産後のママが欲しいものを贈ろう。パパやママ友からもらって嬉しかったもの

産後のママが欲しいものを贈ろう。パパやママ友からもらって嬉しかったもの

産後のママが喜ぶプレゼントの選び方

産後のママが欲しいものを贈りたいと考える方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、産後のママがパパやママ友からもらって嬉しかったもの、産後のママが欲しいものを選ぶときのポイント、入院中や退院後など渡すときのタイミングについて、体験談を交えてご紹介します。

産後のママが欲しいものを贈りたい

出産のお祝いと労いの気持ちを込めて、産後のママにプレゼントを贈りたいとき、産後のママが欲しいものを知りたいと考える方もいるかもしれません。実際に、産後のママが欲しいものを選ぶときのポイントについて体験談をご紹介します。

パパからもらって嬉しかったもの

産後にパパからもらって嬉しかったものについて、ママたちに聞きました。

家事グッズ

掃除ロボット
Olga Miltsova/Shutterstock.com
20代ママ
産後にパパから、ハンディ掃除機をもらいました。コードレスタイプで、赤ちゃんを抱っこしながら掃除ができるので大活躍しています。
30代ママ
入院中にパパから欲しいものを聞かれたので、瞬間湯沸かし器をお願いしました。母乳とミルクの混合育児だったので、産後間もない頻回授乳の際に大活躍しました。
産後にパパから家事グッズをもらって嬉しかったというママの声がありました。他にも、調理家電などママの家事負担を軽減できるアイテムをもらったママもいるようです。

癒しグッズ

30代ママ
授乳やおむつ替えで肩こりがあることをパパに伝えたら、ハンディマッサージャーをプレゼントしてくれました。コンパクトなので入院中も使え、産後間もない私の身体を労わってくれるパパの気持ちも嬉しかったです。
産後の身体を気遣った癒しグッズをパパからもらったママがいました。他にも、産後睡眠がとれずにいるママを気遣って、ホットアイマスクをもらったママもいるようです。

身近にいるパパならではの目線で、ママの欲しいものを選べるとよいかもしれません。

育児グッズ

20代ママ
産後自宅に帰ると、欲しかったマザーズバッグがプレゼントとして用意してありました。入院する前にパパと共有していた、欲しいものリストに書いてあったものなのでもらったときとても嬉しかったです。
育児に役立つものをもらって嬉しかったというママの声がありました。他にも、授乳用のケープやブランケットなどが嬉しかったママもいるようです。

ママ友からもらって嬉しかったもの

産後にママ友からもらって嬉しかったものについて、ママたちに聞きました。

ケア用品

30代ママ
3人の子育て中のママ友から、「忙しいときに便利だよ」と、シャンプーとリンスが1本になったトリートメントシャンプーをもらいました。産後で忙しく、髪をケアする時間がなかなかとれずにいたのでとても重宝しました。
ママ友からケア用品をもらって嬉しかったというママがいました。同じ育児中のママ目線で選んだ赤ちゃんをケアするアイテムとして、赤ちゃん用のスキンケアグッズを贈るのも喜ばれそうですね。

ベビーウェア

30代ママ
ママ友からベビーウェアをもらいました。赤ちゃんが生まれた季節にあった素材や、サイズアウトを見越して長く着ることのできるロンパースなど、育児経験があるママ友のウェア選びは参考にもなるし、私好みの色柄を選んでくれて嬉しかったです。
ベビーウェアも産後のママに喜ばれる贈り物のようです。ママのなかには、名入れしたスタイやおくるみなど長く使えるものをもらった方もいるようです。

ベビーウェアをプレゼントに考えている方は、赤ちゃんの性別や生まれる季節について事前に聞いておくとよいかもしれません。

ティーアイテム

30代ママ
私がコーヒーが好きなことを知っていたママ友が、産後のプレゼントにデカフェコーヒーのセットをプレゼントしてくれたのが嬉しかったです。ノンカフェインなので授乳中も安心して飲むことができました。
授乳中でも飲めるノンカフェインの飲み物をもらったママがいました。その他、ハーブティーやママ用のマグボトルが嬉しかったママもいるようです。

産後のママが欲しいものを選ぶポイント

産後に贈るプレゼントを選ぶときのポイントについて、ママやパパに聞いてみました。

相手の好みをチェックする

コスメ
Syda Productions/Shutterstock.com
20代ママ
出産祝いと労いの気持ちを込めて、産後のママが好きなブランドコスメを贈りたいと考えました。 妊娠や出産で好みの香りが変わることもあるので、入院中に好きな色や香りをメールで聞いておきました。
相手の好みにあわせてプレゼントを選んだママがいました。育児中の気分転換になるアイテムや、産後ママのためのご褒美アイテムは、相手の好みにあったものを選ぶようにすると、より喜んでもらえるかもしれません。

身体を気遣う

40代パパ
退院直後の妻を気遣い、忙しいときでも手軽に栄養の摂れるものを贈りたいと考えました。五穀米とスープのセットを贈ったのですが「食事をきちんと摂れていなかったから嬉しい!」と喜ばれました。
産後のママの身体を気遣ってプレゼントを選んでいる方がいました。普段の会話のなかから困っていることや必要なものなどを聞いて、欲しいものをプレゼントしたというパパもいるようです。

気軽に使えるものを贈る

30代ママ
ママ友の出産祝いに、赤ちゃんにも使えるオーガニックのボディクリームを贈りました。ポンプ式の容器で、お風呂あがりに片手で塗れるところもポイントです。
産後のママが気軽に使えるものをプレゼントに選んだママがいました。お返しなど気を遣わせたくない場合は、毎日の生活のなかで使いやすい日用品などを贈るとよいかもしれませんね。

産後のプレゼントを渡すときに意識したこと

実際に、産後のママへプレゼントを渡すときに意識したことを聞いてみました。

30代ママ
ママの体調を考え、プレゼントを渡すときは入院中や産後直後は控えました。産後2カ月頃に連絡を取ってみて、育児やママの体調が落ち着いてきたころに出産祝いを兼ねてプレゼントを渡しました。
30代パパ
妻が入院先から退院した日にプレゼントを渡したいと考えました。立ちあい出産で、感極まって感謝の気持ちを伝え忘れてしまったので、プレゼントといっしょに感謝の気持ちを書いた手紙を添えて渡しました。
産後のママにプレゼントを渡すとき、贈るタイミングや渡し方を工夫した方がいました。他にも、自宅に帰ってきたママにサプライズ演出をしたパパもいるようです。

産後のママを気遣い、喜んでもらえる工夫ができるとよいですね。

産後のママが欲しいものを贈ろう

プレゼント
ArtFamily/Shutterstock.com
産後のママが欲しいものやもらって嬉しかったプレゼントには、産後の身体を気遣ったアイテムや育児や家事で活用できるグッズなどがありました。ママの姿を日々見ているパパからは、入院中や産後の様子を見ながら欲しいものを贈ったという声も聞かれました。

渡すタイミングや渡し方に配慮して、出産でがんばったママに感謝と労いの気持ちが伝わるプレゼントを贈ることができるとよいですね。

2020年02月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧