子育て中にワンオペ育児だと感じるとき。疲れたときに心がけたこと

子育て中にワンオペ育児だと感じるとき。疲れたときに心がけたこと

ママたちが考えるワンオペとは

ママのなかには自分の子育ての環境が「ワンオペなのでは?」感じている方もいるかもしれません。この記事では、ママたちが考えるワンオペとはどういう状況か、ワンオペ育児に疲れたりイライラしたりしたときにママたちが心がけたことなどについて体験談を交えてご紹介します。

ママたちが考えるワンオペとは

ワンオペの経験や大変だと感じたこと、乗り越え方などをママたちに聞いてみました。ママたちの中には「ワンオペとはどういう状況なのか」「自分の子育て環境はワンオペなのでは?」と気になっている方もいるのではないでしょうか。また、他のママたちがどのような環境で子育てをしているのか、ワンオペの状況のときにどのように乗り越えているのか、知りたいと考えることもあるかもしれませんね。

ワンオペとは「ワンオペレーション」の略語で、子育てにおいてママやパパが子どものお世話や家事などを、1人で行っていると感じるときに「ワンオペ育児」と使われるようになりましたが、どのような状況を「ワンオペ」と感じるのかは、ママやパパによってさまざまなようです。

ママたちが「ワンオペ育児」だと感じる状況

ママたちはどのような状況のときにワンオペ育児をしていると感じるのでしょうか。

夫が仕事で家にいない

30代ママ
夫は単身赴任で海外に住んでいます。1人で2人の子どものお世話をしていると、仕事や家事、育児で毎日に余裕がなく、たまに夫に「ワンオペの子育てが大変」と話を聞いてもらっています。
パパが単身赴任で遠方に住んでいるなどの理由から、ワンオペ育児だと感じるママがいました。パパの仕事が忙しいので家にいる時間が短く、家事や育児を全部任されている状態でも、ワンオペだと感じるママもいるようです。

周りに頼れる人がいない

20代ママ
我が家は両親とも家が遠く、手助けを求めることができません。両親に協力してもらえるというママ友の話を聞くと、うらやましく思うこともあります。
両親の家が遠く頼ることができない場合や、引越したばかりでママ友もいない状況だと、ワンオペ育児だと感じやすくなるというママがいるようです。気軽に相談できたり、頼れたりする場所があると、ママの気持ちも楽になるかもしれませんね。

ママたちがワンオペ育児で大変だと感じたシーン

部屋が散らかっている様子
wavebreakmedia/Shutterstock.com

ママたちがワンオペ育児が大変だと感じるのは、どのようなシーンでしょうか。

自分が病気でも休めないとき

40代ママ
自分が風邪をひいて高熱が出たとき、いっしょに家にいた子どもも熱を出してしまいました。自分のことは後回しにして、子どもを病院に連れて行ったことがあります。
ワンオペ育児で、自分が病気でも休めない状況がつらかったと感じるママがいました。ゆっくり休んで早く治したほうがよいとはわかっているが、頼れる人がいないので困ってしまうという声もありました。

仕事と子育てのバランスを調整しなければいけないとき

20代ママ
家事と子育て、仕事で1日のスケジュールが埋まっているため、仕事でトラブルが起きても残業して対応することができません。職場のみんなに迷惑をかけていないか気になることもあります。
子育てがワンオペになっていると、突発的な状況への対応が難しく、仕事と生活のバランスを取ることが難しいと感じる方もいるようです。仕事が忙しいときに限って子どもが体調を崩し、もどかしい気持ちですごしたというというママの声もありました。

複数の子どものお世話をこなしているとき

30代ママ
ワンオペ育児のときに、年子の子どもたちが胃腸炎にかかったことがあります。下の子はおんぶ、上の子は抱っこという状態で、1人で夜間救急に連れて行きました。
複数の子どもをワンオペでお世話していと、ママの気持ちに余裕がなくなり、大変だと感じることもあるという声がありました。子どもによって異なる生活ペースにあわせる難しさもあるようです。

ワンオペ育児に疲れたと感じたときにママたちが心がけたこと

窓辺でお茶を飲む女性
Alena Ozerova/Shutterstock.com

ワンオペ育児に疲れたとき、ママたちはどのようなことを心がけているのでしょうか。

家族としっかり話しあう

20代ママ
夫に対して「何もしてくれない」とイライラしていましたが、夫婦で話しあいの時間をもったときに夫に素直に伝えると、家事の一部を引き取ってねぎらいの言葉をかけてくれるようになりました。私の気持ちも落ち着いて、ワンオペだとは感じなくなりました。
パパと話しあって自分の気持ちを伝えたママがいました。家事や育児の内容をリスト化し、どのようにしたら円滑に生活がまわるか具体的にパパと話しあったというママもいるようです。

1人で抱え込まず広く協力を求める

40代ママ
保育所の一時預かりやベビーシッター、子育て支援センターなどの情報を集め、自分が頼れる環境を1つでも多く持つことを心がけました。ワンオペ状態が苦しくなる前に、周囲にヘルプを求めることが大切だと感じています。
普段から子育てをサポートしてくれるものを調べておき、ワンオペで大変だと感じたときに利用するようにしたママもいるようです。がんばりすぎず、助けを求めることも大切かもしれません。

家事のハードルを下げる

30代ママ
食洗機や乾燥機などの家電を購入しました。我が家には高価なものでしたが、家事が減り、私の気持ちに余裕が生まれたことでイライラしなくなりました。
家電や便利グッズを使って、毎日の家事の負担を減らすようにしたママがいました。お惣菜を利用する、タイミングを決めて片づけをするなど家事に対する自分のハードルを下げたことで、気持ちが楽になったママもいるようです。

自分のことも大切にする

30代ママ
ワンオペ育児をがんばっている自分を認めて褒めるようにしたら、イライラすることも減りました。自分のことを大切にできるようになると、パパや子どものがんばっている姿にも目を向けられるようになりましたよ。
がんばっている自分を褒め、自分のことも大切にすることを心がけたママがいました。1日に10分、自分だけの時間を作ることを意識したママもいるようです。

ワンオペ育児は工夫をしながら

ガラス瓶に入ったピンクの花
Africa Studio/Shutterstock.com
ワンオペとはどういう状況なのか、どのような状況をワンオペと感じているのかは、ママたちによって違いがありそうです。ワンオペ育児が続くと、イライラしたり疲れたと感じたりすることもあるかもしれません。周囲に助けを求めたり、家事のハードルを下げたりして、がんばっている自分自身を大切にしながら子育てができるとよいですね。

2020年01月09日

専門家のコメント
18
    ぽんた先生 保育士
    美容院とか行きたくても、夫に都合のお伺いをたてないといけないことかなあ。ワンオペっていうより、不平等感が強いっていうか、、、。いまは、子どもたちも大きくなってきたので、美容院にも行きやすくなってきたけど、子どもたちが小学校低学年くらいまでは、わざわざ有給とって美容院いくとかしていました。夫は、ふらっと買い物でもなんでも行ってそれが当たり前みたいな顔してるし、家族で出かけるときも、こっちは自分と子どもたちの荷物とか全部用意してるのに、夫の方が支度が遅くては待たされて、待ってる間に子どもたちはぐずるし、、、(T_T)と、いいだすときりがなくて、愚痴三昧になってしまいます。ママ友と発散するのが一番!私は、地域や職場のママ友にたくさん助けられています。
    あーちん先生 保育士
    夫の残業続きや飲み会で遅くなることが続くと、ワンオペだと思ってしまいます。。
    家事を行いながら、子どものお世話。。お風呂もゆっくり入れず、バタバタ準備をして寝かしつけ、、やっと少しひと段落したところで主人が帰ってきたり(笑)

    大変だなと思うこともありますが、子どもは可愛いので幸せです❤︎
    ワンオペだと思わない方は少ないのでは?!少しでも一人でリフレッシュできる時間があると気持ちも楽になります!
    すみっこ先生 保育士
    両家とも遠方、主人は夜勤者なので基本的に一人です。初めからそんな環境だったので、どこが大変かはあまりわかりません💦それよりも結婚して初めて地元を離れたので友だちもおらず寂しい方が強かったです😢 今は子どもを通して出来た友だちもいる。子どもたちとの生活も落ち着いている。なのでワンオペ育児に疲れはありません✨主人が休みの日はペースが乱れるので逆に大変です😂💦
    KST 専門家
    ワンオペ育児。。。
    嫌な言葉だな。
    りお先生 保育士
    ワンオペ育児だと思うと、自分がかわいそう、自分ばっかり、、という思いが生まれ、ますますイライラすると思います。
    まずは、これが自分の育児スタイル、自分の生活なんだと受け入れるところからスタートすべきだと思います。

    世の中、探せば自分より大変な人はたくさんいます。なので、自分はワンオペ育児で大変だと思わない、これが普通だと思うところからスタートすればいいと思います。

    その上で、夫の協力を得て、ファミサポを利用して、まわりに頼って、改善できることはないかどうかを考えていけばいいと思います。

    意識の上で、悲劇のヒロインにならないようにご注意ください!
    でぶいも先生 保育士
    家事は一緒にやってくれるのでとても助かりますが、仕事が忙しく子どもと接する時間が少ないので、子どもと2人だけで過ごしていると孤立感を感じていました。支援センターやママ友と積極的に会うようにして、みんな同じようにがんばっていることを知って励まされました。
    いちご先生 保育士
    我が家は、主人が夜勤で日中は仕事なので、基本的に私1人で年子2人を育てています。初めは大変だと思うこともありましたが、2人目が産まれてしばらくしてからは、子どもを寝かしつけた後の1人の時間を過ごすのが楽しみになりました。主人と過ごす2人の時間もいいですが、1人だと何も気にせず優雅に過ごせるのでおすすめです(笑)
    ちろちぃ先生 保育士
    出張続きで週末しかまともに子どもたちと主人が会ってないことが多くなると、ワンオペだなー…と思います。また、1人で出かけたいときは主人の都合に合わせて何週間も前から計画しなくてはいけないことも…
    でも日常生活はワンオペに慣れてくると自分のペースでできるので楽かも!と思うようにもなってきましたよ!
    りか先生 保育士
    子どもが乳児の時はワンオペ育児は過酷でこちらが泣きたくなってしまいます。
    しかし、5歳くらいを過ぎると自分でできることも増えて父親が不在の方が私のペースで物事を進めて行き、気兼ねなく生活でき快適です。
    しまこ先生 保育士
    出産後辛いときに遅い夫の帰りを待っていたら「待っていなくていいよ」と言われ絶望しました。夫の為だけに待っていた訳ではなく、助けて欲しかったのに「いいよ」っていう上からの許可発言にこいつにはもう一生頼らないと心に決めた瞬間でした。
    せおみ先生 保育士
    夫は平日休みで、ほとんど休みがありません。毎日子ども達が寝てからしか帰ってこないので、すべて1人です。休みの日、1人で遊びに連れて行くのはなかなか大変ですが、夫も遊んでいるわけではないので責めるわけにもいかないですよね。幸い、私の実家や姉妹が近くに住んでいるのでいざと言う時には助けてもらっています。
    家庭の事情は色々ですがそれぞれ大変な事もありますよね。でも、年配の方と話していると、子どもが小さかった頃は大変だったけど今思うと1番よかった。とよく話してくれます。きっと、大変だけど幸せな事なのだな。と思います。
    べこな先生 保育士
    普段は当たり前のようにこなしていることも、何かあったときに気持ちの処理が追いつかなくなることもしばしばあります。でも夫も一人で仕事に出て頑張ってくれています。頑張ってくれてるから今の暮らしが成り立つことを思えば感謝できます。それにこどもの何気ない仕草が可愛かったり圧倒的に自分のほうがたくさん見られます。しんどいときほど、思考を転換させることが大切です。意識してそうするようにしたら、とても楽になりました。
    とーち先生 保育士
    主人が出張で1週間以上居ない時。

    世の中にはもっと過酷な環境で子育てをしている方もいると思いますが、親も遠方の私としては正直しんどい(笑)

    イライラして、子どもに八つ当たりするのがいけないなぁと思うので、なるべく皆が楽しく過ごせるようにしています。

    子ども達から好きなメニューを聞いて、それを日替わりで作ったり。。

    いつもは食べない少しお高いヨーグルトを皆で食べたり。。


    お風呂の中でジュースを飲んだり。。ほぼ食べることですね(笑)

    食べることが好きな我が家はそんな感じです☆


    母親が笑顔でいることが子どもにも自分にも良いと思ってます。

    なので、気楽に過ごすようにしてまーす。
    こと先生 保育士
    夫の仕事が朝も早く夜も遅いので、平日はほとんどワンオペ育児です。
    日中、家にずっといるとしんどくなるので支援センターに出かけて子どももわたし自身も気分転換してます∩^ω^∩
    家事はミールセットや冷凍食品を使ったりして手を抜きます😊💕
    のんの先生 保育士
    わたしは、4人目を妊娠するまでワンオペでした。
    今まで、主人は朝7時に出勤し、よる10時以降に帰宅。月曜から土曜日までそういう毎日で、週休1日でした。

    日曜日は、家族みんなででかけていました。
    平日は朝起きて、ずっとずっとずっと動いていました。
    当時は、5歳の子だけが幼稚園にいっていたので、1歳・2歳の子は一日中家にいました。毎日お風呂、ご飯、日中の遊び本当に大変でしたが、大変すぎて、イライラしてたのか、どうかも覚えていません。
    ワンオペは、本当に記憶にないです。

    4人目を妊娠して、旦那が職を変更し、育児に協力的になってくれたので、こどもが増えた今の方が余裕のある育児ができています!
    めい先生 保育士
    母親が体調を崩すと、仕事をしていなくても赤ちゃんのお世話や自分のケア、ご飯の用意などすること気になることたくさんありますよね。頼れる人が近くにいない場合、一時預かりできる場所を探しておくのもいいですね。
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    人手不足が叫ばれる中、忙しすぎて会社にいる時間が長すぎるお父さんお母さんが増えてきました。その一方では お子さんに1人で向き合っているお父さんお母さんが増えているのもまた事実です。
    私自身、ベビーシッターをしていますので、基本的にワンオペ育児の親御さんのお手伝いをさせて頂くことが多いです。
    ワンオペは良くない事だ とは思いませんが、子どもとずっと向き合い続けるのはいくら親でも大変なこと。
    無理せず、頼って頂けたらなと思っています。
    あー先生 保育士
    ワンオペ育児のはなしはわたしのまわりのママさんからもよく聞きます。わたしも最近まではワンオペだなと感じることがありましたが、赤ちゃんのころよりも子どもが少しずつ成長してくると旦那さんが協力してくれることが多くなった気がします。

家族の関連記事

カテゴリ一覧