おくるみでの赤ちゃんの包み方とは。包むときに意識したこと

おくるみでの赤ちゃんの包み方とは。包むときに意識したこと

正方形や長方形での包み方のコツ

おくるみを使うとき、赤ちゃんの包み方が気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、退院時や寝かしつけなどおくるみを使うシーンや、正方形のおくるみでの包み方の手順、腕や足の位置などママたちが意識したことやバスタオルなどの代用についてご紹介します。

おくるみで赤ちゃんを包むとき

出産準備アイテムのひとつとして、おくるみを用意しようか考えたとき、どのようなシーンで使うのか気になるママもいるのではないでしょうか。実際に、ママたちがどのようなときにおくるみを使ったのか聞いてみました。

「私の場合、出産が冬だったので退院するときに赤ちゃんの防寒を目的として、赤ちゃんをおくるみで包んで病院から車まで移動しました」(20代ママ)

「赤ちゃんの寝かしつけのときに、おくるみで包んで抱っこしています」(30代ママ)

ママたちは、出産後の退院のときだけでなく、寝かしつけの際におくるみを使うなど日常的におくるみを使っているようです。そこで今回は、おくるみの包み方の手順や、包むときに意識したこと、バスタオルなどおくるみの代わりした包み方についてご紹介します。

おくるみの包み方の種類

おくるみで赤ちゃんを包む際、包み方にはさまざまな方法があるようです。実際に、おくるみを使っているママたちに、どのような包み方をしているのか聞いてみました。

基本的な包み方

おくるみに包まれた赤ちゃん
© nanausop - Fotolia

「正方形のおくるみをひし形になるようにして置き、上の角を内側に折って、赤ちゃんの頭が折り目から出るようにして寝かせます。

左側の布を右側の脇下へ包んで体の下へ巻き込み、下側の布を上に向かって包みます。続けて首元あたりの布の内側に巻き込み、残った右側の布を左の体の下に巻き込んだら完成です」(30代ママ)

「基本的な巻き方をするとき、赤ちゃんの腕が体の脇に自然にくるよう意識して包んでいました。左右の布を内側に折る際は、赤ちゃんの肩のラインをあわせるとスムーズに包めたように思います」(20代ママ)

基本的なおくるみの包み方をするときに、ママたちはさまざまな工夫をしていたようです。ママたちに聞くと、赤ちゃんの腕の位置については、体の脇に沿うよう自然にまっすぐに伸ばしたり、軽く曲げて胸の前に両腕を置くようにして包むなどさまざまなようので、赤ちゃんの様子にあわせた包み方ができるとよいかもしれません。

おひな巻き

「正方形のおくるみをまっすぐに置いて、赤ちゃんの頭が半分くらい出るようにして真ん中に寝かせます。左右の布を順に反対側にもっていき、それぞれの端を肩の下に入れ込みます。

おくるみの左下の布を向かって右側の赤ちゃんの肩の下へ入れ込み、右下の布も同様に左斜め上に持っていき、端を肩の下に入れ込むとおひな巻きができます」(30代ママ)

正方形のおくるみをまっすぐに置いたおひな巻きという包み方もあるようです。コツとしては、最初に左右の布を順に重ねるときに、おひな様のようにおくるみのシルエットが台形になるように重ねると、その後の手順もやりやすいといったママの声もありました。

半ぐるみ

「赤ちゃんの腕を出して包む以外は基本巻きの手順と同じです。赤ちゃんをおくるみに寝かせる位置は、脇下のラインあたりに布の折り目がくるようにし、左右と下の布を順に包んでいけば完了です」(20代ママ)

赤ちゃんの体全体を包むのではなく、腕の部分を出した半ぐるみという包み方もあるようです。夏の暑い時期や、暖房が効いている室内など、赤ちゃんをおくるみで包むことで蒸れてしまうのではないかと気になるときに、半ぐるみにしたというママの声もありました。

おくるみで包むときに意識したこと

おくるみを使っているママたちに、赤ちゃんを包むときに意識したことについて聞いてみました。

赤ちゃんにあわせて包み方を変える

おくるみに包まれている赤ちゃん
iStock.com/katrinaelena

「生後間もなくは、基本巻きやおひな巻きをしていました。手足を動かしたり、徐々に寝返りするようになってきたら、半ぐるみにして手を自由に動かせるように包み方を変えていきました」(30代ママ)

赤ちゃんの月齢や動きにあわせて、おくるみの包み方を変えたママもいるようです。赤ちゃんが成長していくにつれ、包み方に工夫しても足でおくるみを蹴ってはだけてしまうようになってきたら、スリーパーに切り替えたとうママの声もありました。

赤ちゃんの様子をこまめに確認する

「おくるみで包んだときは、赤ちゃんに不快な様子がないか確認しています。包み終わった後に、自分の手のひらが入るくらいの余裕があるかどうかや、腕や足の位置や角度にも気を配っています」(20代ママ)

おくるみで包む際に、包み方だけでなく赤ちゃんが心地よさそうかを意識しながら様子を確認してたようです。季節によっては、赤ちゃんがよく寝ていても汗をかいていないかといった様子をこまめに確認するようにしたというママの声もありました。

嫌がるときは無理しない

「赤ちゃんがうまく眠れず機嫌が悪いときなど、おくるみで包むと泣いて嫌がることもありました。そのときは無理やりおくるみで包むのではなく、抱っこや授乳で赤ちゃんを落ちつかせてから改めて包むようにしました」(30代ママ)

赤ちゃんがおくるみを嫌がって泣いて動くことで、腕や足を上手く包めず全体的に不安定な包み方になってしまうかもしれません。赤ちゃんの様子にあわせて、おくるみで包むか判断するのもよさそうですね。

おくるみの代わりに用意したもの

おくるみを他のもので代用したママたちに、どのようなものを使っていたかや包み方を聞いてみました。

バスタオル

「私の場合、バスタオルをおくるみの代わりにしていました。半分に折った状態で赤ちゃんを包んだり、広げて長方形にしておひな巻きのような包み方をして使っていました」(20代ママ)

おくるみの代用としてバスタオルを使っていたママもいるようです。おくるみとしてバスタオルを何枚か用意しておくと、吐き戻しなどで汚れたときにもすぐに洗えるので便利かもしれませんね。

ブランケット

「冬はフリース素材のベビーブランケットで赤ちゃんを包んでいました。赤ちゃんが小さいうちは、サイズを調整するために余った布を体の下に潜らせるようにして包むと抱っこしたときに邪魔になりにくかったです」(20代ママ)

ブランケットをおくるみの代用にして、同じような包み方をしていたママもいるようです。ブランケットは生地の厚みの他に、サイズや形がさまざまなので季節や赤ちゃんの様子にあわせて素材や巻き方を変えるとよいかもしれません。

おくるみの包み方を工夫しよう

赤ちゃんを抱いているママ
iStock.com/Satoshi-K

産後の退院時や寝かしつけの際など、さまざまなシーンでママたちはおくるみを使っているようでした。おくるみの包み方の種類としては、正方形を使った基本的な包み方の他に、おひな巻きや半ぐるみなどがあるようで、ママたちは腕の位置や赤ちゃんの様子にあわせ包み方を変えることもあるようです。

おくるみを用意しない場合は、バスタオルやブランケットを代用として使ってもよさそうです。包み方を工夫して、赤ちゃんが心地よくすごせるようにできるとよいですね。

2019年03月30日

専門家のコメント
1
    まな先生 保育士
    モロー反射で手足がビクッとなって、赤ちゃんが起きてしまうので、その防止として、おひな巻きで巻いていました。 また、生後1ヶ月頃に外気浴を始める際に、お包みで包んであげて外に出ていました。 赤ちゃんがママのお腹にいたときのような、まぁるい姿勢になるよう、包むのがポイントです。 きつく締め付けないように気をつけました。

家族の関連記事

カテゴリ一覧