子どものおやつについて考えよう。おやつの時間や量など

子どものおやつについて考えよう。おやつの時間や量など

ママたちが用意した手作りおやつ

子どものおやつにどのようなものを用意するとよいのか気になっているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、おやつの時間や量などの用意するときのポイントや、ママたちが手作りしたおやつ、子どもにおやつを用意するときに気をつけたいことを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どものおやつで気になること

幼児期の子どもにとって、おやつは大切な食事の一つかもしれません。農林水産省の資料には食事と食事の間隔は4〜5時間が理想的と記載されており、昼食と夕食の間が6〜7時間くらい開いてしまうときには軽めのおやつをとることをすすめています。

子どもの好きなおやつはさまざまあるようなので、用意するときに迷うママもいるかもしれません。子どものおやつについて気になっていることをママたちに聞いてみました。
30代ママ
幼児期は食事と同じくらいおやつが大切ではないかと思うのですが、どのようなおやつを用意すればよいか悩んでいます。
20代ママ
おやつの時間が遅くなると夕食をしっかり食べなくなることが気になっています。子どものおやつの時間について知りたいと思います。
子どものおやつの内容や時間のことが気になっているママがいるようです。他には、おやつの量について悩んでいるという声もありました。

そこで今回は、子どものおやつについてママたちの体験談を交えながらご紹介します。
出典:子どもの食育/農林水産省

子どものおやつを用意するときのポイント

子どものおやつはどのようなことをポイントに用意するとよいのでしょう。実際に、ママたちが行なっていることを聞いてみました。

おやつの時間を決める

30代ママ
我が家では子どものおやつの時間を午後の3時から3時半と決めています。ちょうどお昼と夕食の間でお腹のすく時間にもなるので、毎日決まった時間におやつを用意するようにしています。
子どものおやつの時間を決めて用意しているママがいました。夕食をしっかり食べられるようにするためにも、おやつと夕食の間を開けることを意識するとよいかもしれません。おやつの時間にお昼寝をしてしまったときは、早めの夕食にしているというママの声もありました。

おやつの量を決める

おやつ
Natykach Nataliia/Shutterstock.com
40代ママ
おやつは子どもの様子を見ながら必要な量を決めて用意しています。夕食の食べ方がよくないと感じたときには、次の日のおやつを少なめにしてみるなどの工夫をしています。
子どものおやつはきちんと量を決めて用意するとよいかもしれません。ママのなかには、クッキーやおせんべいは決めた枚数をお皿に乗せて出し、子どもがお代わりをほしがっても我慢してもらっているという声もありました。

おやつの内容を考える

20代ママ
子どものおやつは食事と同じようにバランスを考えて用意しています。うちの子の食事の様子を見ると、果物や野菜などが足りないように感じるので、おやつに多く取り入れるようにしています。
内容を考えながらおやつの用意をしているママもいるようです。子どものおやつは食事の補助と考えて、昼食に足りなかったものを手作りして取り入れるようにしているというママの声もありました。

ママたちが手作りした子どものおやつ

子どものおやつの手作りレシピには、どのようなものがあるのでしょう。実際に、ママたちが用意した子どものおやつを聞いてみました。

野菜の素揚げ

40代ママ
根野菜を素揚げして、おやつ用の野菜チップスをときどき作っています。ごぼうやにんじん、いもなどをスライスして油で揚げるだけの簡単なおやつですが、子どもが手づかみでおいしそうに食べてくれます。
野菜の素揚げを作るときは、子どもの年齢を考えて塩を少量振るとおいしく仕上がるかもしれません。根野菜の他に、いんげんなどを使ってもおいしいおやつになりそうです。電子レンジで加熱して、油を使わない野菜のおやつを作っているというママの声もありました。

豆腐のドーナツ

ドーナツ
Rawpixel.com/Shutterstock.com
20代ママ
裏ごしした豆腐とホットケーキミックスを混ぜて、おやつの豆腐ドーナツを作りました。豆腐はご飯のおかずにしてもあまり喜んでもらえないのですが、ほどよい甘さのドーナツにすることで嬉しそうに食べてくれました。
豆腐を子どものおやつに取り入れたママがいました。冷奴などの料理が苦手な子どもも、おやつにすることで豆腐のおいしさを感じてくれるかもしれません。ブレンダーですりつぶした葉野菜を混ぜれば、彩りのよいドーナツになりそうです。

りんごのケーキ

30代ママ
子どものおやつにりんごのケーキを作りました。りんごを皮をむいて薄く刻み、油を20グラムほど入れたボウルに薄力粉100グラムと重曹を小さじ1、シナモンと塩を少し入れて混ぜ、最後にりんごを加えてざっくりと混ぜます。オーブンで30分ほど焼いてできあがりです。
りんごのケーキを子どものおやつに手作りすることもできるようです。シナモンや塩の量はを子どもの好みや年齢にあわせて調整するとよいかもしれません。オーブンでしっかり焼いたケーキは冷蔵庫に保管して何日か楽しめるというママの声もありました。

子どものおやつで気をつけたいこと

子どものおやつについて、ママたちはどのようなことを意識しているのでしょう。ママたちが気をつけていることを聞いてみました。

お菓子だけに頼らない

30代ママ
子どものおやつには果物やヨーグルト、小魚なども取り入れ、お菓子だけに頼らないように気をつけています。市販のお菓子を使う場合は塩分や糖分などを確かめて、子どものためによりよいものを選ぶようにしています。
子どものおやつを用意するときに、お菓子だけに頼らないように気をつけているママがいました。ときには残ったご飯を使って焼きおにぎりを作ったり、子どもといっしょに野菜のぬか漬けを作ったりしてもよいかもしれません。

おやつの時間を大切にする

40代ママ
おやつの時間には、子どもといっしょに幼稚園でのことなどを話しながら食べるようにしています。おやつの時間は大切な親子のコミュニケーションの時間と考えて、子どもがひとりで食べることのないように気をつけています。
子どものおやつの時間を親子のコミュニケーションを取る大切な時間と考えているママもいるようです。ママやパパといっしょに楽しく会話をしながら食べることで、おやつが子どもの楽しみの一つとなるかもしれません。

子どものためにおいしいおやつを用意しよう

クッキーをつくるママと男の子
iStock.com/monzenmachi

時間や量を決めたり内容を考えたりして、子どものおやつを用意しているママがいました。一回の食事量が少ない子どもにとって、おやつの取り入れ方は大切になるかもしれません。

時間のあるときには簡単に手作りするなどして、子どものためにおいしいおやつを用意できるとよいですね。

2019年09月14日

専門家のコメント
13
    よっしー【シッター】 保育士
    《量と提供の仕方について》 「もっと!」と要求する量に合わせて徐々に増やすと、夕食時に空腹にならないことも考えられます。 大人がきっと必要だろうと思う量をまずは目で見える形で(お皿に盛ったり、数を一緒に数えたり)提供すると良いと思います。 子どもはどのくらい食べたか、一度に見ないとわかりません。食べたいだけ食べてしまうより、ちょうど良い量を親子で知るためにも、意識してやってみてほしいです。
    かよう先生 保育士
    ママたちは色々考えておやつを用意している思いました。 野菜の素揚げやってみたくなりました。
    わい先生 保育士
    おやつを食べ過ぎてしまって、ごはんが食べられないということもあります。お菓子をあげたり、パンケーキを作ってあげたりとお昼ごはんや運動量に応じて決めるのもありだと思います。それでも、ごはんが食べない!というならおやつにおにぎりなど軽食でも良いと思います。
    とまと先生 保育士
    子どもにとっておやつは1日3食で足りないエネルギーの補食です。手作りおやつをあげたいけど、なかなか毎日は難しいですよね。そんなときは、バナナヨーグルトやふかし芋、煮大豆にきな粉をまぶしたものが簡単でおススメです。ピザトーストやじゃこトースト、サンドイッチなどをお子さんと一緒に作るのも楽しいと思いますよ^ ^
    しまこ先生 保育士
    あまりお菓子には頼らず、果物や芋など自然の食材をおやつにしています。 サツマイモは加熱したらラップに包んで揉んで形を整えるだけでスイートポテト風になって便利です。砂糖やバターなどを加えなくてもそのままで美味しいですよ。カボチャでも同じ様にできますね。
    なつみ先生 保育士
    3歳になるまではお菓子というより、お芋や焼きおにぎりと言った軽食を食べさせていました! 時々ラムネや赤ちゃんおせんべいくらいはあげてましたけど、基本的に15:00に軽食をあげてました。 量は小さめのおにぎり1個など。 ラムネは1.2個赤ちゃんおせんべいは2枚で1袋を1個くらいにしてました。3歳以降も量は小袋1袋で1種類か2種類です。、
    ちー先生 保育士
    手作りが良いとは思いながら 現実問題なかなか難しいので オーガニックのものや、果物、おにぎりなどで代用しています。 もちろん、スナック菓子を食べることもあるので、あくまで気を付けているという範囲ですが。 量や時間など、一貫性をもって子どもにも話をしています。
    すう先生 保育士
    市販のお菓子など添加物の多い物は中毒性も高いので「もっと!もっと!」とせがんでしまいます。大人は我慢できますが子ども達は違いますもんね。外出先などでは仕方ないとは思いますが、お家で過ごしていて余裕のある時は、子どもと一緒に簡単なおやつを作ったりするのも楽しくていいと思います︎☺︎ 食べる量は、与える時間にもよりますが昼食や夕飯が近い時間だとその後の食事に影響するので控えめがいいですね︎☺︎
    ちぃ先生 保育士
    おやつはあくまで捕食なので、市販のおやつに頼らず芋や手づくりのものをあげたいですよね。 現実は中々難しく市販のものを上げることもあります。 与える物は、お昼ごはんの食べた量などをみて、食べ過ぎにならないよう調節しています。
    ひよこ先生 保育士
    保育園では、年齢に応じた子ども1人分のおやつの量を栄養士さんが計算して提供しているので、保育園に通っている方はどのようなものをどれくらいの量提供しているのか見たり聞いたりして参考にするのも良いと思います。 ただ、子どもによって食べる量も個人差があるので、その子に合わせて調節が必要かと思います。 毎回、手作りのおやつを作るのも大変ですよね。 小魚や、干し芋などのおやつも保育園ではよく出しています。咀嚼の練習にもなるし、小魚はカルシウムもたっぷりです。
    なつまる先生 保育士
    保育園ではよく、 マカロニきな粉 みるくもち などが出ます! そんなに材料も必要でなくシンプルなものですのでよければ試してみてください!
    うーちゃん先生 保育士
    保育園で手作りのおやつがたくさん出ますが、案外子どもたちは、おにぎりや焼き芋などシンプルなものが好きです! にゅうめんやうどんなども喜んで食べてます。 甘いものじゃなくても、とても喜びます!
    のの先生 保育士
    本来ならば、おやつ=お菓子ではなく 夜ご飯までの時間の栄養補給です。 子どもは、一度に多くの食事を摂ることができず栄養が不足してしまう、もしくは1日の摂取カロリーに到達できないので、不足している物を補う為に食べます。 なので、保育園でのオヤツはおにぎりやパン、芋類が多いです。 自宅でも頑張ってお菓子も良いのですが、子どもと一緒におにぎりでも十分、むしろいいとおもいます。

食育の関連記事

カテゴリ一覧