共働きで2人目を考えるタイミングはいつから?ママたちに聞く、時期

共働きで2人目を考えるタイミングはいつから?ママたちに聞く、時期

2人目妊娠に向けてことやったこ

共働きで2人目の子どもが欲しいときに、妊娠のタイミングが気になるママもいるかもしれません。2人目がいるとどのようなことが大変か知りたいこともあるでしょう。今回は、共働きで2人目を考えたタイミングや妊娠に向けてしたこと、2人目を出産して感じたことについてママたちの体験談をご紹介します。

共働きで2人目を考えたタイミングとは

子どもが好きだったり自分に兄弟がいると、自然と「2人目が欲しい」と考えるママやパパは多いのではないでしょうか。
 
共働きで、2人目を妊娠するタイミングに悩むこともあるかもしれません。
 
どのようなタイミングで2人目を考えたのか、共働きのママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもの年齢が2歳に近づき意思疎通しやすくなってきたときに、10歳年上のパパの年齢も考えて、早めに2人目が欲しいと思いました。
30代ママ
子どもが2歳で卒乳したときに、2人目を考えました。パパも同じ考えだったのでうれしかったです。
30代ママ
妊娠できる年齢について不安があったので、上の子が1歳になった時点で2人目を考えていました。
上の子が1~2歳になり子育てが落ち着いてくると、2人目を考える共働きのママが多いようです。2人目を産もうか迷っているママも、先輩ママたちの体験談を知ることで、決断できることもあるかもしれませんね。

共働きのママたちが2人目妊娠に向けてしたこと

妊娠
Africa Studio/Shutterstock.com
2人目妊娠に向けてしたことについて、共働きで2人目がいるママたちに聞いてみました。

妊活アプリを使って妊活した

30代ママ
1人目は自然に妊娠できたのですが、2人目のときは上の子のお世話が生活の中心にあったので、妊活アプリを使って効率よく妊活をしました。
妊活アプリは、排卵日の予測ができたり、妊娠しやすい日を夫婦で共有することもできるようです。共働きで夫婦の時間が少ないときに役立ちそうですね。

子どもの年齢差を調整した

30代ママ
早く2人目を産んで外で働きたいと思っていましたが、年子はお世話が大変と聞いたことがあったので、子どもの年齢差は2学年離そうと考えました。2学年差のなかでもできるだけ早いタイミングである4月の出産を目指して妊活し、その結果、5月に次女を出産しました。
早く働きたいと考えたり、子育てのしやすさや学費の面を考えたりして、年齢差を気にするママは多いかもしれません。
 
その他に2人目妊娠に向けてしたこととして、 上の子を預けやすいよう祖父母とすごすことに慣れさせたり、保健センターや保育園の先生に相談したりするママもいるようです。
 
保健センターや役所では、2人目の出産で受けられる支援や、兄弟で保育園へ通うための入園申し込みなどについて、詳しい情報を教えてくれそうですね。

共働きのママたちが2人目を妊娠、出産して感じたこと

赤ちゃん
szefei/Shutterstock.com
2人目を妊娠、出産して大変だったことやよかったことについて、共働きで2人目がいるママたちに聞いてみました。

大変だったこと

30代ママ
上の子の赤ちゃん返りとイヤイヤ期が重なって、2人目の産後すぐは大変でした。
30代ママ
上の子が『抱っこしてほしい』と赤ちゃん返りをして大変でしたが、しばらくすると落ち着きました。
30代ママ
次女出産の前日から長女が保育園に通い始めたのですが、保育園に慣れず、私が入院して家にいないのでフォローできることも少なく、一気に長女との信頼関係が崩れました。話しかけても拒否されることがあり、それが1番つらかったです。
上の子の赤ちゃん返りが大変だったというママの声が複数ありました。2人目ができると、上の子が「ママを取られてしまう」と不安に感じることもあるかもしれません。
 
2人目の子にかかりきりにならないよう、上の子も抱っこしたり、いっしょに遊ぶなどして上の子の気持ちに寄り添えるとよいですね。
 
2人目妊娠中のつわりの時期に、仕事や上の子のお世話をすることが大変で、仕事を休んだり辞めたりする共働きのママもいるようです。

よかったこと

30代ママ
下の子がハイハイや立っちなどできることが増えるにつれ、上の子がいっしょに遊ぼうと誘ってくれるようになりました。2人が楽しそうに笑っているのを見ると、2人目を産んでよかったなと思います。
30代ママ
うちの子どもは兄と妹なのですが、上の子が妹のことをとてもかわいがっています。妹のオムツを運んでくれたり布団をかけてくれたり、お手伝いをしてくれる姿がうれしいです。
30代ママ
姉妹で遊んだり、喧嘩をしたり助け合ったり、2人でいつも密にすごしているので絆が強いです。いっしょに考えて成長していってくれるので、2人産んでよかったなと思います。
2人目ができると、兄弟で仲良くすごせるところがよかったというママの声が複数ありました。子どもが大きくなってからも、兄弟はお互いにかけがえのない存在になりそうですね。

共働き家庭に合った2人目の計画を考えよう

子ども
sukiyaki/Shutterstock.com
今回は、ママたちの体験談をまじえながら、共働きで2人目を考えたタイミングや妊娠に向けてしたこと、2人目を出産して感じたことをご紹介しました。
 
妊活をしたり年齢差を考えるなど 、2人目妊娠に向けて行動したことがある共働きのママは多いようです。
 
2人目を産むべきか悩むときは、情報を集めたり解決方法を探したりすることで、前向きになれたり物事が進展することもあるかもしれません。
 
夫婦でよく話し合い、共働き家庭に合った2人目の計画を考えることができるとよいですね。

2020年01月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧