妊娠中に優しいと感じた旦那さんのエピソード。嬉しかった行動など

妊娠中に優しいと感じた旦那さんのエピソード。嬉しかった行動など

妊娠中に旦那さんとはどう向き合う?

妊娠中に旦那さんがしてくれた優しい行動で、嬉しかったことや助かったことなどは、ママのよい思い出として残っているのではないでしょうか。今回の記事では、妊娠中に旦那さんがしてくれた優しい声かけや助かった行動のエピソード、どうすれば夫婦円満ですごせるのかなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中のママを支えてくれる旦那さんの優しさ

Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中は体調のバランスや気持ちの変化も起こりやすい時期でもあるので、旦那さんの支えがあると嬉しいですよね。旦那さんの優しいエピソードだけでなく、妊娠中に旦那さんとの向き合い方で心がけたことを知りたいママもいるのではないでしょうか。妊娠中、ママが嬉しかった優しい旦那さんのエピソードや円満でいられるよう心がけたことを聞いてみました。

妊娠中に旦那さんを優しいと感じたエピソード

行動編

30代女性
「つわりでご飯のにおいがダメだった私に代わって、家事全般をやってくれました。申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが優しい旦那さんに甘えさせてもらいました。
20代女性
つわりでスイカしか受けつけなかった私のために、旦那さんが仕事帰りによくスイカを買ってきてくれました。連絡しておかずを買ってきてくれたり、遅くなる日は外で済ませたりといろいろ気遣ってくれました。
30代女性
妊娠中に足がつりやすくなった私に、毎晩マッサージしてくれた旦那さんには感謝しかないです。この人と結婚してよかったなと思いました。
40代女性
2人目の妊娠中、上の子をよく公園に連れて行ってくれたおかげででゆっくりすることができました。妊娠中、頭痛がひどかった私に静かな環境を作ってくれようとした旦那さんの優しさを感じました。
妊娠中は、思うように動けないようなときもあるのではないでしょうか。そのようなとき旦那さんの優しい行動に支えられるママもいるようです。申し訳なく感じたという声も聞かれましたが、素直に甘えてもよいかもしれませんね。

言葉編

30代女性
『なにもしなくてよいよ』『休んでて』という旦那さんの言葉に何度救われたかわかりません。赤ちゃんが生まれたら優しいパパになってくれそうだなと感じました。
20代女性
洗濯物をいつも2階に干しているのですが、カゴを2階に持って行くとき『危ないから毎回俺を呼んで』と言ってくれてウルッとしてしまいました。パパになる実感も湧いてきているのかなと感じました。
20代女性
妊娠を報告したとき、子どものように『やったー!よっしゃー!』と喜んでくれました。素直に喜んでくれてとても安心したし、出産への勇気にもつながりました。
優しい旦那さんの一言に感動するママもいるようです。妊娠中の旦那さんからの言葉が出産への勇気になったという声もたくさんあがりました。


サプライズ編

30代女性
 お腹をなでながら『はい!』と渡されたのが安産祈願のお守りでした。こっそり買いに行ってくれた優しい旦那さんのためにも出産をがんばろうと思えました。
30代女性
二人で行けるのは最後だからと、マタニティプランで旅行に連れていってくれました。ゆっくり楽しい時間をすごせて、お腹の子も喜んでいるかのようにたくさん動いていました。
20代女性
授かり婚だったのですが、『ちゃんと言っていなかったから』とバラを渡されプロポーズされました。改めてだったので照れましたがすごく嬉しかったです。
30代女性
旦那さんが、友だちから『妊娠中の奥さんに』ともらったノンカフェインのお茶をくれました。なんて優しい友だちだろうと感動して、そんな友だちをもった旦那さんのことも尊敬しました。
妊娠中に嬉しいサプライズを体験したママたちもいるようです。自分が言ったことを覚えていてくれた旦那さんの優しさが、プレゼント以上に嬉しかったというママの声もありました。


妊娠中旦那さんと円満にいるために心がけたこと

妊娠
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中の気持ちを、旦那さんに理解してもらいたいと思っているママも多いのではないでしょうか。体の変化とともに母親になっていくママとは違い、旦那さんにはなかなか伝わりにくい部分もあるのかもしれません。そこで妊娠中、夫婦円満でいられるためにママたちが心がけたことをまとめてみました。

気持ちを言葉にする

30代女性
体調が優れないときは素直に甘えさせてもらいました。察してくれるのを待つのではなく、〇〇してほしいなど言葉で伝えたほうが旦那さんも行動を起こしやすいようでした。
20代女性
感謝の気持ちを忘れないようにしてました。やってくれたことに『ありがとう』をなるべく言うようにしてました。そのおかげか妊娠中も旦那さんと円満にすごせました。
 お互いを思いやれる気持ちや、感謝の気持ちを言葉にしていたというママの声がありました。妊娠中の奥さんを助けたいけれど、何をしてあげたらよいか悩んでいる旦那さんもいるのではないでしょうか。お願いしたいことを言葉にしたり、メモに書いたりしておくと旦那さんにも伝わりやすいかもしれませんね。

知識をつけてもらう

30代女性
 旦那さんとパパママ学級に行きました。妊娠中のママが助かることなどが書かれた父子手帳をもらえて、第三者の口から妊娠中の大変さを教えてもらえたことで旦那さんも理解しやすかったようです。
30代女性
つわりがひどく入院したときのことも考え、ある程度の料理のレシピと子どもたちのタイムスケジュールを書いておきました。体調が悪いときも参考にしてくれて、出産で里帰りしたときも安心でした。
20代女性
妊婦検診に付き添ってもらいました。実際にエコーで赤ちゃんを見ると、旦那さんも実感が湧いたようで気遣ってくれるようになりました。
 どうしたら妊娠中に必要なサポートを理解してもらいやすいか、旦那さんの立場になって考えてみたというママの声もありました。市町村などで実施されているパパママ学級や、妊婦検診に付き添ってもらうとパパとしての知識が深まりやすいかもしれませんね。

夫婦円満にすごそう

妊婦さん
Africa Studio/Shutterstock.com
 ママたちが妊娠中に感じた優しい旦那さんのエピソードはいかがだったでしょうか。

ママへの思いやりが行動や言葉から伝わってきて嬉しかったという声が聞かれました。ママたちが妊娠中に心がけていたエピソードから、ストレスなく夫婦円満にすごせる秘訣を見つけてみてはいかがでしょうか。

これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、夫婦で支えあってすごせるとよいですね。

2019年11月11日

専門家のコメント
4
    あゆみ先生 保育士
    妊娠の可能性が分かった時、検査薬よりも病院に行こうと、急遽半休を取って翌日一緒に付き添ってくれました。普段は見せない即決力が嬉しかったのはもちろん、とても安心したのを覚えています。 つわりがひどかった時期は毎晩食べられるものを買ってきてくれたり自炊してくれたり、とにかく私の身体が休まるようにと家事を引き受けてくれました。 赤ちゃんのエコー写真も毎回嬉しそうに見て一緒に感動しています♡ 毎晩お腹の赤ちゃんに話しかけながら、私のことを気にかけてくれる旦那さんの優しさをいつも感じていて、感謝しかないです!!本当にこの人で良かったなと心から思います!!
    ちび先生 保育士
    検診には毎回付き添いをしてくれていたので、エコーでの赤ちゃんの成長にも気付きとても楽しみにしてくれていました。 また、つわりなどで体調が辛い時やお腹が張っている時などは積極的に家事をしてくれていました!
    はつみ先生 保育士
    つわりの時期は夕飯の準備や買い物に行ってくれて、体調がいい日には気分転換に、色々なところに連れて行ってくれました。 苦手な家事を率先してやってくれて、とっても甘やかされました。 毎日お腹に話しかけてくれて、歌を歌ってくれて、絶対いいお父さんになるなと思いました。 出産予定日近くに会社の飲み会があったのですが、心配だからと一緒にいてくれた事もとっても嬉しかったです。
    ぬーぬー先生 保育士
    夜中足がつった時はなにかあったのだろうと後ろから抱きしめてくれました。 初めての出産で不安だったけれども色々と理解して欲しいと思い、たまごクラブの付録についてたパパ育てのほんを手渡し読んでもらいました。

家族の関連記事

カテゴリ一覧