【まめと私】第24回 ハードルを上げないでください

【まめと私】第24回 ハードルを上げないでください

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第24話です。

横峰沙弥香

我が子の喜ぶ顔見たさに、つい頑張っちゃう。

あるある。
よくやります。

わたしは息子から笑顔でおだてられると老骨に鞭打ってどんどん要求を飲んでしまうものですから周りの人(特に家族)が大変。

先日ついに夫からクレームが入りました。

横峰 沙弥香

「ママのせいで絵本読みが大変」だと言うのです。

同じ絵本をいつも同じように読むのはいくら子供とて面白くなかろうと無駄な気を回したわたしは、
ある時から登場する生き物全てにキャラクター性を持たせ

それぞれのバックボーンが垣間見えるように脚色をして読んでみました。

そうなると絵本にないセリフを考えながら読むことになりますし、
当然人物によって声色も変えるのでとっても大変……とはいえ、まめ、大ウケ。

夜、寝る前に大掛かりなおもちゃを出してこられてガシャガシャ遊ばれることを避けたいのは、みなさまご理解いただけると思うのですが

それを避けるためにはベッドで絵本を読む方向に興味を向けてもらうのが手っ取り早く、そのためにわたしは昼夜頑張りました。

結果、まめが絵本大好きになったところまではよかったのですが、絵本読みのクオリティに大変うるさく

パパなどは「普通に読んで上げていただけなのに怒られる」と不満顔。

パパごめん。気持ちわかる。

なぜなら頑張りすぎたことでわたし自身の首も締まっていっているから……

作者:横峰 沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)
横峰 沙弥香

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2018年03月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧