子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月25日

子育て支援センターって何するところ?利用方法やママたちの体験談を紹介

子育て支援センターって何するところ?利用方法やママたちの体験談を紹介

子育て支援センターって何をするところなのでしょうか?育児をしていると、子育て支援センターを見たり聞いたりする機会が多いですよね。普段子どもと二人きりだし、気にはなるけれど行こうかどうか迷ってしまう。そんなこともあるのではないでしょうか?ママの体験談をもとに、子育て支援センターについてご紹介します。

子育て支援センターとは?

子どもを産んで初めて「子育て支援センター」を知ったママもいるのではないでしょうか。

子育て支援センターは厚生労働省の管轄で各自治体やNPO法人などが運営。子育て中の親子が気軽に集まり、悩みや情報交換など、交流の場として設置されています。

センターのスタッフは子育てに関する知識、経験がある人がいて、ちょっとした相談などもできるようです。常設されている場所もあれば、週末などに保育園などの一室を子育て支援センターとして開放している場所もあります。

厚生労働省:地域子育て支援拠点事業

子育て支援センターの利用について

利用ルールは各子育て支援センターによって異なりますが、基本的に無料で利用でき、0歳から未就学児の子どもが対象の場所がほとんどです。持ち物には名前を明記するよう勧めている子育て支援センターもありますので、一度確認してみるのもよいでしょう。

子育て支援センターで何するの?

簡単に言うと、子どもと遊びに行く所となりますが、子どもとママが快適に過ごせるよういろいろな工夫がされています。おもちゃや絵本が充実していたり、大きめのキッチンや給湯器がついていたりと、子育て支援センターによってさまざま。

親子でゆっくり過ごしやすいような場所もあれば、イベントをたくさん実践している子育て支援センターもあるようです。イベントの一例をあげてみましょう。

・絵本の読み聞かせ

・子育てに関する勉強会

・育児相談

・季節の行事

・保育園や幼稚園と連携して、給食試食会やスタンプラリー

初めてのママでも参加しやすいイベントや、家の中だけでは体験できないイベントも多いようです。育児中の悩みをじっくり相談できる日もあったりするのは、ママとしては嬉しいですよね。

子育て支援センターに関するママの体験談

実際に子育て支援センターに行ったママに体験談を聞きました。

「4歳のときにママ友に誘われて行きました。我が家にはない遊び方、おもちゃやお友だちとの遊びができてよかったです」

「リトミックのように、音やリズムに合わせて体を動かしたり、ちょっとしたゲームを不意にスタッフの方が始めてくれるので楽しそうでした」

「初産のため、不安でいっぱいでした。日中は子どもと二人きりなので、ママ同士の会話がとても楽しかったです!」

「一人で行くのは少し気が引けましたが、勇気を出して行ったらとても楽しかったです。スタッフの人が『頑張ってママが連れてきたくれたんだよ』と子どもに話していて、褒められたような嬉しい気持ちになりました」

「子どもが3カ月の頃、何度か行きました。子どもの世話をしながらお昼ご飯を食べるのも一苦労していて、朝から泣いて騒ぐときはお昼の時間帯に行っていました。ちょっとした間もスタッフの方が子どもを見ていてくれるので、とてもありがたかったです」

「スタッフの方の子どもへのふれあい方が、すごく温かくて育児の勉強になりました」

「子育て支援センターに行ったおかげで地元にママ友ができました。二人目以降のママ友が多かったので、保育園の情報を入手できてとても良かったです。託児室ではないんですが、スタッフの方がいるので、他のママとおしゃべりに夢中になっていてもスタッフの方が見てくれているので、気分転換になりました」

「専業主婦で家にいても煮詰まるので、子どもと遊べるよう行ってみました。何度か行くうちに、話し相手ができるようになり、近所の幼稚園のことや、子連れで行きやすい外食先を聞いたり、情報収集ができました。0歳の頃は悩み相談や愚痴を言い合うことができ、ストレス発散になったと思います。子どもは他のお友たちと遊ぶのを楽しんでいたので、子どもにとっても良かったと思います」

新しい遊びを知ったり、家にはないおもちゃを試してみたり、子どもにとってのメリットはもちろん、

育児を頑張っているママにとっても、気分転換の場になっているようです。

また、子どもが小さく会話ができない時期など、夫以外に話せる相手がいて嬉しかったという声も多かったです。

そんななか、子育て支援センターに通いすぎて疲れた、というママもいましたので、お付き合いや義務感で通い、心身とも疲れないように注意したいものです。

ママと子どもの憩いの場

ママ一人で子育てしていると、不安や悩みが大きくなったりしますよね。子どもを連れての外出は面倒な部分もありますが、ちょっとだけ足を運んでみませんか?

何するのかがわかれば、楽しい思い出が増えるかもしれません。子育て支援センターは子どもとママの憩いの場です。子どもだけじゃなく、ママもリフレッシュできるとよいですね。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧