ベビー布団や掛け布団のサイズや素材について。選ぶポイント使い方

ベビー布団や掛け布団のサイズや素材について。選ぶポイント使い方

ベビー布団は必要?使ってみた体験談

出産準備で掛け布団などのベビー布団がいつから必要かや、布団によっては赤ちゃんが重いと感じないかどうか気になることもあるのではないでしょうか。今回は、羽毛などの素材やサイズ、洗濯できるかなどベビー布団の選び方、夏や冬など季節別での使い方や洗うタイミングなどについてご紹介します。

赤ちゃんにベビー布団はいつから必要?

出産準備などをしているママやパパのなかには、ベビー布団が必要かどうか知りたい方もいるのではないでしょうか。実際にベビー布団を用意したママやパパに聞くと、こまめにお手入れしたい、赤ちゃんにあった布団を使いたいなどの理由で、新生児からベビー布団を使っていた方もいるようです。

今回は、ベビー布団を選ぶときに意識したことや選ぶポイント、季節別での使い方についてママやパパの体験談を交えながらご紹介します。

ベビー布団を選ぶときに意識すること

ベビー布団を用意したママたちに、選ぶときに意識したことについて聞いてみました。

掛け布団は軽いもの

30代ママ
赤ちゃんが掛け布団を重いと感じないか心配だったので、掛け布団は軽さを意識して選びました。赤ちゃんも用意したベビー布団の中ですやすやとよく寝てくれ、気に入ってくれたのかなと安心しました。
赤ちゃんの快適さなどを考えて、掛け布団は軽いものを選んだというママの声がありました。掛け布団の中身の素材を調べたり、実際に掛け布団を持ってみたりなどして重さを確かめてもよいかもしれません。

敷布団は硬めのもの

20代パパ
ベビー布団を選ぶときは、お店の方のアドバイスなども聞きながら、敷布団が少し硬めのものにしました。実際に使ってみると、赤ちゃんをしっかり支えていてくれるように思います。
ベビー布団の敷布団は、適度な硬さのあるものを選んだパパもいるようです。赤ちゃんが寝返りしてうつぶせになったときのことなど、実際に使う場面をイメージしながら適したものが選べるとよいですね。

ベビー布団を選ぶポイント

ベビーベッド
iStock.com/hkeita

ベビー布団を選ぶときに、ママたちがそれぞれポイントにしたことをご紹介します。

サイズ

20代ママ
ミニサイズのベビーベッドを先に用意してあったので、ベッドの大きさにあうかどうかベビー布団のサイズを確認しました。ミニサイズのベビー布団は干すときも幅を取らず、扱いも楽だったように思います。
30代パパ
生後7カ月から保育園に預ける予定だったので、掛け布団は保育園のお昼寝布団としても使えるサイズを用意しました。お昼寝用の敷き布団は、長時間使うには厚みが足りないように感じたので、家で使うためのしっかりした敷き布団を用意しました。
ベビー布団には、ミニサイズや標準サイズ、保育園のお昼寝で使うサイズなどさまざまなサイズがあるようです。ベビー布団を置くスペースやいつまで使いたいのかなどを考えて、ベビー布団のサイズを選んでもよいかもしれません。

素材

30代ママ
寒い地域に住んでいるので、温かそうな羽毛の掛け布団を選びました。空気の乾燥が気になるので夜間は暖房を切るのですが、羽毛の掛け布団のおかげで温かくして寝られているように思います。
20代ママ
新生児の赤ちゃんはミルクの吐き戻しなどもあり、布団が汚れることも少なくないと友人から聞きました。こまめに洗濯したいと思ったので、簡単に洗濯機で丸洗いできる素材のものを選ぶようにしました。
ベビー布団の温かさやお手入れのしやすさをイメージしながら、布団の素材をポイントに選んだママもいるようです。布団の中に湿気がこもらないように、通気性のよい素材を選んだというパパの声も聞かれ、それぞれ優先したい条件を決めておくと選ぶときにスムーズに決めやすいかもしれません。

デザイン

30代ママ
ベビー布団を置く予定のリビングが北欧風の雰囲気でまとめてあるので、ベビー布団も北欧柄が入ったものにしました。遊びに来た友人からもおしゃれだと好評です。
部屋の雰囲気とあうかなど、ベビー布団のデザインをポイントに選んだママの声もありました。掛け布団などが一式揃ったベビー布団のセットは、カバーなどのデザインも統一されていて雰囲気もまとめやすいかもしれませんね。

季節にあわせたベビー布団の使い方

タオルケット
© Photographer Katja - Fotolia

掛け布団の調節など、季節別でのベビー布団の使い方もイメージすると選ぶときの参考にしやすいかもしれません。それぞれの季節にあわせたベビー布団の使い方の工夫について、ママたちに聞いてみました。

春や秋

30代ママ
汗を吸ってくれる綿の肌掛け布団を使っていたように思います。肌寒い日などはタオルケットや薄手のブランケットなどで調節しました。
春や秋は、薄手の掛け布団や、タオルケット、ブランケットなどを組みあわせて使っていたママもいるようです。春や秋は、朝方に冷え込むなど1日のうちでも寒暖差が大きい日もあるので、温かくする場合は、後から調節しやすいように薄手のものを重ねるのもひとつの方法でしょう。

20代ママ
あまり冷えないように冷房の温度を設定して、ガーゼ素材のバスタオルをお腹周りにかけていました。それでも寝汗をたくさんかくことがあったので、敷き布団の上にバスタオルを敷いてこまめに洗うようにし、布団を使わないときは窓際に立てかけて風を通すようにしていました。
夏場は、掛け布団の代わりに、ガーゼなどの通気性のよさそうなタオルケットなどを使っているママもいるようです。寝汗の対策などそれぞれ工夫して使うとよさそうですね。

30代ママ
冬生まれの赤ちゃんだったのですが、暖房を使うことが多かったので、日中のお昼寝などは毛布1枚だけを掛けていることも多かったように思います。夜間は暖房を切っていたので掛け布団と毛布をかけていました。
暖房の有無など部屋の温度にあわせて、掛け布団や毛布などを調節していたというママの声もありました。汗をかいていないかなど赤ちゃんの様子も見ながら、かけるものや枚数を調節してあげるとよいかもしれません。

赤ちゃんにあったベビー布団を選ぼう

眠る赤ちゃんとママ
iStock.com/itakayuki

ママたちのベビー布団の選び方として、赤ちゃんが重いと感じにくいよう掛け布団の軽さを意識したという声もありました。いつからいつまで使うのかをイメージしてサイズを決めたり、こまめに洗うことを考えて洗濯機で洗えるものを選んだりなど、それぞれ優先したいポイントを決めて選んでいるようです。羽毛の掛け布団など中身の素材に注目するのもよいですね。

ベビー布団を用意するときは、夏や冬など、それぞれ赤ちゃんが生まれる季節も考えながら、羽毛など中身の素材や必要な枚数などを決めてもよいでしょう。

2019年10月14日

準備の関連記事

カテゴリ一覧