親子でお揃いの小物。選び方やさりげないコーディネート方法

親子でお揃いの小物。選び方やさりげないコーディネート方法

さりげないお揃いコーデのアイデア

親子でお揃いのコーディネートをしたいとき、どのような小物で揃えたらよいのか知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、親子でお揃いの小物を選ぶときのポイントや実際にお揃にした小物、さりげない親子お揃いコーディネートのコツについて体験談を交えてご紹介します。

親子でお揃いの小物を身につけたい

家族のスニーカー
Marcos Mesa Sam Wordley/Shutterstock.com

親子で出かけたり、家族写真を撮ったりするときに、お揃いの小物を身につけたいと考える方もいるのではないでしょうか。ママたちに話を聞いてみました。

30代ママ
さりげなく小物をお揃いにして、娘との親子コーデを楽しみたいです。お揃いの小物を選ぶときのコツなどがあれば教えてほしいです。
20代ママ
家族3人でお揃いの小物を身につけたいです。パパでも身につけやすいアイテムや家族でできるお揃いコーディネートが知りたいです。
親子でお揃いの小物を身につけたいとき、さりげないお揃いの親子コーデやパパも取り入れられるお揃いアイテムが気になるママがいるようです。実際に親子でお揃いの小物を身につけたことのあるママたちは、どのようなポイントを意識してお揃いコーディネートをしているのでしょうか。  

親子でお揃いの小物の選び方

親子でお揃いの小物を選ぶときのポイントをママたちに聞いてみました。

使いやすさを意識する

30代ママ
息子とのお揃いの小物は、日常的に使いやすい物を選ぶようにしています。遊ぶときなどのさまざまなシーンを想像すると選びやすいです。
40代ママ
使う機会がないままサイズアウトしてしまうこともあると思ったので、毎日身につけても飽きないものを選ぶようにしています。普段の洋服とコーディネートしやすいベーシックなデザインのものがよいと思いました。
シーンやデザインなど、身につけやすさを意識して小物を選ぶママがいました。子どもが身につけることを嫌がらないかどうかをポイントに選ぶこともできそうです。

子どもといっしょに選ぶ

20代ママ
親子でお揃いコーデをしたいとき、娘といっしょに小物選びをします。いろいろなコーディネートの組みあわせを考えながら買い物できるので親子の楽しい時間です。
30代ママ
お揃いのアイテムを息子に選ばせると、身につけるときも嬉しそうにしてくれます。着替えや準備もスムーズにでき、お揃いの小物を取り入れてよかったと感じています。
お揃いの小物を選ぶとき、子どもといっしょに選ぶことを大切にしたママがいました。お揃いの小物をハンドメイドするときに、子どもに生地を選んでもらったというママの声も聞かれました。

お揃いアイテムのあるブランドをチェックする

20代ママ
お揃いの小物を取り扱っているブランドをチェックします。季節によっていろいろな小物があるので、新作などをチェックするのが楽しみです。
20代ママ
雑誌やSNSで親子のお揃いコーディネートをチェックして、紹介されているブランドを参考にしています。組みあわせも真似できて、初心者の私でも取り入れやすかったです。
親子のお揃いコーディネートを楽しんでいるママのなかには、お揃いの小物が揃ったセレクトショップを利用している方もいるようです。プリントサービスを利用してオリジナルのお揃いグッズを作るのもすてきですね。

親子でお揃いにした小物

家族でお揃いの靴下
Enrique Ramos/Shutterstock.com

実際に、お揃いにした小物をママたちに聞いてみました。

アクセサリー

30代ママ
ハンドメイドでヘアバンドを作って親子お揃いコーディネートにしました。娘も嬉しそうでペアルックの楽しさを感じられました。
アクセサリーで親子お揃いコーディネートをするために、ヘアバンドを手作りしたママがいました。他にも、ニット帽やキャップなどの小物は家族でお揃いにしやすいといったママの声がありました。 

靴や靴下

30代ママ
息子がたくさん歩けるようになってきたのでスニーカーを親子お揃いで購入しました。動きやすく、気軽にペアルックできるので気に入っています。
30代ママ
デニムと靴の隙間からさりげなく赤色の靴下が見えるコーディネートを息子としました。見える範囲が少なく主張しすぎないので、ママ友に「真似したい!」と褒めてもらいました。
親子で靴や靴下をお揃いにしたママがいました。足元をペアルックにするだけで、出かけるのがますます楽しくなりそうですね。 子どものサイズや履きやすいものを選び親子で色や柄をあわせると取り入れやすいかもしれません。 

バッグ

30代ママ
娘とは、親子でお揃いのバッグを取り入れてコーディネートすることが多いです。身につけやすいショルダーバッグやリュックを選ぶようにしています。
親子でお揃いのバッグを取り入れているママがいました。リュックは、パパもお揃いで取り入れやすく、荷物も分担できるといったママの声もありました。

親子でさりげなくお揃いを取り入れるコツ

親子でさりげなくお揃いを取り入れるときのコツをママたちに聞いてみました。

色や柄を揃える

20代ママ
家族で緑のタータンチェック柄のマフラーをお揃いで身につけました。落ち着いた色のものにしたので、普段使いもしやすくみんなが気に入っているお揃いアイテムです。
色や柄をお揃いにしたママがいました。コーディネートの組みあわせ方や落ち着いた色味の小物を選ぶことで、さりげない親子のお揃いコーデを楽しむことができるかもしれません。

同じ素材をあわせる

30代ママ
娘とウール素材のベレー帽をよく身につけます。色違いでも素材をあわせるとお揃いな印象になり、娘も嬉しそうにかぶってくれます。
さりげないお揃いコーディネートで素材をあわせたママがいました。他にも、ムートンブーツやフリース素材のネックウォーマーなどさまざまなお揃い素材の小物を取り入れているママの声が聞かれました。

親子でお揃いの小物を身につけよう

ママと娘の親子お揃いコーデ
Syda Productions/Shutterstock.com
親子でお揃いの小物を選ぶとき、身につけやすさや子どもといっしょに選ぶ、雑誌やSNSなどの親子お揃いコーデを参考にするといった声が聞かれました。アクセサリーや靴、バックなどはお揃いにしやすい小物かもしれません。

ママたちのさりげなくお揃いを取り入れるコツなども参考に、親子でお揃いのコーディネートを楽しめるとよいですね。

2020年02月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧