音楽にちなんだ名付けや希望をイメージした名付け。男の子と女の子それぞれの名前を紹介

音楽にちなんだ名付けや希望をイメージした名付け。男の子と女の子それぞれの名前を紹介

生まれてくる子どもの名前には、パパとママの願いを込めた素敵な名前をつけてあげたいですよね。今回の記事では、「音楽」にちなんだ名付けや「希望」をイメージした男の子女の子それぞれの名前をご紹介します。

イメージから考える名付け

子どもが生まれてくるときに、パパとママが最も慎重に用意することは、子どもの名付けではないでしょうか。子どもの成長した姿をイメージしたり、こういう人になってほしいという願いを込めたりと、名前を考える過程はパパとママにとっても幸せな時間ですよね。

今回の記事では、「音楽」にちなんだ名前と「希望」をイメージした名前をご紹介します。音楽から受ける「楽しい」「和む」というイメージから「音楽」にまつわる名前を選んだり、子どもの将来を願い「希望」という言葉からイメージされる名前を選ぶこともあるようです。まわりのパパとママたちはどのような名前を選んだのでしょうか。

「音楽」からイメージした名付け

音楽にまつわる言葉や、音楽から受ける楽しいイメージを名前に込めたいと考えるパパやママもいるのではないでしょうか。音楽からイメージして名付けをした名前をご紹介します。

「彩音(あやね)」

「音楽のように色鮮やかで豊かな人生を歩んでほしいという願いを込めて『彩音』と名付けました」(30代ママ)

「音」と「楽」の漢字をどちらか一文字を取り入れて名付けをしたというパパとママもいるようです。

男の子の名前には「匠音(しおん)」「楽人(がくと)」「悠楽(ゆうら)」、女の子の名前には「音羽(とわ)」「美音(みおん)」「歌音(かのん)」などがあるようです。

「音」と「楽」という漢字を名前に取り入れることで、音を楽しむように人生を楽しんで生きてほしいという願いを込めることができそうですね。

「奏汰(そうた)」

iStock.com/PeopleImages

「音楽のように、周りの人たちを和ませたり癒やすことのできる優しい男の子になってほしいと思い、『奏でる』という漢字を使って『奏汰』と名付けました」(20代ママ)

「奏」「響」「律」「拍」など音楽にまつわる漢字を取り入れて、名前を考えたパパやママもいるようです。

男の子は「律希(りつき)」「拍斗(はくと)」「響己(ひびき)」、女の子は「奏絵(かなえ)」「律香(りつか)」「響佳(きょうか)」などの名前があるようです。

音楽のように影響力のある人に育ってくれると嬉しいですね。

「美琴(みこと)」

「美しく人を惹きつけるような素敵な女性になってほしいと思い、琴の美しい音色のイメージから『美琴』と名付けました」(40代パパ)

「弦」「絃」「琴」「鼓」など、楽器にまつわる漢字を名前に使うこともできそうです。

男の子は「弦(ゆずる)」「真琴(まこと)」「鼓多朗(こたろう)」、女の子は「千弦(ちづる)」「和鼓(わこ)」「絃葉(いとは)」などの名前があるようです。

楽器の持つしなやかさや力強さが名前からイメージでき、人を惹きつける魅力あふれる人に育ってほしいという願いもこめられそうですね。

「謡歌(ようか)」

「私自身が歌をうたうのが大好きだったので『謡歌』と名付けました。歌を歌うように、明るく朗らかな女の子に育って欲しいと思っています」(30代ママ)

「うた」という意味を持つ漢字には「歌」以外にも「詩」「唄」「謡」などがあるようです。

これらの漢字を取り入れた名前として男の子は「詩門(しもん)」「歌寿(かず)」「謡太(ようた)」、女の子は「詩織(しおり)」「明歌音(あかね)」「唄乃(うたの)」などがあるようです。

豊かな感受性と表現力を持った人になってほしいという願いを込めることができそうです。

「希望」からイメージした名付け

iStock.com/hichako

子どもの将来にさまざまな願いを込めて、希望をイメージさせる名前をつけたいと考えるパパとママもいるのではないでしょうか。希望をイメージした名前をご紹介します。

「望央(みお)」

「多くの才能を持ち、希望に満ち溢れた人生を送ってほしいという思いを込めて『望央』と名付けました」(30代パパ)

「希望に満ち溢れた人生を歩んでほしい」という願いを込めてつけた名前には、他にも、男の子は「樹希(いつき)」「巧望(たくみ)」、女の子は「希来里(きらり)」「望愛(のあ)」などがあるようです。

「希望」と書いて「のぞみ」や「のあ」と読む場合もあるようです。

「陽翔(あきと)」

「夢を持ち目標に向かってがんばる子になってほしいねと夫婦で話していました。大きく羽ばたいていくイメージから『陽翔』と名付けました」(40代パパ)

「広い世界へ向かって羽ばたいてほしい」という思いを込めて、男の子は「翼(つばさ)」「朝飛(あさひ)」「透羽(とうは)」、女の子は「翼沙(つばさ)」「彩翔(あやか)」「恋羽(こはね)」などの名前も選ばれているようです。

空を自由に飛び回る鳥のように、のびのびとたくましく成長してくれる姿を見せてくれると嬉しいですね。

「未駆人(みくと)」

「どんな事があっても諦めず、可能性を信じて未来を駆け抜ける強い男の子になってほしいという思いで『未駆人』と名付けました」(20代ママ)

「明るい未来に向けてまっすぐに走ってほしい」という願いから「未」や「来」の漢字を名前に取り入れるパパとママもいるようです。

男の子は「颯来(そら)」「天遥(たかはる)」「来人(らいと)」、女の子は「未来(みらい)」「来実(くるみ)」「心遥(こはる)」などがあるそうです。

子どもの明るい未来をイメージしながら名前を考える時間は、パパとママにとっても幸せな時間となりそうですね。

「夢香(ゆめか)」

「夢や希望を持ち続けるような素敵な女性になってほしいと思ったのと、女の子らしい響きの名前にしたくて『夢香』と名付けました」(30代ママ)

「夢を叶えて幸せな人生を歩んでほしい」という思いを込めて、男の子は「歩夢(あゆむ)」「創貴(そうき)」、女の子は「幸歩(さちほ)」「進乃(ゆきの)」「茉叶菜(まかな)」などの名前を選ぶパパとママもいるようです。

夢に向かってひたむきにがんばる子に育ってくれるとよいですね。

イメージを膨らませて素敵な名付けをしよう

iStock.com/Satoshi-K

生まれてくる子どもの名前は、どのような人になってもらいたいかなどを考えながら、大きくなった姿をイメージしてつけてあげられるとよいですね。「音楽」にまつわる言葉からは楽しさや優しさ、強調性などを持った子に成長してほしいという願いを、「希望」をイメージする言葉からは夢や未来に向かって羽ばたいてほしいという願いを込めることができそうです。

男の子女の子、それぞれにあった素敵な名前を名付けられるとよいですね。

2018年09月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧