幼児といっしょに行くレストラン。遊び場があるなどお店の選び方

幼児といっしょに行くレストラン。遊び場があるなどお店の選び方

幼児とレストランに行くときに意識すること

幼児といっしょにレストランで食事をしたいと考えたとき、子どもが食事中遊びたくなってしまわないかなど気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、子どもが遊べるスペースがあるなどのお店の選び方と、レストランに行くときに考えたいことや、レストランで気をつけたいことについてご紹介します。

幼児とレストランに行くとき

ママ友同士や家族の記念日などに、幼児を連れてレストランで食事をしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに話を聞くと、幼児を連れて行く場合はどのようなお店を選んだらよいかや、事前に考えておくことなどが気になるという方もいるようです。

ママのなかには、レストランで食事をするときに気をつけたいことが知りたいという声もありました。

ママたちは、幼児といっしょにレストランで食事をするとき、どのようにしているのでしょうか。

幼児と行くレストランの選び方

幼児といっしょにレストランに行くとき、どのようなお店を選んだらよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちにお店選びのポイントを聞いてみました。

個室がある

20代ママ
ママ友とレストランで食事をするときは、個室のあるお店を選ぶようにしています。個室だと、他のお客さんに気を遣うことなく、子どもたちが持ってきたおもちゃを広げて遊ぶことができるので、私たちはゆっくりと食事ができます。
子どもが遊んでいても周りに迷惑がかからないように個室のあるレストランを選ぶと、ママたちはゆっくりと食事やおしゃべりを楽しむことができるかもしれませんね。

ママのなかからは、個室のあるレストランは限られているので、事前に予約するという声も聞かれました。

子ども用メニューやサービスがある

お子様ランチ
© nori5488 - Fotolia
30代ママ
子どもとレストランに行くときは、幼児用のメニューがあるお店を選びます。ママ友からお店情報を教えてもらったりインターネットなどで調べたりしています。
40代ママ
幼児用の椅子や食器を用意してくれるお店に行きます。予約をするときなどに伝えて事前に準備してもらうと、レストランに行ったときスムーズに食事ができます。
子どもも食事を楽しめるように、幼児用メニューや食器などが準備されているお店を選ぶこともポイントのひとつかもしれません。ママのなかからは、子連れ客への対応が親切なお店を選ぶという声も聞かれました。

子どもの遊び場がある

40代ママ
うちの子は自分が食べ終わると待っていられない性格なので、外食をするときは遊び場のあるレストランを選びます。おもちゃや絵本が用意されていると食べ終わった後すぐに遊べるので嬉しそうです。
子どもが飽きないように遊び場のあるレストランを選ぶのもよいかもしれません。ママのなかには、家とは違ったおもちゃで遊べるので、子どもは遊び場のあるレストランに行くのを楽しみにしているという声もありました。

幼児とレストランに行くとき考えたこと

幼児といっしょにレストランに行くとき、事前に考えておきたいことをママたちに聞いてみました。

食事に行く時間

40代ママ
うちの子は幼稚園でお昼寝をしているためか13時頃になると眠くなるようなので、レストランに行くときは子どもが眠くなる前に食事が終わるような時間を考えて行きます。お腹いっぱいになって、帰りの車のなかでぐっすり眠るのがいつものパターンです。
30代ママ
幼児を連れてレストランに行くときは、なるべくお店が空いている時間帯に行くようにしています。お客さんが少ないとスタッフの方たちに余裕があるのか、子どもに気を配ってくれるように感じます。
子どもの機嫌のよい時間帯やお店の空いている時間帯などを、食事に行く時間を考えているママもいるようです。ママのなかには、ディナーよりもランチの方がカジュアルな雰囲気なので、お昼の時間帯に行くという声もありました。

子どものぐずり対策

折り紙
iStock.com/SetsukoN
20代ママ
レストランで食事をするときは、子どもが飽きないようにおもちゃを持って行きました。シールブックや折り紙などテーブルの上で遊べるおもちゃを選んだところ、静かに集中して遊んでいました。
子どもがレストランで飽きないように、ぐずり対策を考えておくことも必要かもしれませんね。ママのなかには、動画を見るためにタブレット端末を持っていったりお菓子を用意したりしたという声もありました。

レストランによっては、飲食物の持ち込みができない場合もあるようなので、お菓子を持っていく場合は事前に確認しておくとよいかもしれません。

幼児とレストランに行くときに気をつけたこと

幼児を連れてレストランに行くときは、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。ママたちに、幼児連れでレストランに行ったときに意識したことを聞いてみました。

周囲への気遣いをする

30代ママ
レストランには、私たち以外にたくさんの人が食事をしていたので、大きな声で騒がないように気をつけました。子どもは楽しくなると大きな声が出てしまうことがあったので、その都度「もう少し小さな声でお話しよう」と声をかけました。
他の人の食事を邪魔しないように、周囲への気遣いは大切かもしれませんね。ママのなかには、子どもが泣いたときは外に出て、落ち着いてから席に戻るようにしたという声もありました。

ドレスコードを意識する

40代ママ
結婚記念日のお祝いにフォーマルなレストランに行ったときは、大人だけでなく子どももきちんとした服装にしました。おしゃれをして素敵なレストランに行ったら子どもは「◯◯ちゃん、お姫様だね」と言って、いつもより上品に振る舞っていました。
レストランの雰囲気にあわせたドレスコードで食事に行くことを意識しているママもいるようです。ママのなかからは、遊び場のあるレストランには、動きやすい服装で行くという声も聞かれました。

後片づけをする

20代ママ
子どもが食事をした後はテーブルが食べこぼしで汚れるので、帰る前に紙ナプキンで軽く拭き取ります。お店の人がきれいにしてくれると思いますが、散らかしたらある程度は片づけるようにしています。
自分が散らかしたものを片づけることは大切かもしれませんね。他にも、自分たちが持ってきたものは持ち帰っているというママの声もありました。

幼児とレストランで楽しい食事をしよう

レストランで食事をする女の子
© shirohige - Fotolia

幼児といっしょに行くレストランは、個室や遊び場があるかなどをポイントに選ぶとよいようです。幼児とレストランに行くときは、食事に行く時間帯や遊べるものを持っていくなど、ぐずり対策を事前に考えるとよいかもしれません。

周りの人への気遣いも忘れずに、幼児といっしょにレストランで楽しい食事ができるとよいですね。

2019年10月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧