1歳の子どもの抱っこ事情。頻度や求めてくるとき、抱っこの仕方

1歳の子どもの抱っこ事情。頻度や求めてくるとき、抱っこの仕方

抱っこで大変に感じることやよかったこと

1歳になると、抱っこ紐を使っても寝ないことや、抱っこを嫌がることが出てきて悩むママもいるかもしれません。楽で簡単な抱っこの仕方や、他の家庭の抱っこの頻度が気になることもあるでしょう。今回は、1歳の子どもを抱っこする頻度や求めてくるとき、抱っこの仕方などについてママたちの体験談をご紹介します。

1歳の子どもの抱っこ事情とは?

赤ちゃんやママにとって抱っこは、安心できたり愛情を感じ合うことができ、子育てをするうえでなくてはならないものでしょう。

子どもが1歳頃になると、少しずつ話したり歩けるようになるなどできることが増えて、抱っこの仕方や頻度も変わってくるかもしれません。

1歳の子どもの抱っこ事情とは、どのようなものなのでしょうか。

1歳の子どもを抱っこする頻度や時間

1歳の子どもを抱っこする頻度や時間についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
1歳頃からは抱っこをしないと寝ないということがなくなり、抱っこの頻度が減りました。時間にすると多くても1日に1時間くらいだと思います。
30代ママ
歩けるようになってからは、抱っこの回数が減った気がします。今は、子どもから求められるよりも、私やパパから抱っこさせてと求める方が多いかもしれません。
30代ママ
1歳半をすぎてからは『そういえば今日ほとんど抱っこしてない』と思う日が多くなりました。
30代ママ
今子どもは1歳9カ月ですが、保育園の送り迎えや雨の日、歩き回るのを防ぎたいとき、甘えてくるときに抱っこします。1日の抱っこ時間は、抱っこ紐・普通の抱っこそれぞれ10〜30分くらいです。
1歳をすぎると、抱っこの頻度が減ったという声がありました。

子どもが1人で眠れたり、歩いたり遊べるようになると、ママやパパが楽に感じられることが増えそうですね。

1歳の子どもが抱っこを求めてくるとき

赤ちゃんの手
iStock.com/Xesai
1歳の子どもがどのようなときに抱っこを求めてくるかママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもにとってこわいことがあったときや眠いときに『抱っこ』と言ってしがみついてきます。
30代ママ
朝、保育園に行くのを嫌がってベビーカーを降りたがり、いっしょに歩こうとしても歩かない状態で、抱っこでないと行けない日が続いていました。そのうち保育園にも慣れ、歩いて行きたがるようになりました。
30代ママ
朝、保育園のインターホンを押す前、これからしばらく離れることをわかっているようで、いつも抱っこを求めてきます。
30代ママ
お気に入りの絵本や子ども番組を見るときは、抱っこがよいようです。
保育園を嫌がって歩かない状態になり、抱っこでないと行けなくなったという声がありました。

不安なことがあるときに抱っこを求めてくる子は多いようです。

子どもに安心感を与えられる抱っこは、求められたらできるだけ応えてあげたいですよね。

1歳の子どもの抱っこの仕方

1歳の子どもの抱っこの仕方についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
1歳頃から抱っこ紐を使うときは、前向き抱っこでないと嫌がるようになりました。眠いときは、対面の抱っこの方が寝やすいようです。
30代ママ
抱っこ紐を忘れて外出したときや自宅では、対面の抱っこをしています。立って抱っこするとき、子どもと目が合うくらいの位置で抱っこすると疲れにくいです。
30代ママ
0歳のときは座った状態での抱っこを嫌がることが多かったですが、1歳をすぎた今は、座った状態での抱っこが増えました。
1歳をすぎ好みが出てくると、前が見えにくい抱っこを嫌がることもあるかもしれませんね。

腰ベルトについている台座に子どもが座り、抱っこをサポートできるヒップシートを使うママもいるようです。

子どもが歩きたがり抱っこを嫌がるときや、疲れて歩かないときも、簡単に台座に乗り降りできるので便利かもしれませんね。

1歳の子どもの抱っこについてママたちが感じること

1歳の子どもの抱っこについてママたちが感じることをご紹介します。

大変に感じること

バスタオルに包まれた赤ちゃん
iStock.com/kuppa_rock
30代ママ
1歳をすぎ体重が10kg近くになると、抱っこ紐を使っていても重くて疲れやすいです。
30代ママ
抱っこ紐で外出するときに、欲しいものがあると手を伸ばして欲しがり、思い通りにいかないと暴れて泣くので大変に感じました。
30代ママ
食事のとき、子どもがちゃんと椅子に座らず抱っこで食べたがるので、親の食事がままならないことが多いです。
30代ママ
抱っこしてほしかったり嫌がったり、子どもの気分が変わりやすいのでわがままに感じるときがあります。
抱っこ中でも暴れて泣くことがあったり、抱っこで食事をしたがるという声がありました。

1歳になるとわがままな面が出てきて、子どもに合わせるべきか、甘やかさずしつけを意識すべきか悩むママもいるかもしれませんね。

よかったと感じること

30代ママ
保育園のお迎えのとき、私の方に走ってきて抱っこを求めてくるのが、かわいくて仕事の疲れが一瞬なくなります。
30代ママ
1歳になってから抱っこで寝ることはほぼなくなりましたが、最近、久しぶりに抱っこで寝たときがあり、懐かしくてうれしかったです。
30代ママ
他の人の抱っこは嫌がり、私の抱っこじゃないとだめなとき、愛着を感じてうれしいです。
子どもが抱っこを求めてくるとき、かわいくてうれしくなったという声が複数ありました。

抱っこは子どもにとってだけでなく、大人にとっても癒しになりそうですね。

抱っこでスキンシップをとり親子の絆を深めよう

赤ちゃんを抱っこするママ
iStock.com/polkadot
今回は、1歳の抱っこ事情について、頻度やどのようなときに求めてくるか、抱っこ紐などを使った抱っこの仕方、大変なことやよかったことをご紹介しました。

1歳をすぎ簡単に動き回れるようになると、抱っこされることを嫌がることもあるようです。

子どもが泣くほど不安なときや甘えたいときは、抱っこをして気持ちを受け止めてあげることが、親子の信頼を築くためにも大切かもしれません。

抱っこでスキンシップをとり、子どもとの絆が深まるとよいですね。

2019年11月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧