360度カバーしてくれる授乳ケープ。ワイヤー入りタイプなど

360度カバーしてくれる授乳ケープ。ワイヤー入りタイプなど

授乳ケープを手作りするポイント

赤ちゃんへ授乳するときに使う、授乳ケープについて知りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。授乳ケープを選ぶポイントや、授乳中のママを360度カバーするワイヤー入りといった授乳ケープの種類、授乳ケープを手作りするときのコツを紹介します。

授乳ケープを用意したい

授乳中の赤ちゃんとお出かけするときや、来客中に授乳するときなどに使う授乳ケープについて気になっているママもいるかもしれません。周りの視線を気にせずに使える授乳ケープがあると、ゆっくりと授乳をしながら赤ちゃんとの大切なスキンシップをとることができそうですよね。

そこで今回は、授乳をするときに使う授乳ケープについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

授乳ケープを選ぶポイント

授乳ケープはどのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょう。ママたちに選び方を聞いてみました。

素材

30代ママ
授乳ケープを選ぶときは素材をポイントにしました。夏用には肌ざわりがよく涼しいガーゼ素材を、冬用には温かみのあるフランネル素材のものを選び、季節にあわせて使いわけています。
授乳ケープは素材をポイントに選ぶと、夏や冬などにも使いやすそうです。ママのなかからは、真夏の気温の高い時期に使えるように、麻が入った授乳ケープを選んだという声も聞かれました。

着脱のしやすさ

30代ママ
赤ちゃんが母乳を欲しがったときにすぐに授乳できるように、着脱のしやすさを考えて授乳ケープを選びました。授乳の後にはゲップをさせるといったことも必要になるので、着脱のしやすさは選ぶ際のポイントの1つだと思います。
授乳する際に手早く授乳ケープを着けたり脱いだりすることができると、赤ちゃんを待たせずにすむかもしれません。授乳の後でおむつ替えをする場合も、着脱しやすい授乳ケープは使いやすいというママの声もありました。

安心して授乳できる

ママと赤ちゃん 日本
Take A Pix Media/Shutterstock.com
30代ママ
授乳ケープは人目のある場所などで授乳をするときに使いたいので、安心して授乳できるかどうかをポイントにして選びました。私の周りを360度カバーしてくれる授乳ケープは、どこでも赤ちゃんへの授乳を安心してできると感じています。
ママの周りを360度カバーしてくれる授乳ケープがあると、周りの目を気にすることなく授乳をすることができそうです。赤ちゃんとの大切な時間を安心してすごせることは、授乳ケープを選ぶ際の大切なポイントかもしれません。

360度カバーする授乳ケープ

授乳中のママと赤ちゃんを360度カバーしてくれる授乳ケープには、どのようなタイプがあるのでしょう。実際にママたちが使っている授乳ケープを聞いてみました。

ワイヤー入りの授乳ケープ

30代ママ
私が使っているのはワイヤー入りでエプロンタイプの授乳ケープです。ケープの縁にやわらかいワイヤーが入っていて授乳中の赤ちゃんの顔をしっかり見ることができ、背中には布がめくれないように紐がついているので、360度カバーされていると思いました。
赤ちゃんの顔を見ながら授乳できるように、ワイヤー入りの授乳ケープを使っているママがいました。授乳するときにワイヤーの形を調節することでママの顔をしっかり見ることができ、赤ちゃんも嬉しいかもしれません。

ポンチョタイプの授乳ケープ

30代ママ
授乳ケープはポンチョタイプを使っています。ポンチョタイプは頭からすっぽり被るだけで授乳でき、背中まで360度囲まれているので、赤ちゃんとの授乳の時間をゆっくり楽しむことができると感じました。
着脱の簡単なポンチョタイプの授乳ケープを使っているママもいるようです。ポンチョタイプには伸縮性のある生地を使ってママと赤ちゃんをぴったり包むものや、裾が広がっていて360度ゆったりと包むものなどがあるようなので、使いやすいタイプを選ぶとよいかもしれません。

ストールをアレンジした授乳ケープ

30代ママ
私はストールをアレンジした授乳ケープを、授乳の他にお出かけ先でのブランケットの代用としても使えるように用意しました。大判のストールは360度カバーしてくれるので授乳に使いやすく、ベビーカーの日よけなどにも使えて重宝しています。
大判のストールをアレンジした授乳ケープも、ママと赤ちゃんを360度カバーしてくれて使いやすいかもしれません。ママのなかからは、ストールに紐をつけて授乳中にずれないようにしたという声も聞かれました。

授乳ケープを手作りするときのコツ

裁縫 アジア人
Pressmaster/Shutterstock.com

授乳ケープは手作りすることもできるようです。実際に手作りをしたママたちに、作るときのコツを聞いてみました。

型紙を使う

30代ママ
私はワイヤー入りのエプロンタイプの授乳ケープを手作りするために、型紙を使うことにしました。ワイヤーをしっかりケープの縁に入れたり360度カバーしたりするために、形や大きさを型紙にあわせて作ることもコツではないかと思います。
授乳ケープを手作りするときに、型紙を使うことを考えたママがいました。ママが安心して授乳するためにも、型紙にあわせて使いやすい授乳ケープを作ることは、手作りするときのコツかもしれません。

ゆったりしたサイズで作る

30代ママ
授乳ケープを手作りする場合は、ゆったりしたサイズで作ることがコツかもしれません。ゆったりしたサイズの授乳ケープは夏の暑い時期にも赤ちゃんとの間に隙間ができ、気持ちよく授乳できると感じました。
授乳ケープを手作りするときには、大きめのサイズにすることもコツのようです。ママのなかには、背中までゆったりと包むように作ることで、360度カバーされているように感じて安心できるという声もありました。

安心して使える授乳ケープを用意しよう

授乳 アジア人
Zurijeta/Shutterstock.com

授乳ケープにはワイヤー入りのエプロンタイプや、被るだけで使えるポンチョタイプなどがあるようです。夏に赤ちゃんが気持ちよく使えるように、ゆったりしたサイズで手作りしたというママがいました。

ママと赤ちゃんがゆったりと授乳できるように、360度カバーするタイプなど安心して使える授乳ケープを用意できるとよいですね。

2020年03月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

産後の関連記事

カテゴリ一覧