YK
    夫と気になったニュースについてよくURLを共有します。悲しいこと、気を付けなきゃいけないことだけじゃなく、子育てに役立つことやポジティブになれるようなニュースや記事についても送りあっています
    sh
    ニュースに対して子どもはあまり興味を持たないので何気ない会話の中でこんなことがあったみたいだよと伝えるのは大切だなあと思います。
    でもなかなか意識してそういう時間を持たないと毎日あっという間に過ぎてしまいます。
    少しずつでも伝えられたら子供の視野も広がりますよね。
    記事を読んで学べました^_^
    しずか先生
    デジタルツールが子どもたちの成長にどんな影響を及ぼすのか,関連ニュースを注視しています.

    5歳児の男の子はユーチューバーになるのが夢だといって,毎日,自宅ではパソコンやゲーム相手に遊んでいるようで,ちょっと心配.

    ゲームで俊敏性が養えるといって保護者は気に留めている様子もないのですが.夜更けまでゲーム機で遊んでいるせいか,保育園では給食を食べながら寝てしまうことも.ユーチューブやゲームは時間を決めてするよう,保護者の方には度々お願いしていました.

しつけの関連記事

カテゴリ一覧