子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年07月04日

子育てママの息抜きは「ママ専用〇〇〇」「自分のご褒美時間」、その他は…

子育てママの息抜きは「ママ専用〇〇〇」「自分のご褒美時間」、その他は…

子育て中のママはなかなか自分の時間がとれず、常にストレスを溜め込みがち。発散しようにも、子どもといっしょだとできることは限られてしまいますよね。今回は家の中や外出先でも手軽にできる息抜き方法はどのようなものがあるのか、先輩ママたちの体験談も踏まえてご紹介していきます。

息抜きが必要なタイミング

「子育て中のママは皆同じなんだから、仕方ない」と自分に言い聞かせようとしても、どうしてもイライラが止まらない……そんな経験はありませんか?

子どもを寝かしつけた後も苛立ちが収まらなかったり、ふいに突然涙があふれ出したり……

そんな状態になっていたら危険信号です。

「子育て中だから」と諦めるのではなく、息詰まったときこそ自分に合った息抜き方法で、心をリフレッシュさせることが大切です。

自宅でできる息抜き方法

子育てを経験した先輩ママたちは、どのように息抜きをしていたのでしょうか?自宅でできる息抜き方法を、先輩ママの体験談から一部ご紹介します。

映画・ドラマ鑑賞

「子どもが寝た後のDVD鑑賞。子育ての現実を忘れ、映画の世界に没頭できて気分がリフレッシュします」

手軽に非日常感を味わうことができるので、映画やドラマを観て息抜きをするママは多いようです。

また、最近では月額1000円程度の会費で好きなだけ映画やドラマを鑑賞できるサービスもあります。携帯からでも鑑賞可能なので、移動中などのスキマ時間にも息抜きができますよ。

アロマを焚く

「お風呂上りに調合したアロマオイルで手足をマッサージしていました。香りに癒されました」

『香り』は目には見えないものの、人の感情や記憶を司る脳の器官に直接働きかける作用があるため

息抜きをするには最適かもしれません。

おすすめはストレス解消・安眠促進に効果のあるレモンやライムなどの柑橘系の香り。ハンカチや枕にアロマを1滴たらして香りを楽しむ、という方法であれば、気負いせずにアロマを楽しむことができますよ。

お気に入りのスイーツを食べる

「時間もお菓子もずっと子ども優先だったので、自分が好きなスイーツを食べると幸せを感じます」

子育て中のママは、お菓子を買うにもついつい子どもの欲しがるものを優先しがち。でも、たまには思い切ってママのお気に入りのスイーツを買ってみてはいかがでしょうか。

お気に入りのスイーツを食べている間は『自分のためのご褒美時間』と割り切って、ひとときの間は子育てのことを忘れてみましょう。

また、チョコレートに含まれるカカオにはストレスを軽減する成分が含まれているので、息抜きしたいとき用の『ママ専用チョコレート』を常備しておく、というのもおすすめです。

ネイルや手芸など……趣味に没頭する

「デザインや色などを考え、集中してできるので、無心になれます。自己満足ですが、ハッピーになれる習慣です」

「作業中は余計なことを考えずに済むし、出来上がった作品を見ると幸せです」

一見『肩も凝るしむしろ息抜きにならないのでは?』と思われがちですが、作業中は子育てのことが頭から離れるくらい集中でき、頑張れば必ず作品が完成するので、その度に達成感を得られます。

子育てに対する頑張りではなかなか達成感を得ることが難しいので、

作品の完成は幸せになれる瞬間です。

また、人はデザインなどを考えるとき右脳を使い、右脳を使っていると快感を感じたときに出るドーパミンという物質が出やすくなります。実は作業に入る前の『考える』という段階から、精神的にもプラスの効果があるのは嬉しいですよね。

外出先でも手軽にできる息抜き方法

「子育ての空間である家の中ではなかなか息抜きができない」という方は、遠出しなくてもできる、外出先での手軽な息抜き方法をおすすめします。

プチピクニック気分を味わう

早起きして子どもと食べるお弁当を用意して……という手間はかけずに、お昼どきにでもおにぎりを2、3個作り、近くの公園に足を運んでプチピクニックを楽しんでみましょう。

家の中だとなかなかゆっくりと自分のご飯を食べられませんが、緑に囲まれた外の空間だと、のびのびとゆったりした心でご飯を食べることができます。

近所を散歩する

距離を気にしたり歩数計を持ち歩いたりするのではなく、ほんの5分10分ほどでよいので『息抜きのため』という心構えで歩いてみることが大切です。

ウォーキングは脂肪燃焼効果があるのはもちろん、自律神経を調整したりリラックス効果も期待できます。子どもを抱っこして歩く際は、なるべく猫背にならないよう、少しだけお腹をへこませることを意識すると、より効果的ですよ。

子どもといっしょだと外出する頻度は少なくなってしまいますが、実は外出すること自体に息抜き効果があります。

外出先で日光を浴びるという行為は、

イライラした精神をリラックスさせるためにとても重要です。

子育ては日中室内で過ごす時間が多くなりがちなので、疲れを感じたときこそ気分転換に外出してみてください。

自分をいたわることも子育ての一環

子育てに真面目なママこそ「子育て中に息抜きするなんて気が引ける」と考えてしまいがちですが、息抜きしてリフレッシュすることで、子どもにも穏やかな気持ちで接することができるのではないでしょうか?

子育て中のママは自分もいたわることも大切な子育ての一環です。自分に合った息抜き方法で、息抜きするときは気兼ねなくリラックスするようにしましょう。

家族の関連記事
  • 共働きの賢い家計管理方法は〇〇。確実に貯金するために決めておくべきこと

    共働きの賢い家計管理方法は〇〇。確実に貯金するために決めておくべきこと

    共働き夫婦だと夫婦の収入差や勤務時間などによって家計の管理方法が変わってくることもあります。なかには「2人で働いているのに、なかなか貯金が増えない」と困っている場合や、夫婦のどちらかが家計の管理方法を改善したいと思っている場合もあるかもしれません。そのようなときは、管理方法を見直す必要があるのではないでしょうか。そこで今回は、共働き夫婦が実際にやっている家計管理の方法をご紹介しましょう。

  • 動線を見直して家事効率アップ。その解決するべきポイントとは

    動線を見直して家事効率アップ。その解決するべきポイントとは

    自分では工夫しているつもりでも、家事に時間がかかって仕方ないという人も多いのではないでしょうか。そういったタイプの人は、もしかすると家事動線に改善点があるのかもしれませんね。動線を見直せば同じスピードで動いていても、もっとシンプルな家事が可能になることも。今回はそのポイントをご紹介します。

  • 出産後から旦那に優しくできない…時期はいつごろ?夫婦仲良くする秘訣を調査

    出産後から旦那に優しくできない…時期はいつごろ?夫婦仲良くする秘訣を調査

    子どもが生まれてから、余裕がなくなり、旦那さんへの接し方が以前のように優しくできなくなったと感じていませんか。同じように思っているママはどのような場面で優しくできないと感じ、乗り越えていったのでしょうか。KIDSNAではママたちにアンケートを取ってみました。その結果は……!?

  • 失敗したくないランドセルの選び方。価格、素材、重さ、色…どれを重視するべき?

    失敗したくないランドセルの選び方。価格、素材、重さ、色…どれを重視するべき?

    小学校の入学準備。いろいろな物をそろえていきますが、毎日使うランドセルは一番気になるところではないでしょうか。いろいろな種類があるけれど、どれがうちの子にあっているの?今回はママたちの失敗談と合わせて、ランドセル購入のポイントや選び方について紹介いたします。

  • 子育てがつらいのはいつまで?平均は〇歳。先輩ママたちのイライラ解決法

    子育てがつらいのはいつまで?平均は〇歳。先輩ママたちのイライラ解決法

    いろいろなことが重なると、つらいと感じることも多い子育て。何歳になったら楽になるのだろう?と考えるママも多いかもしれません。子どもは日々成長しています。子どもが自分でいろいろなことをでき始めたら子育てもグンと楽になるはずです。先輩ママに聞いたつらいときの原因や解決方法を紹介します。

  • 夏休み間近。本当に大変…!子連れの車移動。子どもを飽きさせないコツは?

    夏休み間近。本当に大変…!子連れの車移動。子どもを飽きさせないコツは?

    子育て中のママにとって、子どもと外出する際に車があるととても便利ですよね。日々車の必要性を感じる反面、長時間移動になると子どもはイライラし出して仕舞にはは大泣き、パパも不機嫌になるし、車内でママはいつも大忙し…。今回はそんな時に役立つ便利アイテムや解決方法を、ママ達の体験談も交えてご紹介します。

カテゴリ一覧