子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月08日

食育の資格で子どもの食生活を豊かに。人気の講座や通信や通学、試験の内容

食育の資格で子どもの食生活を豊かに。人気の講座や通信や通学、試験の内容

最近注目を浴びている「食育」。通信・通学講座で食育の資格を取得し、子どもといっしょに健康的な食生活を目指すママも増えています。今回は、資格の種類、試験の有無、人気の資格から管理栄養士などのプロ向けの資格まで、幅広くご紹介します。

「食育」とは?

「食育」とは、「食」を通じて家族みんなが健康な生活を送れるように「食」に関する知識や力を習得することです。特に子育てママは、子どもの健康を考えて食事に気を遣うことが多いと思います。毎日健康的な生活習慣を身につけたいですよね。

食育資格の種類

食育資格の種類は、初心者向けからプロを目指せるような資格まで幅広くあります。ここでは、初心者でも取得しやすい資格、食育を極めたいと考えているママ向けの資格をご紹介します。

食育インストラクター

・難易度:初心者向け

・予算:50000円程度

・学習方法:通信講座・通学講座

・取得方法:約半年の通信講座を受講し、プライマリー資格を取得してから、専門の教育機関で学習し、研修会に参加することで4級、3級、2級、1級を受験可能(1級は、2級取得後に1年以上の食育実務経験が必要)です。

こちらは、食育の資格のなかで最も人気です。この資格を取得すると、家族全員の食育を考えられるようになります。

食育基本法に沿って、食育の基本からしっかりと学べるので、これから食育を始めたい方にはぴったりだと考えられます。

食育アドバイザー

・難易度:初心者向け

・予算:50000円程度

・学習方法:通信講座

・取得方法:約3カ月の通信講座を受けたのち、テキストを見ながらの試験で70%以上正解できれば合格となります。

こちらは初心者向けではありますが、食育の知識を蓄えられるだけでなく、指導の力も身につけることができます。自分だけではなく、ほかの人にも食育を教えたいという方にはぴったりだと考えられます。

食育メニュープランナー

・難易度:初心者向け

・目安予算:20000円程度

・学習方法:通信講座

・取得方法:試験はなく、約半年の通信講座でメニュープランのレポートを提出することで取得可能です。

こちらは、食材を生かした一汁三菜メニューを自力で考え、実行できるようになるという資格です。実際に料理を作って提出することがあるので、普段から料理をする方に向いています。

食生活アドバイザー

・難易度:初心者向け

・目安予算:50000円程度

・学習方法:通信・通学講座

・取得方法:3級と2級があり、併願受験も可能です。約4カ月の通信講座を受けたのち、試験で3級は60点以上、2級は74点以上とれれば合格となります。

こちらは、普段の生活に応用可能な食生活の知識を蓄えられる資格となっています。

家族の健康管理ができるようになるため、初心者から専門的な方にまで、幅広く支持されている資格のようです。

資格取得のメリット

食事

1.健康的な食生活を送ることができる

栄養バランスのととのった食事をとることで、免疫力が高くなり、体調や年齢に合わせた食事を提供できるようになります。それまで栄養の偏った食事をとっていた場合は、体調面や生活リズムの問題が改善されるでしょう。

2.日本の食文化を子どもに伝えられる

お正月、ひな祭り、七夕など、日本の伝統文化に合わせた行事食を子どもに食べさせてあげるのも良いですよね。ぜひ、子どもと共有してみてください。

3.食に関する正しい知識を、子どもに教えることができる

「ご飯やパンなどの炭水化物は身体を作る源だよ」「カルシウムは骨を作る栄養素だよ」など、子どもに正しい知識を教えられるのもメリットだと考えられます。子どもが食に興味を持ってくれるとママやパパも嬉しいですよね。

本格的な資格も

■管理栄養士(国家資格)

・難易度:プロ向け

・目安予算:養成学校(施設)の学費が200~450万円程度、通信講座などで目指す場合は加えて講座費用もかかる

・取得方法:栄養士または管理栄養士の養成学校(施設)に2~4年通い、卒業すると無受験で栄養士の資格を取得できます。その後、栄養士の養成学校に通っていた場合は、1~3年の実務経験を終えると試験の受験が可能です。管理栄養士の養成学校に通っていた場合は、そのまま試験の受験が可能です。試験の合格ラインは毎年60%程度のようです。

■調理師(国家資格)

・難易度:プロ向け

・目安予算:調理師専門学校の学費が150万円前後

・取得方法:調理師専門学校を卒業後、無受験で資格を取得できます。または専門学校や大学を卒業後、飲食業での実務経験を2年積んでから取得できます。試験の合格ラインは毎年60%程度のようです。

■フードコーディネーター

・難易度:プロ向け

・目安予算:50万円程度

・学習方法:通学講座

・取得方法:3級と2級があり、どちらもプロの食育講師による通学講座で取得可能です。

こちらは、フードビジネスのプロデュース、マネジメントができるようになる資格となっています。費用が高額なため、誰でも取得可能な資格ではないですが、プロを目指す方にはぴったりだと考えられます。

仕事復帰にも役立つ

勉強

ここまで、さまざまな食育に関する資格を紹介してきましたが、このような資格は子育てママの仕事復帰にも有利で、就職の際、大いに役立つでしょう。

在宅でも取得できる資格もあるので、ぜひ取得してみてくださいね。

食育の資格に挑戦してみよう

「食育」は子どもや家族と共有できるものなので、生活をより豊かにしてくれるでしょう。人気の食育インストラクターや、試験のない食育メニュープランナーなどの通信講座なら、子育てママでも気軽に受講できると思います。

「食」の知識を得ることは、自分、そして家族にとってもプラスになることでしょう。家族みんなで健康的な生活を目指してみませんか?

家族の関連記事
  • new

    夏の夜でも快眠を!子どもの寝具を見直して「朝までぐっすり」を手に入れよう

    夏の夜でも快眠を!子どもの寝具を見直して「朝までぐっすり」を手に入れよう

    子どもの寝汗が気になる夏。朝起きてたくさん汗をかいている子どもの姿に、驚いた経験があるママも多いかと思います。1歳の子どもを持つ筆者もその一人です。熱帯夜が続く時期、子どもにはぐっすり眠ってほしいですよね。ママの体験談もふまえ、夏用寝具やクーラーの使い方など、寝汗対策をご紹介します。

  • new

    運動会のお弁当!幼稚園年少さんが喜ぶ盛り付け方と、前日に準備すること

    運動会のお弁当!幼稚園年少さんが喜ぶ盛り付け方と、前日に準備すること

    年少さんにとっては幼稚園で初めての運動会。お弁当の時間も楽しみの1つだと思いますが、周りの雰囲気やお弁当の様子が分からずどこまで作ったら良いのか?どのようなことに気をつけたら良いのかを不安に思うママも多いと思います。運動会のお弁当の盛り付け方のコツや簡単メニュー、前日準備、注意点を紹介します。

  • new

    毎日の家事が大変!働く主婦の体験談から家事の悩みを解決

    毎日の家事が大変!働く主婦の体験談から家事の悩みを解決

    掃除や洗濯、毎日の料理など、限られた時間のなかで“どうしたらうまくできるだろう?”と悩みを抱える主婦の方も多いのではないでしょうか。今回は、仕事や子育て、家事を両立するママたちの体験談をもとに、家事に対する悩みの解決方法を考えてみました。

  • 夫婦の喧嘩の原因や頻度は?体験談から見る、仲直りの方法と子どもへの配慮

    夫婦の喧嘩の原因や頻度は?体験談から見る、仲直りの方法と子どもへの配慮

    夫婦喧嘩を子どもに見せない方が良いと思ってはいるけれど、感情的になっているときにはつい子どもの前でも喧嘩してしまっている方、多いのではないでしょうか。ほかの夫婦はどうしているのだろう、夫婦喧嘩の頻度や原因、夫婦喧嘩をしているときに子どもはどうしているのか、仲直りの仕方をアンケートしました。

  • ワーママの夕飯作りの平均時間は35分!いつ作る?時短献立について

    ワーママの夕飯作りの平均時間は35分!いつ作る?時短献立について

    仕事後の家事で最も負担が大きいのは夕飯作りだと感じているワーママも多いのではないでしょうか。時間のないなか、疲れと焦りを感じながら作る日々の夕飯。ワーママは夕飯をいつ作るのか、どれくらい時間をかけているのかなど、現役のワーママたちに話しを聞いた上で、日々忙しいワーママたちが少しでも楽になるような献立を考えてみました。

  • 1歳、1歳半の夜泣きは何が原因?夜中の授乳事情とママたちが実践した対策

    1歳、1歳半の夜泣きは何が原因?夜中の授乳事情とママたちが実践した対策

    子どもの夜泣きはママにとって大変な試練ですよね。なぜ夜泣きするのか?夜中の授乳が原因なのか?といろいろ考えてしまい、終わりの見えない日々にイライラが募ってしまいます。そんなときは夜泣き時期を突破した先輩ママたちの話を聞いて対策を考え、前向きな気持ちで乗り越えていきましょう。

カテゴリ一覧