妊娠中に外食をするときに気をつけたこと。いつまで外食をしたかや頻度について 

妊娠中に外食をするときに気をつけたこと。いつまで外食をしたかや頻度について 

無理のない範囲で妊娠中の外食を楽しもう

妊娠中に外食をしたいときに、どのような点に気をつけるとよいのか知りたいママやパパもいるかもしれません。外食ばかり続くと、妊娠中の一般的な外食の頻度や、いつまで外食できるのか気になることもあるでしょう。今回は、妊娠中にいつまで外食をしたかや頻度、気をつけたことについてママたちの体験談をご紹介します。

妊娠中の外食はどうする?

妊娠中は、体のことを考えて手作りの食事をとることが多いかもしれません。
 
しかし、たまには外食をして気分転換をしたいと思うママもいるでしょう。
 
外食のために外出をすることは運動にもなりそうですよね。
 
妊娠中に仕事をしている場合や、つわりが影響してどうしても外食メニューが食べたいときなどは、外食の頻度が多くなることもあるかもしれません。
 
妊娠中にママたちはいつまで外食をしたのでしょうか。また、外食をするときはどのような点に気をつけたのでしょうか。

妊娠中に外食をした頻度やいつまでしていたか

妊娠中に外食をした頻度やいつまでしていたかについてママたちに聞いてみました。
20代ママ
妊娠初期のつわりが軽い時期は、週に1回の頻度で外食に行っていました。外食のときは、産後は忙しくて好きなものを簡単に食べられなくなると思ったので、自分が食べたいものを食べるようにしました。臨月になるまで外食をしていたと思います。
20代ママ
妊娠中はよくカレーを食べに外食に行きました。出産予定日前日にどうしてもお寿司が食べたくなったこともあり、産後はしばらく外食できなくなると思って、近所の寿司屋に行きました。
30代ママ
妊娠初期から臨月の頃までよく外食をしていました。多いときは週1~2回程、仕事の昼休みにランチを食べに行ったり、お店でお弁当を買うこともありました。退職してからは月に1~2回、妊婦検診の帰りに外食をすることが多かったです。
妊娠中によく外食をしていたという声が複数ありました。出産予定日前日にも外食をしていたママもいるようです。
 
毎日のように外食ばかり続くと栄養の偏りが気になりますが、週や月に数回程度であれば息抜きにもなりそうですね。

妊娠中に外食をするときに気をつけたこと

カフェ
iStock.com/monzenmachi
妊娠中に外食をするときに気をつけたことをママたちに聞いてみました。

ゆったりすごしやすく、行き慣れたお店を選ぶ

30代ママ
席や通路が狭い店は、お腹がつかえて座ったり立ったりするのが大変そうなので、お座敷やソファがある、ゆったりすごせそうなお店を選ぶようにしました。
30代ママ
近所のお店や、何度も行ったことのある慣れたお店で、外食をすることが多かったです。
遠くのお店まで出かける場合は、なるべく1人で行かないようにしたり、自分で自転車や車を運転せずにタクシーを利用するなど、ママの負担が減るように気をつけたいですね。

分煙や禁煙のお店を選ぶ

30代ママ
妊娠してからタバコのにおいが気持ち悪く感じることが多く、お腹の赤ちゃんのためにも受動喫煙は避けたかったので、禁煙や分煙のお店を選ぶようにしました。
妊娠中に外食をするときは、禁煙や分煙のお店を選ぶようにしたという声がありました。
 
時間帯によって禁煙になるお店もあるようなので、気になる場合は事前にお店の情報を調べておくとよいでしょう。

アルコールや生もの、刺激の強いものに気をつける

刺身とビール
iStock.com/taka
30代ママ
アルコールやカフェインが入っている飲み物は避けました。
30代ママ
お刺身や生卵などの生ものがとても好きですが、妊娠中は赤ちゃんへの影響を考えて、食あたりしないように加熱されたものを食べるようにしました。
30代ママ
好物の辛いものやニンニク料理をついたくさん食べたくなりましたが、胃に負担をかけないように食べる場合は少量にしました。
妊娠前からの好物を我慢するのは大変に感じることもあるでしょう。しかし、赤ちゃんやママの体のことを考えると、アルコール類や刺激の強い食べ物は、避けたり控えめにした方がよいかもしれませんね。

塩分やカロリー、栄養バランスを考える

30代ママ
血圧が高めで体重の増加も気になったので、しょう油をかけるときは塩分をとりすぎないよう少量にしたり、サラダなどのカロリーが低そうなメニューを選ぶようにしました。
30代ママ
脂っこいものを食べすぎると太りやすいですし、お腹が痛くなることもあるので食べる量は控えめにしました。
30代ママ
つわりがあった頃は、フライドポテトやとんかつ、ハンバーグなど高カロリーなものが無性に食べたくなるときがありました。いっしょにサラダを食べたり、野菜ジュースを飲んでバランスがとれた食事になるように気をつけました。
塩分やカロリー、栄養バランスに気をつけたという声がありました。
 
偏った食生活をしていると、妊婦検診で注意されてしまうこともありそうですよね。
 
カロリーをとりすぎたと思ったときに、家事やウォーキングで体を動かして、体重が増えないようにしたというママの声もありました。

冷え対策をしたり、万一の場合に備える

30代ママ
外食をするお店の冷房がききすぎて寒いことがあるので、羽織れるものは必ず持ち歩きました。
30代ママ
万一の場合に備えて陣痛タクシーを登録しました。気持ちに余裕ができて外食に行くときも安心できました。
30代ママ
スマホや母子手帳、病院の診察券は、常に持ち歩くようにしました。出産予定日が近くなってきた時期には、破水に備えてナプキンやビニール袋も用意していました。
安定期以外の時期は特に、万一の備えをしておくことは赤ちゃんやママの体を守るために大切でしょう。
 
出産予定日が近くなると、急な体調の変化もあるかもしれません。外食に行くのが心配なときは、ママの体の状態や通院先を知っている、パパや友人の方といっしょに行動すると安心できるかもしれません。

妊娠中の体に無理のない範囲で外食を楽しもう

食事をする妊婦
milatas - stock.adobe.com
今回は、妊娠中の外食はいつまでしていたかや頻度、気をつけたことについてママたちの体験談をご紹介しました。
 
外食ばかり続かないよう気をつけながら、妊娠中によく外食をしていたママは多いようです。

妊娠中に外食をするときは、脂っこいものを食べるときにサラダなどをプラスして食事のバランスを考えたり、妊娠中の体調に配慮した行動をとることが大切でしょう。
 
妊娠中の体に無理のない範囲で、ママが外食を楽しめるとよいですね。

2019年11月30日

専門家のコメント
22
    もしもしまま先生 保育士
    基本的に、カフェイン、アルコールは避けます。
    ナマモノも、できるだけ避け、お肉料理が出てくるお店では、よく焼きをお願いしてました。
    また、普段食べないような食材を使った料理では、食べても大丈夫なものかどうかをインターネットで調べてから食べるようにしていました。
    塩分、辛味、油っぽさはあまり気にしていませんでした…。
    あゆみ先生 保育士
    現在妊娠7ヶ月です。初期のつわりが終わってからは、週に1度くらいの割合で外食しています。
    普段はなるべく自炊して栄養バランスにも気をつけていますが、いつもだとストレスも溜まるので、妊婦健診の帰りには大好きなパン屋さんやカフェでのランチも楽しんでいます♪美味しいものはやはりいい気分転換になりますよ♪
    外食する際には、レア焼きや生ものは避け、気になる食材はその場で調べるようにしています。ランチとセットで出てくる紅茶などのカフェインも一口だけにするなど気をつけました。
    出産後はなかなかゆっくり外食も出来なくなるので、子連れで行けないお店を夫婦で楽しむ予定です^^
    めるちゃん先生 保育士
    生モノ、カフェインの飲み物は控えてました。カフェインレスやノンカフェインの飲み物があるか確認してました。また、消毒スプレーを常に持ち歩き、食事の前には使ってました。
    りお先生 保育士
    1人目の妊娠中は、外食に結構行きました。
    好きなイタリアン、パンランチ、沖縄料理などいろいろ。
    産まれたら1人で、友だちとランチもいけなくなると思い、体重増加も気にしながら行ってました。
    気をつけたことは、食べたら動く、で出来るだけ毎日歩くようにしていました。
    外食後はいつも体重増えていましたが、毎日歩いたおかげか、最終的には9キロ増でおさまりました。

    あと、個人的に大好きなコーヒーはやめられず、カフェイン入りのコーヒー1日1杯と決めて、外食に行く日はそのお店で飲むため、家ではコーヒーを飲まないようにしていました。

    あと、生物は食べていません。

    子どもが産まれたら行けなくなる外食、ぜひ妊婦のうちに楽しんで欲しいです!
    のの先生 保育士
    私が気をつけていた事は、肉についてだけでした。お肉は、どこに行ってもよく焼き、焼肉ではトングで焼き、箸で取るを徹底しました。

    本当は生モノは避けるべきと言われたのですが、お寿司が大好物で我慢できませんでした…。最初の方は少しだけにしていましたが、最後の方は気にせず食べていました…

    あとは、塩分を気をつけなるべく調味料は少なめにしていました。
    なこ先生 保育士
    出産直前まで外食しました。
    さすがに生物等、お医者さんに聞いて気をつける食材はありましたが。
    今はマタニティの人でも気軽に外食出来るので、お店の人もブランケットや腰当てを貸してくれるなどサービスがありますので、上手く使っていくと良いと思いますよ。
    いちぽ先生 保育士
    カフェイン、アルコールは避けました。お寿司が大好きだったのですが、生物はや、レアの肉も我慢しました。
    あとは辛味の強いものもできれば避けるようにしました。
    なごみ先生 保育士
    絶対にダメなもの(アルコール類、カフェイン)以外は特に気にせず過ごしていました。
    赤ちゃんが産まれてからだとなかなか行けなくなるようなお店に夫婦で、外食に出掛けていました。
    実際子どもができるとおしゃれなお店にはなかなかいけなくなりファミレスばかり。
    ぜひマタニティのうちに行きたいお店にたくさん出掛けて下さい☆
    こいまま先生 保育士
    当たり前ですが、カフェインとアルコールのあるものは避けていました。
    それから生ものも怖かったのでやめました。
    ジュースやコーヒーは1日1杯までと決めていたので、ドリンクバーなどでもなるべくあたたかいお茶(ノンカフェインのもの)を選んでいました。
    こいまま先生 保育士
    当たり前ですが、カフェインとアルコールのあるものは避けていました。
    それから生ものも怖かったのでやめました。
    ジュースやコーヒーは1日1杯までと決めていたので、ドリンクバーなどでもなるべくあたたかいお茶(ノンカフェインのもの)を選んでいました。
    ちぃ先生 保育士
    生もの、塩分の多いものなどは控えていました。
    カフェインは緑茶やコーヒーが好きなのでほとんど気にせず飲んでいました。
    すー先生 保育士
    ハムやチーズ、生物はとらないように気をつけました。お肉はちゃんと火が通ってるか確認してから食べるようにしました。臨月に安静がとけ外出できるようになったので、万が一に備え近場のお店に行くようにしました。
    せおみ先生 保育士
    外食や濃い味の物も食べ過ぎなければ良いのかな。と思います。カフェインも1日に1杯ぐらいなら良いと言われてますし、ストレスがない程度で自炊し、外食も楽しめたのなら良いのかな。と思います。
    生物だけはあまり、食べないようにしていました。
    くじら先生 保育士
    コーヒーが好きなのですが、ノンカフェインのものを選ぶようにしていました。マグロなど大きい魚は食べないようにしていましたが、アジなど小さい魚のお寿司はあまり気にせず食べちゃってました。
    べこな先生 保育士
    アルコールや生物など一般的にタブーなものは避けますが、外食はなかなかいけなくて、気分転換でもあったので特に気にせず好きなものを食べて楽しんでいました。
    みぃ先生 保育士
    アルコールは勿論、カフェインの入ってるもの、なまものは避けたり、塩分や糖分の少ないものを選んだり、野菜を多めに注文していました。
    ゆきんこ先生 保育士
    私は嘔吐恐怖症で、つわり中もなかなか吐けませんでした。しかし、いつも行くレストランでお寿司が出て少しだけど食べたら夜嘔吐してしまいました。
    普段は大丈夫だけれど体が拒否するものがあるんだなと実感しました。あとは思ったよりも塩分が高いので塩分量が書いてあるメニュー表はよく見てみると良いかと思います✨
    きらり先生 保育士
    生モノの食べ物やカフェインの飲み物は控えるようにしていました。後はとくに気にせず食べたいものを食べていました(^o^)産後はなかなか外食もいけないので、産休に入ってからは、とにかくよくランチに行っていました☆
    ぺち先生 保育士
    外食で気をつけることは、生肉やカフェインです。生ハムやサーモン、ナチュラルチーズなど大好きでしたが、それらは一切辞めました。カフェインは少量なら大丈夫みたいなので、ミルクティーなど1杯は飲んでいました。脂っこいものばかり食べてしまつまたら、次の日は家で野菜を中心に料理するなどしていました。
    こと先生 保育士
    生ハムやチーズ、スモークサーモン、ローストビーフ、アルコールは避けていました!
    お刺身や寿司は量は少なめにして食べていましたよ😊✨
    産後はゆっくり外食できないので、妊娠中にもっと外食を楽しんでおけばよかったです(>_<)
    あー先生 保育士
    寿司などのなまものの外食は控えて外食はしないようにしていました!外食がしたい時はデリバリーやお弁当などを買ってました!うえの子がお寿司が大好きなので食べたいと言った時はうえの子のぶんだけ持ち帰りにするなど、特に冬なので感染症ち気をつけてました!
    のんの先生 保育士
    妊娠中は、お昼ご飯を作るのがつらく、外食していました。
    1人ではなく、お母さんや友人などと、万が一産気づいた時も大丈夫なようにしていました。
おすすめユーザーのコメント
1
    YSK
    カフェインやアルコールの入った食べ物などは注意してましたが、そのほかはそこまで意識できてなかったなーと思いました。
    数年前にローストビーフなどのレアなものや非加熱の加工品など話題に上がって意識するようになりました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧