子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

赤ちゃんのオムツの替え方。新生児へのつけ方や男女別オムツ替えのコツ

赤ちゃんのオムツの替え方。新生児へのつけ方や男女別オムツ替えのコツ

赤ちゃんのオムツは、男の子や女の子でどのような替え方をすればよいのか悩むママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、タイプ別のオムツの替え方やおへそや太ももをポイントにした新生児のオムツのつけ方、男女別の替え方のコツを体験談を交えてご紹介します。

オムツ替えをするときに気になったこと

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、どのような替え方をすればよいのか気になることもあるのではないでしょうか。出産したばかりの新生児の頃は、まだオムツ替えをすることに慣れないママもいるかもしれません。オムツの替え方について気になったことをママたちに聞いてみました。

「テープタイプのオムツを使っていますが、とめ方がきつくないかなと心配になってしまします。どれくらいの位置でとめるとよいのか気になります」(30代ママ)

「よくオムツから漏れることがあり困ってしまいます。オムツが小さいのか、オムツのつけ方を間違えているのかがわからないです」(20代ママ)

「新生児なのでまだおへそがじゅくじゅくしています。オムツをおへそにかぶせてもよいのか、乾くまでオムツがあたらない方がよいのか悩んでいます」(30代ママ)

オムツの替え方やつけ方で困っているママがいるようです。上の子が女の子だったので、男の子が生まれたときに、オムツの替え方は違うのか気になったというママの声もありました。

【タイプ別】オムツの替え方

赤ちゃんのオムツは、どのような替え方をするとよいのでしょうか。テープタイプとパンツタイプのオムツの替え方をご紹介します。

テープタイプのオムツの替え方

オムツ
iStock.com/arsenik

新生児期から使うテープタイプのオムツの替え方をご紹介します。

1.新しいオムツを広げ、内側のギャザーを立て、汚れたオムツをつけたままの赤ちゃんのおしりの下に敷きます。

2.汚れたオムツを外し、おしりふきなどで拭いてから赤ちゃんのおしりを上げて、汚れたオムツを抜きとります。

3.敷いておいた新しいオムツをあて、前部分がおへその上にくるようにし、左右対称にテープをとめます。

汚れたオムツを取る前に、新しいオムツを下に敷いておくとオムツ替えがスムーズにできるかもしれません。オムツ替えの途中でおしっこをしてしまったときも、新しいオムツがしいてあれば布団などが汚れにくかったというママの声もありました。

パンツタイプのオムツの替え方

パンツタイプのオムツは次のような替え方をするとよいようです。

1.赤ちゃんが立っている場合は、汚れたオムツをそのままおろしてぬがせ、寝ているときは、オムツの両サイドを手で破って外します。

2.きれいに拭き、立っているときは新しいオムツをそのまま履かせ、寝ているときは、オムツの足ぐりから手を入れて片足ずつ履かせます。

パンツタイプのオムツを使う頃は、赤ちゃんが寝返りやハイハイなどをして動くようになっていることもあるかもしれません。オムツに足を入れたら、一気に太ももあたりまで引き上げると、オムツ替えの途中でおしっこをしてしまうことも少なかったというママの声もありました。

新生児へのオムツのつけ方のポイント

新生児の頃は、ママもオムツの替え方に慣れていないこともあるのではないでしょうか。オムツのつけ方がずれているとオムツ漏れの原因になることもあるようです。新生児から使うテープタイプのオムツのつけ方のポイントをママたちに聞いてみました。

おへそが見える位置でテープを止める

「出産した病院で、オムツのつけ方を教えてもらいました。新生児のうちはおへそがじゅくじゅくしていることもあるので、乾かすためにもオムツをつけるときは、おへその見える位置でテープをとめるようにしました」(30代ママ)

新生児の頃は、おへその様子を見ながらオムツをつける位置に気をつけたママもいるようです。オムツが大きい場合は、おへそにあたる部分を折り返して、テープでとめるようにしたというママの声もありました。

きつさを確認する

赤ちゃんのオムツ替えをする赤ちゃん
iStock.com/monzenmachi

「オムツのきつさを確認しています。お腹まわりと太ももに指を1本入れ、少し抵抗を感じるぐらいに調整しています」(30代ママ)

新生児のオムツ替えをするときは、オムツのきつさを確認しているママがいました。おへそや太もも周りがきついと感じたら、テープを止める位置をずらしたり、サイズアップを考えるとよいかもしれません。

フリルを外側に出す

「オムツをつけた後に、おへそ周りと太もものギャザーやフリルを確認しています。太もものフリルを外側に出さないと漏れてしまうこともあったので、毎回確認しながらオムツを替えています」(30代ママ)

太もも周りのフリルをきちんと出すようにしているというママがいました。オムツを履かせた後に内側のギャザーも確認しておくと、オムツ漏れもしにくかったというママの声もありました。

【男女別】オムツを替えるときのコツ

男の子の場合と女の子の場合で、オムツの替え方に違いはあるのでしょうか。ママたちに男女別のオムツの替え方のコツを聞いてみました。

男の子の場合

「オムツを替えている最中におしっこをされることがありました。おしっこが飛ばないようにブロックしてくれるカバーを購入して、オムツ替えのときは必ずつけるようにしています」(30代ママ)

男の子のオムツ替えをするときは、オムツ替えの最中におしっこが飛ばないためのカバーを使っているママがいるようです。家にあるもので代用したいときは、ティッシュやおしりふきを折り畳んで陰部にあてているというママの声もありました。

女の子の場合

「女の子の赤ちゃんは、おしりを拭くときに必ず前から後ろへ拭くようにと、出産した病院で指導されました。力を入れすぎず、優しく拭くようにしています」(20代ママ)

「女の子はおしっこをすると、後ろまで流れておしりまで濡れてしまうと思いました。おしっこだけのときでもおしりを全体的に拭くようにしていました」(30代ママ)

女の子のオムツ替えをするときは、拭き方に気をつけていたママがいるようです。デリケートな部分なので優しく拭き取り、ママ以外にオムツ替えをしてくれる家族にも、きちんと拭き方を伝えるようにしたというママの声もありました。

赤ちゃんが心地よいオムツ替えをしよう

赤ちゃんとママ
iStock.com/kokouu

新生児の頃など、オムツの替え方が間違っていないのかなど気になるママもいるようです。おへそや太もも周りがきつすぎないようにつけ方を確認するとよいかもしれません。オムツ替えをするときは、男の子や女の子別に拭き方にも気をつけながら、赤ちゃんが気持ちよくすごせるようにオムツ替えができたらよいですね。

2018年10月16日

家族の関連記事
カテゴリ一覧