【産婦人科医監修】妊娠中に炭酸水がおすすめの理由と選ぶときのポイントについて

【産婦人科医監修】妊娠中に炭酸水がおすすめの理由と選ぶときのポイントについて

妊娠中、つわりで十分な水分や食事がとれないけれど、炭酸が飲みたくなる人は少なくないようです。妊娠中の炭酸水の選び方のポイントと炭酸水がおすすめの理由を解説します。また、炭酸水を飲みすぎると起こる影響についても併せてご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中、炭酸水は飲んでもよい?

妊娠中はつわりで食事がとれなかったり、胃が圧迫されて気持ちが悪いときに炭酸が飲みたくなるママもいるでしょう。

妊娠中に炭酸水を飲むことは問題ありませんが、炭酸水の選び方や飲む量については注意が必要です。

炭酸水を選ぶときのポイント

妊娠中に炭酸水を飲むときには以下のようなことに注意しましょう。

無糖

炭酸水とは、炭酸ガスと水を合わせたものです。ソーダ水と呼ばれることもあり、商品によって炭酸の強さもそれぞれです。

炭酸水を飲むときは、炭酸水と炭酸飲料の違いを知っておくことが大事です。

炭酸水は、炭酸ガスと水だけで作っていますが、炭酸飲料は、甘味料や酸味料、香料を含んで飲みやすいようにしています。

炭酸飲料を飲みすぎると、糖分の摂りすぎになり、妊娠糖尿病になる可能性もあるため注意が必要です。

妊娠中は、無糖の炭酸水を選びましょう。

ゼロカロリー

iStock.com/yipengge

飲料100mlのカロリーが5Kcalの場合はゼロカロリーと表記してよいことになっているため、ゼロカロリーと表記がある場合でも、カロリーが完全にゼロではない場合があります。

また、カロリーゼロには人工甘味料が大量に使用されています。人工甘味料をたくさん摂ると、頭痛を引き起こす人もいます。人工甘味料のなかには、インスリンを過剰に分泌する作用を持つものもあるので、ゼロカロリーの炭酸飲料をたくさん飲むと、糖尿病などリスクに繋がる恐れがあります。

ゼロカロリーだから大丈夫だと思って飲みすぎないことが重要です。

ノンカフェイン

炭酸飲料のなかにはカフェインが入っているものもあります。

ママが飲んだカフェインは、胎盤を通してお腹のなかの赤ちゃんに届きます。お腹の赤ちゃんはまだ上手くカフェインを分解できません。

また、カフェインはカルシウムや鉄分などの吸収を妨げる作用があるので、妊娠中のママはカフェインの摂取量に注意が必要です。

妊娠中に炭酸水を選ぶときは、カフェインが入っていないか表示を確認しましょう。

妊娠中は炭酸水がおすすめ

妊娠中に炭酸水がおすすめの理由をご紹介します。

つわりが和らぐ

つわりで気持ちが悪いときに炭酸水を飲むと、口の中がすっきりしてつわりの症状が楽になったという人もいるようです。

つわりがひどいときは水分もとりにくく、水分が不足しがちになり、脱水状態になる場合もあります。

炭酸水が飲めるのであれば、炭酸水で水分補給をするとよいでしょう。

便秘解消

妊娠時は、ホルモンバランスの変化や水分不足などが原因で便秘になりやすいです。

炭酸は胃腸に刺激を与えるため、内臓機能が活発に働き、便が出やすくなるため便秘が解消されるかもしれません。

疲労回復

炭酸水に含まれている重炭酸イオンは、疲労物質の乳酸を中和して疲れを溜まりにくくさせる役割があります。

二酸化炭素を身体のなかに取り入れて血管を拡大させ、血液の量が増加し、代謝をよくさせるため疲れがとれやすくなるかもしれません。

炭酸を摂りすぎると起こる影響

iStock.com/RuslanDashinsky

妊娠中に炭酸を摂ると、つわりの緩和や便秘解消などよいこともありますが、炭酸を摂りすぎると以下のような影響が起こる場合があります。

下痢

炭酸水は胃を刺激して消化を助けてくれる役割がありますが、飲みすぎると腸への刺激が大きくなり、下痢を引き起こす場合があります。

胃腸が弱っているときは炭酸水は控えましょう。

ゲップやおならが多くなる

妊娠をしてからケップやおならが増えたと感じている人は少なくないようです。

妊娠すると、ホルモンバランスが変化して胃腸の動きが鈍くなったり、お腹が大きくなって臓器が圧迫されるため、ゲップやおならが増えるといわれています。

炭酸はガスが含まれているため、炭酸水を摂りすぎるとゲップやおならがより増える可能性があるので、気になる場合は控えた方がよいでしょう。

気分が悪くなる

炭酸を飲みすぎると、胃に炭酸ガスが溜まって不快感を感じたり、気分が悪くなる場合があります。

つわりのときに炭酸を飲んで胃がすっきりする人もいますが、飲みすぎてしまうと逆に気持ちが悪くなる場合があります。

妊娠中の炭酸飲料は選び方と摂取量に気をつけて飲もう

iStock.com/gpointstudio

妊娠中、つわりがつらくて常に気持ちが悪かったり、水分や食事が十分にとれない人もいるでしょう。胃が圧迫されて気持ちが悪いときに炭酸が飲みたくなるという人もいるようです。

妊娠時の炭酸水は、つわりの症状が緩和されたり、便秘解消や疲労回復によいですが、飲みすぎると下痢を引き起こしたり、ゲップやガスが増えたり、気分が悪くなるなど逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

炭酸水を選ぶときには、ゼロカロリーに注意して、無糖でノンカフェインのものを選ぶことがおすすめです。

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんのことを考えて体重管理や食べ物や飲み物が制限されることも多いですが、妊娠中でも飲める炭酸水を選んで、摂取する量に気をつけることが大切です。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年05月20日

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧