出産のお祝いメールを送ろう。ビジネス関係の方や友達宛ての文例など

出産のお祝いメールを送ろう。ビジネス関係の方や友達宛ての文例など

相手との関係にあわせた文章

出産の報告を受けたとき「おめでとう」というお祝いの気もちをメールで送りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、出産のお祝いメールの文章作りのポイント、会社の同僚や取引先などビジネス関係や友達といった対象別のお祝いメールの文例、お祝いメール作成で意識したことを体験談を交えてご紹介します。

出産のお祝いメールを送りたいとき

妊娠中だった方から出産報告をメールで受けたとき、お祝いの言葉を返信したいと考えるママやパパもいるようです。ママやパパたちに、どのようなシーンで出産のお祝いメールを送りたいと感じたのかを聞いてみました。

20代ママ
友達が出産したとき、一番に報告のメールをくれたことが嬉しかったです。出産後の友達にお疲れ様という気もちや赤ちゃんの誕生をお祝いする気もちを伝えたいと思いました。
30代パパ
会社でお世話になっている取引先の方から、出産報告のメールが届きました。長い間お世話になっていた方なので、お祝いのメールを返信しようと考えました。
友達や会社の取引先の方から出産報告があったとき、お祝いのメールを送りたいと感じたママやパパもいるようです。ママのなかからは、産休に入っていた同僚から出産報告を受けたときに、会社の仲間とお祝いメールを送ろうと考えたという声もありました。

出産のお祝いメールの文章作りのポイント

出産のお祝いメールの文章を作成するとき、どのようなポイントがあるのでしょうか。ママたちに、出産のお祝いメールの文章作りのポイントを聞いてみました。

気遣いやねぎらいの言葉を入れる

赤ちゃんの足
iStock.com/PonyWang
20代ママ
出産を終えた友達を体を気遣う文章を入れました。出産までの期間、さまざまな思いを感じていたことを知っていたので、体だけでなく気もちの面でもいたわる内容にしたいと思いました。
メールのなかに、出産後の相手に対して気遣いやねぎらいの言葉を入れたママがいるようです。メールを受け取った相手も、自分のことを思いやってくれる内容が入っていると嬉しいと感じてくれるかもしれませんね。

赤ちゃんの誕生をお祝いする文章にする

30代ママ
メールを打つときは、赤ちゃんの誕生をお祝いする文章を考えました。縁起のよい言葉を選び、丁寧な文章にまとめるとお祝いらしい文章になったと思います。
赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を願う文章に整えるのもよいかもしれません。妊娠期間中の相手がどのような気もちで赤ちゃんの誕生を待ち望んでいたのかを想像し、相手の気もちに寄り添った内容にすると喜ばれたというママの声もありました。

相手との関係性にあわせる

40代パパ
メールの文章を作るとき、相手との関係性を重視しました。相手がビジネス関係の場合は、丁寧な文章を心がけながらも固くなりすぎない文章がよいと思います。
相手との関係にあわせるのもポイントのひとつのようです。友達とビジネス関係の方では、親密度が違うことから、あまりくだけた内容にしないよう意識するとよいかもしれませんね。

【対象別】出産お祝いメールの文例

相手との関係によって、出産のお祝いメールの文章は変わってくるようです。ママたちに聞いた、ビジネス関係や友達、親戚など対象別の出産お祝いメールの文例をご紹介します。

ビジネス関係

オフィス
iStock.com/alvarez

「◯◯株式会社 ◯◯部
◯◯様
お世話になっております。◯◯商事の◯◯でございます。
平素より格別のご愛顧を賜り、御礼申し上げます。
この度は、ご子息様のご誕生、おめでとうございます。
母子ともにご健康とお伺いし、重ねてお喜び申し上げます。
ご子息様の健やかなる成長を、心よりお祈り申し上げます。」

「◯◯さん
ご出産おめでとうございます。
お忙しいと思いますが、くれぐれもお体ご自愛ください。
またいっしょに仕事できる日を楽しみにしています。」

会社の取引先相手の方と同僚に宛てたメールの文例をご紹介しました。ビジネス関係の方へ出産のお祝いメールを送る場合、普段の相手とのやりとりにあわせて丁寧な言葉遣いの文章にまとめるとよいようです。

友達

「◯◯へ
出産おめでとう!
◯◯の体調はどうですか?無理をせず大事にしてください。
落ち着いた頃に会いに行きたいです。
ママになった◯◯と赤ちゃんに会える日を楽しみにしています。」

出産を終えた友達を気遣う内容を入れ、次に会える機会を楽しみにしていることを書くのもよいかもしれません。友達ならではの親しみをこめた内容にすると、メールを受け取った相手も喜んでくれたというママの声もありました。

親戚

「◯◯ちゃん、ご出産おめでとうございます。
小さな頃から知っている◯◯ちゃんがママになったと聞き、嬉しい気持ちでいっぱいです。
赤ちゃんがすくすく元気に成長していくことを願っています。」

親戚の場合、子ども時代のエピソードを交えた内容にするのもよさそうです。親戚の集まりなどで次に会う機会が決まっている場合は「◯月に会えるのをの楽しみにしています」と書き加えるのもよいかもしれません。

出産のお祝いメール作成で意識したこと

出産のお祝いメールを作成するとき、どのようなことを意識して作るとよいのか知りたいママもいるかもしれません。ママたちに、出産のお祝いメール作成で意識したことを聞いてみました。

短めの文章にまとめる

20代ママ
出産後は体も疲れていると思ったので、メールの文章が長くならないように意識しました。慣れない赤ちゃんとの生活の空き時間にサッと読んでもらえるように、伝えたいことを短めにまとめて送りました。
お祝いの気もちを短文にまとめてメールで送信したママがいるようです。1日に何度も授乳やオムツ替えをする新生児との暮らしは、まとまった休憩時間をとりにくいこともあるようなので長文にならないよう意識するのもよいかもしれません。

送るタイミングを考える

30代ママ
友達が出産後すぐにメールで知らせてくれました。報告してくれたタイミングが夜だったので、これからメールを送ると食事や入浴などで忙しい時間帯かもしれないと考え、翌日の午前中に送信しました。
入院中の相手に配慮し、メールを送るタイミングを考えたママもいるようです。ビジネス関係の方から出産報告をいただいたときは、自分の昼休みや退勤後のタイミングにお祝いのメールを返信したというパパの声もありました。

出産のお祝いに心のこもったメールを送ろう

パソコンを見るママと赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio

出産報告を受けたとき「おめでとう」というお祝いの気もちをメールで伝えたい方もいるようです。出産のお祝いメールの文章作りのポイントは、相手への気遣いやねぎらいの言葉を入れたり相手との関係性にあわせたりするとよいかもしれません。

会社や取引先などビジネス関係の方へメールを送る場合、丁寧な言葉遣いを意識するとよさそうです。親しい友達や親戚の場合、次に会える機会を楽しみにしているという内容を書いたママもいました。

出産後の疲れた状態の相手が読むことを想像し、短めの文章にまとめるなどして相手を思いやったお祝いメールを作成できるとよいですね。

2019年09月01日

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧