女の子に和風な名前をつけたい。名づけのポイントについて

女の子に和風な名前をつけたい。名づけのポイントについて

和風な名前を参考にして名前をつけよう

女の子に和風な名前をつけたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。名づけをするときに気をつけるポイントが知りたい場合もあるでしょう。今回は、女の子につける和風な名前や名づけのポイントについてご紹介します。

女の子に和風な名前をつけたい

子どもの誕生を待ちわびるママやパパのなかには、女の子に和風な名前をつけたいと考える方もいるのではないでしょうか。

和風な名前を考えるときに、どのようなことに気をつけるとよいのか気になる場合もあるかもしれません。名前は大切な子どもへの最初のプレゼントなので、慎重に選びたいですよね。

今回は、女の子につける和風の名前や、名づけのポイントをご紹介します。

女の子につける和風な名前

女の子につける和風な名前をご紹介します。

和の雰囲気がある漢字を取り入れた名前

和
Sean Pavone/Shutterstock.com
子どもに和風な名前をつけたいママやパパは、「鈴」や「結」、「京」などのように和な雰囲気を持つ漢字を使うとよいかもしれません。

和風な雰囲気の漢字は、1文字で名前に使ってもよいでしょう。女の子らしさのなかに、凛としたかっこよさを感じられそうですね。漢字の意味や歴史などが伝わりやすいので、しっかりと調べてから名前に取り入れられるとよいでしょう。

止め字を使う名前

和風の名前として、「桃子」や「優子」などのように「子」を使った名前を思い浮かべるママもいるでしょう。「子」がつく名前は、昔から皇族の女性に贈られるという歴史があるため、上品な印象を与えられるかもしれません。

「乃」という漢字も和風な名前として親しまれているようです。「愛乃」や「夏乃」など、「乃」を止め字として使う名前はかわいらしいイメージがありますよね。

そのほかにも、「緒」や「月」などの止め字も和な雰囲気を感じられるでしょう。止め字を工夫して和風なかわいらしい名前をつけられるとよいですね。

花や草木の名前を取り入れた名前

日本ではお花見をしたり、紅葉を見たりして四季を楽しむ文化があるので、花や草木に関する漢字を名前に使うと和風な雰囲気が感じられるかもしれません。

「桜」や「椿」などの花の名前や、「楓」や「紅葉」などの草木の名前を取り入れると、日本らしさが引き立つ名前をつけられるでしょう。女の子らしさやかわいらしさも感じられますよね。

季節をイメージできる名前

冬生まれの子どもの名前に、「冬」や「白」という漢字を入れたというママがいました。日本では四季の移ろいを大切にする人が多いため、和風の名前をつけたいときは、春夏秋冬を連想させる漢字を取り入れるとよいかもしれません。

暖かくなってきて花が咲く春をイメージさせる「陽」や「咲」、爽やかな夏を感じさせる「涼」や「澄」、「紅」や「月」などの漢字は秋らしさを連想させるでしょう。それぞれの季節が連想できるような漢字を使った名前をつけてみてはいかがでしょうか。

女の子に和風な名前をつけるときのポイント

赤ちゃん
Hannamariah/Shutterstock.com
女の子に和風な名前をつけるときはどのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。名づけポイントをご紹介します。

画数やバランスを意識する

女の子に和風な名前をつけるときに、「姓名判断を参考にした」「苗字とのバランスを考えて、名前の文字数を考えた」という声がありました。

苗字がシンプルだから名前に画数の多い漢字を使いたい、漢字1文字の苗字だから名前は2文字以上使いたいなど、苗字と名前のバランスを考えるママやパパもいるでしょう。

姓の総画数や名前の合計画数などを数えて運勢を占う姓名判断を参考にしながら、バランスのよい名前をつけられるとよいかもしれません。

漢字の意味を調べる

名づけ本やインターネットを用いて漢字の意味を調べて名前をつけたママがいました。「こんな子に育ってほしい」「こんな人生を歩んでほしい」という願いを、漢字に込めて名づけをしたいと考える場合もありますよね。

漢字の意味をしっかりと調べたり、漢字の組み合わせを考えたりしながら、名づけができるとよいですね。

名前の響きに気をつける

呼びやすさや、年を重ねても違和感がないことを重視し、響きが和風になる名前をつけたママがいました。年配の方にもかわいがってもらいやすいように、漢字はもちろん、響きに気をつけて子どもの名前をつけたという声もありました。

そのほかにも、苗字と名前を読んだときにバランスのよい響きになることや、呼びやすい愛称であることも、名づけの大切な要素かもしれません。周りの人から親しまれる名前を考えられるとよいですね。

女の子に和風な名前をつけよう

家族
Monkey Business Images/Shutterstock.com
女の子に和風な名前をつけるときは、和の雰囲気を持つ漢字や、「子」や「乃」などの止め字を使うとよいようです。花や草木の名前を取り入れたり、赤ちゃんが生まれた季節を連想させる名前を使うのもよいかもしれません。

名前にふさわしい漢字かどうか意味を調べたり、「こんな子に育ってほしい」という願いを込めるとよいでしょう。女の子に和風な名前をつけるときは、苗字と名前のバランスや画数、名前の響きなどに気をつけて、名前をつけられるとよいですね。

2020年02月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧