久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

久留島太郎(植草学園短期大学准教授)の記事一覧

植草学園短期大学准教授。私立幼稚園、国公立幼稚園、公立小学校の教諭を経て現職。「NPO法人タイガーマスク基金」理事。社会福祉法人房総双葉学園理事。「NPO法人ファザーリング・ジャパン」元理事。4人の息子の父親としての立場、保育にかかわる教員としての立場、社会的養護を必要とする子どもたちと接する立場から、子どもたちが育つ「環境」を考えることをフィールドとしている。著書に『新しいパパの教科書』(学研)、『3歳までの子育ての教科書』(アスコム)。

  • 小さな生き物との出会い。身近な生物から子どもが学ぶこと

    小さな生き物との出会い。身近な生物から子どもが学ぶこと

    子育てに関する著書などで活躍中の久留島太郎さんのコラムです。今回は、子どもが見ている小さな世界について書いていただきました。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 子どもと野外遊びへ【第3回】親子でいっしょに「火」を学ぶ

    子どもと野外遊びへ【第3回】親子でいっしょに「火」を学ぶ

    子育てに関する著書などで活躍中の久留島太郎さんのコラムです。子どもと野外遊びシリーズ、今回のテーマは「火」です。子どもたちが本物の火を見る機会が少なくなっている現代、親子で楽しく火について知り、学ぶ方法について書いていただきました。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 子どもと野外遊びへ【第2回】親子で冬の外遊びを楽しむ方法

    子どもと野外遊びへ【第2回】親子で冬の外遊びを楽しむ方法

    寒い季節は、つい大人は外に出るのがおっくうになってしまいますよね。でも子どもにとってはその「寒さ」も遊びになるのかもしれません。冬に野外遊びをする楽しさについて、子育てに関する著書などで活躍中の久留島太郎さんにコラムを書いていただきました。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 子どもと野外遊びへ【第1回】週末の朝、布団から楽しく抜け出す方法

    子どもと野外遊びへ【第1回】週末の朝、布団から楽しく抜け出す方法

    ちょっと肌寒い週末の朝でも、楽しく布団を抜け出して、外遊びに出かけてみませんか。まずはこの週末に実践できそうな「野外遊びの第一歩」を、子育てに関する著書などで活躍中の久留島太郎さんに書いていただきました。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 週末が変わると、平日も変わる。お風呂をワクワクする遊び場に!

    週末が変わると、平日も変わる。お風呂をワクワクする遊び場に!

    子育てに関する著書やメディア出演などで活躍中の久留島太郎さんから、「ちょっとした心がけで、子どもといっしょにワクワクできること」を提案するコラムが届きました。この季節にぴったりの、親子でできるお風呂遊びです。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 4度の立ち会い出産と「父親になる」ということ

    4度の立ち会い出産と「父親になる」ということ

    子育てに関する著書やメディア出演などで活躍中の久留島太郎さんの、新しい命が産まれる瞬間の喜びを改めて思い出すようなコラムです。ご自身の4度の立ち会い出産の経験から「どのようにパパスイッチが入ったか」について書いていただきました。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • コンサート、体験、遊び道具…子どもは「ホンモノ」を求めている

    コンサート、体験、遊び道具…子どもは「ホンモノ」を求めている

    「ホンモノ」を体験させることで、子どもはどう成長するのでしょうか。「子どもだからまだ早い」ではなく「子どもだからこそホンモノに触れさせるほうがいい」という久留島さん。イベントなどが増えるこれからの季節にぴったりのコラムです。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 週末が変わると、平日も変わる。子どもとの遊び方第2弾「家事をワクワクに変換する」

    週末が変わると、平日も変わる。子どもとの遊び方第2弾「家事をワクワクに変換する」

    日々のルーティンワークである家事ですが、子どもにとっては大好きなママやパパといっしょにできる「楽しいこと」かもしれません。でも、つい大人がやった方が早いと考えてしまいがちではないでしょうか。それをちょっとした心がけで「子どもといっしょにワクワクできること」に変換できると提案するのは、子育てに関する著書やメディア出演などで活躍中の久留島太郎さん。コラム第2弾です。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 週末が変わると、平日も変わる。忙しい時期の子どもとの遊び方

    週末が変わると、平日も変わる。忙しい時期の子どもとの遊び方

    子育てに関する著書やメディア出演などで活躍中の久留島太郎さんに、忙しい毎日の中での子どもとの遊び方について考えていただきました。4児の父である久留島さんが提案したのは「日常を、非日常な遊びにデザインする」こと。コラム第1弾です。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

連載記事