小学生の子どもにスポーツ系の習い事を選びたいとき。選び方や種類

小学生の子どもにスポーツ系の習い事を選びたいとき。選び方や種類

スポーツ系の習い事を始めて感じたこと

小学生の子どもにスポーツ系の習い事を選ぶとき、女の子や男の子にはなにがよいかや、珍しいスポーツが気になるママもいるかもしれません。今回は、習い事を選ぶときのポイントと、テニスなど小学生の女子や男子に聞いたスポーツ系の種類の他に、スポーツの習い事をしてよかったと感じることについてご紹介します。

小学生の子どもに向けたスポーツ系の習い事が知りたい

子どもが小学生になりスポーツ系の習い事を始めようか悩む方もいるかもしれません。スポーツ系の習い事について気になることをママたちに聞くと、どのようなことをポイントに選んだらよいのかや、どのような種類のスポーツがあるのかなどが気になるようです。

ママのなかからは、小学生の子どもがスポーツの習い事をしてよかったと感じることを聞きたいという声も聞かれました。

そこで今回は、小学生のスポーツの習い事についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

スポーツ系の習い事を選ぶときのポイント

グローブをはめた女の子
Monkey Business Images/Shutterstock.com

小学生の女子や男子にどのようなスポーツ系の習い事を選んだらよいのか気になるママもいるようです。ママたちにスポーツ系の習い事を選ぶときのポイントを聞いてみました。

子ども自身が興味をもっている

8歳の男子のママ
子どもに楽しんで習い事に通ってほしいと考えたので、子どもがやりたいと言ったスポーツを選びました。息子が選んだスポーツは小学生にしては珍しいスポーツだったので初めは戸惑いましたが、楽しそうに練習している姿を見て応援しようと思いました。
子どもが楽しんで習い事に通えるように子どもの興味のあるスポーツを選んだようです。ママのなかからは、テレビのスポーツ中継を真剣に観ている姿を見て、習い事に選んだという声もありました。

通いやすさ

7歳の女子のママ
習い事を始めたら簡単には辞められないと思ったので、通いやすさをポイントに選びました。通う頻度や月謝など無理をせずに続けられるスクールを探しました。
練習の頻度や月謝など通いやすさを考えて選ぶこともポイントのひとつかもしれません。他には、子どもがひとりで通えるように、自宅の近くにあるスクールを選んだというママの声もありました。

教室の雰囲気

7歳の男子のママ
習い事では、スポーツの技術だけでなく礼儀やマナーも子どもに教えてもらいたいと考えました。見学や体験教室などで、先生の指導方法や教室の子どもたちの様子を参考にメリハリのあるスクールを選びました。
先生の指導方針や教室の雰囲気などをポイントに選んだママもいるようです。ママのなかには、やりたいと言ったスポーツの教室をいくつか見比べて、雰囲気がよいと感じた教室を選んだという声もありました。

小学生が習っているスポーツの種類

小学生の男の子や女の子が習っているスポーツ系の習い事には、どのような種類があるのか気になるママもいるようです。実際に、どのようなスポーツを習っているのか、子どもがスポーツ系の習い事をしているママたちに聞いてみました。

スイミング

7歳の女子のママ
うちの子は、保育園の年長の頃からスイミングスクールに通っています。幼児クラスは水に慣れることが目的でしたが、小学生になってからは泳ぎの練習が始まり、毎週張り切ってスイミングスクールへ行きます。
幼児からの延長でスイミングを習っている小学生もいるようです。ママのなかからは、小学生になり水泳の授業が始まり、子どもに「泳げるようになりたい」という気持ちが湧きスイミングを習い始めたという声も聞かれました。

サッカー

8歳男子のママ
うちの子はサッカーを習っていますが、練習は週1回あり春から秋にかけては大会や練習試合などに参加します。子どもが入っているサッカークラブは人数が多く、試合がある毎に選手が選ばれるので、選手に選ばれるようにクラブの練習日以外にもパパや友だちと練習をしています。
サッカーは、学校の休み時間や放課後に友だちと遊んだり、テレビなどで観ることがあったりと、子どもにとって身近なスポーツかもしれません。ママのなかには、パパが学生時代サッカーをやっていたため、子どもが影響をうけて習い始めたという声もありました。

テニス

テニスラケット
Mike Flippo/Shutterstock.com
7歳の女子のママ
どの種類のスポーツを習おうか悩みましたが、子どもがやりたいと言ったテニスを習い事に選びました。地域でやっているスクールなので、同じ学校の女の子も多く通っているようで毎回楽しそうに練習しています。
テニスも楽しく習えるスポーツのひとつかもしれません。ママのなかからは、努力次第で試合に勝ち進めることが子どもの性格にあっているようだという声も聞かれました。

【体験談】スポーツの習い事をして感じたこと

子どもがスポーツの習い事を始める前と後で変わったと感じたことについて、ママたちに聞いてみました。

体力がついた

6歳の女子のママ
習い事を始めたばかりの頃は、帰りの車の中で寝てしまっていましたが、今は帰りの車の中では寝ずに練習や学校であったことについて話してすごすようになりました。以前より少し体力がついたのではないかと感じています。
練習後の車で寝なくなった子どもの姿を見て体力がついたのではないかと感じたママがいるようです。他にも、習い事を始める前の幼児の頃に比べて、たくさん歩いても「疲れた」と言わなくなったという声もありました。

粘り強くなった

7歳の男子ママ
子どもの試合を見ているとき、初めての試合のときに比べて諦めずに粘っていると感じました。以前は、失敗したり相手に点を取られたりすると諦めてしまっていましたが、最近は失敗しても気持ちを切り替えてがんばっているように見えました。
子どもが失敗をしても諦めずにがんばるようになったと感じたママがいるようです。ママのなかからは、勉強でわからない問題があったとき、諦めずに考えている姿を見て粘り強くなったと感じたという声も聞かれました。

子どもにあったスポーツ系の習い事を選ぼう

柔道着
Africa Studio/Shutterstock.com

小学生の女子や男子にスポーツの習い事を選ぶときは、子どもの興味のあることや通いやすさなどをポイントにするとよいようです。小学生の女の子や男の子が習っているスポーツの種類には、サッカーやテニスなどがあるようですが、珍しいスポーツを選ぶのも楽しいかもしれません。

スポーツの習い事をすることで、幼児の頃に比べて体力がついたなどと子どもの成長を感じることもあるようなので、子どもにあったスポーツを見つけてみてはいかがでしょうか。

2019年11月20日

専門家のコメント
16
    りお先生 保育士
    我が家の小2の男の子はサッカーをやっています。特に習い事はさせていなかったのですが、お友だちがやっているから自分もサッカーがやりたい!と言い出し始めました。
    本人がやりたい!と言い出した時が始めどきか思います。やりたいことは一生懸命楽しんでやると思います。
    小学生なら、もうやりたいこと、興味のあることが定まり、自分で伝えてくると思いますよ!

    あとは、親が向き不向きを客観的に判断してあげればいいのではないかと思います。

    4歳の妹は、今はバレエとダンスに興味を持っています。本人がやりたい!と言い出すまで待ちますが、その子を見ていると興味関心はわかるかと思います。
    ことり先生 保育士
    私自身、数多くの習い事をしてきました。
    平日はほとんど習い事。

    そんな中で、親が大切にしてくれていたのは
    わたしがやりたいかという気持ちでした。

    やりたいという気持ちがしっかりあれば
    ちゃんと続けることができます。

    中途半端にやるよりも
    続けることも学ばせたいところですよね!

    なので、興味を持ったことをぜひ。

    こんなのあるよ!と見学に誘うのはいいと思います。
    のの先生 保育士
    やはり人気なのは、サッカーや野球ではないでしょうか。最近ではラグビー教室も出てきましたね。

    団体競技には、保護者同士の繋がりがあります。遠征に行くときには順番で車を出したり、一緒に応援に行ったりなど。その辺りも踏まえて考えた方がいいと思います。
    なつまる先生 保育士
    興味があるスポーツをするのが
    1番だと思いますが
    体操教室に通ってる子が
    結構多かったです!
    逆上がりなど小学校に上がる前に出来てるとポテンシャルに繋がるようです★
    ゆか先生 保育士
    仲良しのお友だちがハンドボールを習っているから自分もいきたいといい体験して来ました。
    最初は友達と一緒にやれることが楽しくて何でもよかったんだと思います!
    でも、今はハンドが楽しいみたいです🎵
    きっかけは何にしろ本人が楽しく継続しているからよかったです!
    ぷん先生 保育士
    空手に通っている子もいましたよ!礼儀作法が学べる上に、自分に自信がついてきた!と感じるお子さんもいるようです(^^)本人の興味関心や通わせやすさ等で選ぶといいかもしれませんね。
    ゆきんこ先生 保育士
    スポーツを選ぶ上で、何が1番大切か。それはやはり子ども自身がそのスポーツが大好きであることです。低学年中学年高学年と学年が上がるにつれてどんどん厳しくなって行きます。
    そこでつまづいてしまうか、踏ん張って頑張れるかはスポーツに向き合う気持ち、そしてそのスポーツが大好きなことです。
    色々な体験に行ってみてお子様中心に決めるといいかと思います。
    りか先生 保育士
    色々なレッスンの体験に連れて行き子どもが興味を持ったスポーツをさせてあげましょう。
    何か一つでも得意なことがあると自信につながり自己肯定につながりいいですね。
    いちぽ先生 保育士
    小学生の甥っ子がサッカーを習っています。
    体験してみたら楽しかったようで友だちにも誘われたことあり習い始めたようです。
    土日は試合が多く、保護者も係り決めで決まった係があって飲み物準備は送り迎えなど大変みたいですね。
    その辺も含めて検討しないといけないですよね。

    すみっこ先生 保育士
    スポーツ系の習い事、気になっています。
    ただ土日に試合があるところが多いので躊躇しています…
    何を重視すべきか習い事は本当に迷います。
    決めた習い事で子どもの力が開花するかも!?と思うと何か経験させてあげたいのですがなかなか決められずです。
    あーちん先生 保育士
    男のコはサッカーや野球、女の子はスイミングや陸上などが多かったです。私は剣道をやっていました。
    子どもが興味があれば、体験にいってみて決めるのがいいかもしれませんね!スポーツを通して学べることも多いの、自分の子にも興味があるものがあれば何でもやって欲しいと思います(^^)
    ゆか先生 保育士
    我が家の場合は、とにかく体験教室に連れて行って、本人がこれやりたい!!!という熱い想いが感じられたら始めるスタンスです。
    やるからには、ある程度続けてやってみるのも必要なときもあります。
    習い事は楽しいだけではなく、上手くいかず落ち込む時もあるので、子どもに寄り添って見極めていくことがとても難しいですね。
    かよう先生 保育士
    私自身、小学校の時は水泳とバレエ、ミニバスケットボールをやっていました。
    毎日のように習い事があって友達と遊べないときや厳しい練習についていくのに必死でやめたいと思うこともありましたが、これらの習い事のお陰で最後までやり遂げることや悔しい気持ちからすぐに諦めない粘り強さは身についたと思います。
    めめ先生 保育士
    本人が楽しめるものがいいと思いますが主人が幼少期喘息でしたので子どもにはプールも習わせたいなと考えています。
    のんの先生 保育士
    小学生は、宿題・放課後の友達との遊びでなかなか大変そうです。
    子供が望むのであれば、習わせたいです。
    中学生になると部活があるので、それからでいいかな?とおもってます。
    ぽんた先生 保育士
    スイミングとかは、家での練習も必要なくて親は楽ですねー。チアリーディングなんかは、家で復習とかストレッチの課題、発表会と、親も大変そえ

習い事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ