2月生まれの赤ちゃんの出産準備。いつから始めたかや準備するもの

2月生まれの赤ちゃんの出産準備。いつから始めたかや準備するもの

ママたちが出産準備で工夫したこと

2月生まれの赤ちゃんの出産準備をするとき、いつから肌着や赤ちゃんの身の回りの育児アイテムを用意するとよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、2月生まれの出産準備リストや、2月生まれの赤ちゃんを迎えるために工夫したことなどについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

2月生まれの出産準備をしよう

ベビー服
Africa Studio/Shutterstock.com

出産準備をするとき、2月生まれの赤ちゃんのためにどのようなものを用意したらよいのか知りたいママもいるのではないでしょうか。 2月は寒さの厳しい季節なので、赤ちゃんが快適にすごせるアイテムを準備したいママもいるかもしれません。2月生まれの赤ちゃんには、いつ頃からどのようなものを準備するとよいのでしょうか。

2月生まれの出産準備はいつから?

2月に出産を予定している場合、いつから出産準備をするとよいのでしょうか。2月に出産したママたちに、いつから出産準備をしたのか聞いてみました。

出産予定日の3カ月前頃から

20代ママ
出産を2月に控えていましたが、出産準備は予定より3カ月前に始めようと思いました。すでに冬の時期でなかなか外出できなかったので、インターネットを中心にベビーベッドや沐浴用のベビーバスなどから準備しました。
出産準備を予定より3カ月前頃から始めたというママの声がありました。2月生まれの出産準備は3カ月前でも冬の季節にあたるので、出産準備はママの体調のよいときにゆとりを持って進めるとよいかもしれません。

お店に春先のアイテムが出始めた頃から

20代ママ
2月下旬に出産を予定していたので、店頭に春先のアイテムが出始める頃に出産準備を始めました。1月下旬頃にお店に行きましたが、春先や気温の下がる夜間にも使えそうなフリース素材のおくるみや、オールシーズン使えそうなガーゼ生地の肌着が出揃っていました。
春物が出始める頃に出産準備を開始したママがいました。2月生まれの赤ちゃんとのお出かけが春先の季節に始まることなどを考えて、冬物と春物が店頭にあるときに出産準備をしたという声もありました。

赤ちゃんの性別がわかってから

20代ママ
新生児服やおくるみの色に迷ったので、赤ちゃんの性別がわかってから購入しました。私の場合は、妊娠7カ月に女の子だとわかり、洋服の色をパープル系でまとめました。
赤ちゃんの性別がわかってから出産準備を始めたママがいました。赤ちゃんの性別について、生まれたときの楽しみにしておきたいママのなかには、新生児期に着る服を白やアイボリーなど、性別が男女どちらでも着回しできそうな色を選んだという声がありました。

2月生まれの出産準備で用意したもの

ベビー用品
Africa Studio/Shutterstock.com

2月生まれの出産準備はどのようなものを用意するとよいのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

衣類、寝具

  • 肌着(短肌着、長肌着、コンビ肌着)
  • 洋服(ツーウェイオール、セレモニードレス、ベスト)
  • ソックス
  • おくるみ
  • ベビー布団(敷布団、毛布)
20代ママ
2月生まれの赤ちゃんのために、キルティング素材のコンビ肌着を用意しました。3月になって日中温かい日は短肌着を着せずに長袖のコンビ肌着だけですごす日もあり、使い勝手がよかったです。
2月はまだ寒さが厳しい季節でもあるので、生まれてすぐに着せる赤ちゃんの衣類は、長袖や温かい素材のものを選んだママもいるようです。生後1カ月間は主に室内ですごすことを考え、厚手のアウターは用意せず、外出時にも使えるあたたかい素材のおくるみやブランケットを出産準備品として購入したママもいるようです。

オムツ、ケア用品

  • オムツ
  • おしり拭き
  • 体温計
  • つめ切り
  • 綿棒
  • 授乳グッズ(哺乳瓶やミルク、母乳パッドなど)
20代ママ
新生児用のオムツはすぐにサイズアウトすると聞いていたので、新生児用は1パックだけ準備しました。その後のサイズはインターネットでまとめ買いしました。
オムツやおしり拭きなどの毎日必要なものは出産前に準備しておいたママがいました。寒い季節のオムツ交換のために、おしり拭きウォーマーを準備したというママの声もありました。

沐浴、衛生用品

  • ベビーバス
  • ベビーソープ
  • 湯温計
  • ガーゼ布
  • ベビーローション
  • ベビー綿棒
  • 赤ちゃん用爪切り
20代ママ
ベビーソープは、赤ちゃんの全身に使えて泡で出てくるタイプのものを選びました。沐浴で片手しか空かないときに便利だと感じました。
毎日のお手入れに欠かせない衛生用品も、出産準備のリストに入れておくとよさそうです。ガーゼ布は、沐浴やミルクの吐き戻しなどでたくさん使うと考えて10~20枚準備したというママの声もありました。

2月生まれの赤ちゃんのために工夫したこと

ママたちに、2月生まれの赤ちゃんが快適にすごすために出産準備で工夫したことについて聞いてみました。

乾燥対策

30代ママ
2月に出産を予定していたので、乾燥対策のために保湿剤を用意しました。保湿剤は、オムツかぶれのケアにも使えたので出産準備のときに用意しておいてよかったです。
2月は気温だけでなく湿度も下がる季節なので、乾燥対策グッズを準備したママもいました。室内の乾燥対策のために、加湿器を準備したというママの声もありました。

防寒対策

20代ママ
赤ちゃんの1カ月健診で外出を予定していたので、ベビーカー用のブランケットを用意しました。ブランケットは、抱っこ紐でお出かけするときも風よけに使えて便利でした。
2月に生まれる赤ちゃんのために、防寒対策になるアイテムを用意したママがいました。おくるみや、ブランケットの素材にあたたかいボアやフリース素材を選んだというママもいるようです。

2月生まれの赤ちゃんが快適にすごせる出産準備をしよう

妊婦
Syda Productions/Shutterstock.com
2月生まれの出産準備について、予定日の3カ月前頃からや店頭に春物アイテムが出始めたタイミング、赤ちゃんの性別がわかってから用意したというママの声がありました。冬から春に気候が変化していく時期なので、家や外でも使えるあたたかい素材のおくるみやブランケット、おしり拭きウォーマーがあって便利と感じたママもいるようです。防寒になる素材の衣服や寝具、 乾燥対策グッズなどの工夫をして、2月生まれの赤ちゃんが快適にすごせるように出産準備を進められるとよいですね。

2020年01月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

準備の関連記事

カテゴリ一覧