子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年12月18日

入園バッグの準備。手作りキットや幼稚園バッグの作り方など

入園バッグの準備。手作りキットや幼稚園バッグの作り方など

幼稚園・保育園入園前に、手作りアイテムの準備に悩むママも多いようです。そのなかでも今回は入園バッグにスポットをあて、生地の選び方や簡単な作り方、便利なキットなどについて調査してみました。

入園前に準備するもの

幼稚園・保育園入園前は、事前に用意しなければならないアイテムがたくさんあります。そのなかでも布もののアイテムは、園側から手作りを推奨されるケースが多いようです。

手作りが必要とされるアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか。

・入園バッグ
・お弁当袋
・コップ袋
・上履き袋
・体操着袋
・ティッシュケース

園によってはこの他にもあるかもしれませんが、これだけのアイテムをすべて「手作りで」と言われると、ママも大変ではないでしょうか。

ママがお裁縫が得意でなかったり、フルタイムで仕事をしている場合などは、時間にも心にも余裕ができず、手作りすることが悩みの種になってしまうことも多いようです。

入園バッグに悩むママたちの声

入園バッグ
kamon_saejueng/Shutterstock.com

ママたちは入園バッグを手作りする際、どのような点で悩むことが多いのでしょうか?

手作り入園バッグに苦戦した経験のあるママたちの体験談を集めてみました。

「自宅にミシンがなく、お裁縫も苦手だったため、準備段階から何をどうしたらよいか途方に暮れました。入園準備のためだけにミシンを購入する気にはならなかったので、お裁縫が得意な友人に頭を下げて手作りしてもらいました」

「はりきって自分で手作りしようとしたところ、布の裁断を誤るという致命的なミスを。後日再度布を購入しましたが、余計な出費に悲しい思いをしました」

「手作りしようとは思っていたものの、家事や育児を言い訳に後回しにし続けた結果、ギリギリになって寝る暇を惜しんで入園バッグと向きあうハメになりました」

多くのママが、手作り入園バッグの準備に頭を悩ませた経験があるようです。

大切な我が子を想うからこそ、お裁縫が苦手でもどうにか手作りのものを用意しようと無理をしてしまうママが多いのかもしれませんね。

素材選び

入園バッグの素材
Piyawan Tantibankul/Shutterstock.com

実際に入園バッグを自分で手作りするとなると、まずは生地などの素材を準備する必要があります。素材選びにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

表生地

入園バッグのデザインのメインともなる表生地は、慎重に選んだ方がよいでしょう。

子どもの好きな柄を選んであげることも大切ですが、数年間使い続けることを考慮し、キルティングなど、丈夫な素材でできているものを選ぶことが重要なようです。

おしゃれな生地を選べば、つくりがシンプルでも素敵な入園バッグに仕上げることができますよ。

裏地

裏地をつけることにより入園バッグの強度が上がり、内ポケットをつけられるなどの機能性も充実してくるため、入園バッグには裏地をつけるママが多いようです。

表生地より薄手の素材を選ぶことで、表生地との縫い合わせが楽になるようですよ。

裏地が目立ちすぎることがないよう、無地素材などシンプルな生地を選んだ方がよさそうです。

ワッペン・アップリケ

子どもが好きなキャラクターなどを入園バッグに取り入れようとした場合、ワッペンやアップリケを使用すれば、子どもが途中でキャラクターに飽きてしまった場合でもすぐに剝がすことができるので安心かもしれません。

入園バッグに名前をつけなければならない場合も、最近ではさまざまな字体のひらがなのアップリケが販売されているようなので、子どもといっしょにどれにするか選んでみるのもよいかもしれません。

アイロンの熱だけで簡単にとりつけられる素材のものを選べば、忙しいママでも気を負わずに作業できるのではないでしょうか。

手作り入園バッグの作り方

「すべてを1から準備して手作りするのは大変」という場合は、下記のような方法で入園バッグを手づくりしてみてはいかがでしょうか。

縫わずに作る

最近ではミシンや裁縫道具を使わずに、手芸用のボンドとアイロンを準備すれば簡単に入園バッグを手作りすることができるようです。

つくり方や型紙などはインターネットで調べればすぐに出てくるので、自分がやりやすそうな方法を選ぶのがよいでしょう。

この方法であれば、お裁縫が苦手なママでも工作感覚で入園バッグを手作りできるかもしれません。

手作りキット

入園バッグをつくるのに必要な裁断済みの生地やその他の素材、つくり方マニュアルがセットになっている手作りキットを購入すれば、忙しいママも準備に手間取らずに入園バッグを手作りできるかもしれません。

こちらもインターネットで調べればさまざまな種類のキットが出てくるので、子どもといっしょにどんなバッグがよいか楽しみながら選ぶことができるようです。

園側からサイズの指定などがある場合は、購入前に完成形のサイズの確認を忘れずにしましょう。

手作り代行

最近では手作りに必要な素材のみ準備すれば、実際に手作りする作業をすべて代行してくれるオンラインでのサービスがあるようです。

会社として手作りサービスを運営しているところや、個人で手作り代行を行っているところなど種類は多岐に渡るようなので、お気に入りのオンラインストアを見つけて手作り代行してもらうのもよいかもしれません。

また、手作り入園バッグの完成品を販売しているオンラインストアもあるので、サイズが合うようであれば完成品を購入するのもひとつの手ではないでしょうか。

余裕を持って準備しよう

入園
Nina Esk/Shutterstock.com

幼稚園・保育園への入園は、子どもにとって成長の節目ともなる行事ではないでしょうか。

ママが自分のために用意してくれた手作り入園バッグがあれば、子どもも新生活をワクワクした気持ちで迎えられるかもしれませんね。

大切な節目の日を慌てて迎えることがないよう、入園バッグを手作りする場合は余裕を持って検討してみてはいかがでしょうか。

家族の関連記事
カテゴリ一覧