子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年06月21日

家事のストレスを最小化。ながら・ついでの習慣化で家事はラクになる

家事のストレスを最小化。ながら・ついでの習慣化で家事はラクになる

家事は溜めれば溜めただけストレスになってしまいますが、毎日きっちりこなすのはなかなか難しいですよね。このような方におすすめしたいのが「ながら家事」です。今回は具体的なやり方や必要なコツをご紹介します。

掃除編

掃除道具は見える場所に配置

皆さんのご家庭では掃除機をどんな所に配置していますか?クローゼットや押入れなどの収納できるような場所に配置している方が多いのではないでしょうか。

子どもの食べかすやほこりなどが目についたとき、その都度掃除機をかけたいという方は、よく使う時間帯だけ出しておくのはどうでしょう。

掃除機を収納してしまうと取り出すだけでもひと手間となり「あとでまとめて掃除しよう」とあと回しにしがちですが、手の届くところに置いておけばすぐに片づけられて気分もスッキリします。もしも掃除機を出しておくことがインテリア的に許せないという場合は、おしゃれなほうきやコードレス掃除機を準備するのも良いでしょう。

ちなみに筆者宅では狭くてあまり物を置くスペースがないので、100円ショップで購入した小さなほうきとちり取りを食卓近くに置いています。子どもの食べこぼしをサッと掃除できますし、もうすぐ3歳になる息子も自分で掃除してくれるようになり、立派な「ながら家事」の戦力になってくれました。

ながら掃除・ついで掃除はいたる場所で実践可能

何かをしながら掃除をするって難しいイメージかもしれませんが、提案したいのは「顔を洗いながら洗面台も掃除する」や「キッチンタオルを洗濯する前にシンクの水分を拭きとる」のように簡単なことです。

顔や手を洗ったついでに「洗面台」も掃除すれば皮脂汚れをすぐに落とせますし、もともと手が濡れているので手を拭く手間も1度ですみます。「お風呂」や「トイレ」に入ったついでに掃除する、「キッチン」では、ダイニングテーブルを拭いたついでに電子レンジや炊飯器を拭く・お皿洗いのついでに排水溝も掃除すると排水溝から嫌な臭いもせず、ぬめり汚れも発生しづらくなりますよね。

休日で少し時間がある日には、ベランダやお庭の植物に水をあげたついでに「窓」も濡らして水切りワイパーで拭きあげるだけでも面倒な窓ふき作業の軽減につながります。

家じゅうのいたるところで、「ながら掃除・ついで掃除」は発生しますので、できることはどんどん実行していくと良いでしょう。

ほんの少しのことですが、習慣化すると家事は少しずつ楽になっていくでしょう。

洗濯編

掃除編でながら家事について何となくイメージが湧きましたか?慣れてきたら洗濯時にも取り入れてみましょう。

仕分けは「脱ぎながら」脱いだ人がする

洗濯物の色物や汚れものなどの仕分けはどのようにされていますか?洗濯を担当している人が仕分けることが多いかもしれませんが、それだけでも数分の家事になってしまいます。その数分を楽にするためにも仕分けは服を脱いだ人にしてもらいましょう。

洗濯かごをいくつも洗面所に置くスペースがないお家もあるかもしれませんが、縦型で数段になっている仕分けワゴンや、省スペースに置ける仕分けカートも販売されています。これらを駆使して家族全員に色物や白い服、汚れがひどい物や下着類など、ご家庭の仕分け方法に合わせて入れてもらいましょう。

お子さんが小さい場合でも絵を書いたり、子ども専用のカゴを作ったりして小さい頃から仕分けに慣れてもらうと大きくなってからも習慣化されやすいでしょう。

料理編

あえて朝ご飯はしっかり作ろう

朝は出勤や登校時間などのタイムリミットがあるので、料理もつい手抜きしてしまいがちです。しかし朝早起きして朝食を作りながら夜の下ごしらえもすると、栄養もしっかり摂れるうえに夕食作りの時間も短縮できます。

夕食作りの際、コンロが埋まっていて調理が思うように進まないと感じている人は特に、朝のうちに下ごしらえをするのはおすすめです。サラダ用のゆで卵やおひたし用の葉物類を茹でておくだけでも十分です。時間があれば炒めものや煮物の野菜を切って冷蔵しておくと帰ってからは炒めるだけ・煮るだけになりますね。

料理しながら作り置き

おかずの作り置きってけっこう大変と感じている方には、料理をしながら作り置きを作ることをおすすめします。

お肉を買ってきたら一度全部取り出し、半分は調理で使い、残りの半分は味付けをして冷凍してしまえば、次回はお肉を焼くだけ・揚げるだけなど1工程で調理が終わります。

筆者が実際によく作っている作り置きの例を挙げると、ひき肉を半分は当日のキーマカレーなどに使います。残りの半分は塩コショウと玉ネギのみじん切りといっしょに真空パックに入れて冷凍すると、後日ハンバーグやタコライス、オムレツなどのいろいろな料理に使えて便利ですよ。

ほかにも、野菜炒め用の野菜を切るときに倍量切って、半分冷凍しておけば野菜炒めやお味噌汁にも使えます。その都度イチから作ったり作り置きだけ準備したりするのは大変ですので、調理しながら作り置きを少しずつストックしておくのがコツです。

まとめるより、「ながら」を習慣に

今回、提案した「ながら家事」を積み重ねていくことで、今までは週末に30分かけて行っていた掃除が15分ですむかもしれません。

やり始めて慣れるまでは大変に感じるかもしれませんが、できることから少しずつ手がけていけると良いですね。

家族の関連記事
  • new

    夏の夜でも快眠を!子どもの寝具を見直して「朝までぐっすり」を手に入れよう

    夏の夜でも快眠を!子どもの寝具を見直して「朝までぐっすり」を手に入れよう

    子どもの寝汗が気になる夏。朝起きてたくさん汗をかいている子どもの姿に、驚いた経験があるママも多いかと思います。1歳の子どもを持つ筆者もその一人です。熱帯夜が続く時期、子どもにはぐっすり眠ってほしいですよね。ママの体験談もふまえ、夏用寝具やクーラーの使い方など、寝汗対策をご紹介します。

  • new

    運動会のお弁当!幼稚園年少さんが喜ぶ盛り付け方と、前日に準備すること

    運動会のお弁当!幼稚園年少さんが喜ぶ盛り付け方と、前日に準備すること

    年少さんにとっては幼稚園で初めての運動会。お弁当の時間も楽しみの1つだと思いますが、周りの雰囲気やお弁当の様子が分からずどこまで作ったら良いのか?どのようなことに気をつけたら良いのかを不安に思うママも多いと思います。運動会のお弁当の盛り付け方のコツや簡単メニュー、前日準備、注意点を紹介します。

  • new

    毎日の家事が大変!働く主婦の体験談から家事の悩みを解決

    毎日の家事が大変!働く主婦の体験談から家事の悩みを解決

    掃除や洗濯、毎日の料理など、限られた時間のなかで“どうしたらうまくできるだろう?”と悩みを抱える主婦の方も多いのではないでしょうか。今回は、仕事や子育て、家事を両立するママたちの体験談をもとに、家事に対する悩みの解決方法を考えてみました。

  • 夫婦の喧嘩の原因や頻度は?体験談から見る、仲直りの方法と子どもへの配慮

    夫婦の喧嘩の原因や頻度は?体験談から見る、仲直りの方法と子どもへの配慮

    夫婦喧嘩を子どもに見せない方が良いと思ってはいるけれど、感情的になっているときにはつい子どもの前でも喧嘩してしまっている方、多いのではないでしょうか。ほかの夫婦はどうしているのだろう、夫婦喧嘩の頻度や原因、夫婦喧嘩をしているときに子どもはどうしているのか、仲直りの仕方をアンケートしました。

  • ワーママの夕飯作りの平均時間は35分!いつ作る?時短献立について

    ワーママの夕飯作りの平均時間は35分!いつ作る?時短献立について

    仕事後の家事で最も負担が大きいのは夕飯作りだと感じているワーママも多いのではないでしょうか。時間のないなか、疲れと焦りを感じながら作る日々の夕飯。ワーママは夕飯をいつ作るのか、どれくらい時間をかけているのかなど、現役のワーママたちに話しを聞いた上で、日々忙しいワーママたちが少しでも楽になるような献立を考えてみました。

  • 1歳、1歳半の夜泣きは何が原因?夜中の授乳事情とママたちが実践した対策

    1歳、1歳半の夜泣きは何が原因?夜中の授乳事情とママたちが実践した対策

    子どもの夜泣きはママにとって大変な試練ですよね。なぜ夜泣きするのか?夜中の授乳が原因なのか?といろいろ考えてしまい、終わりの見えない日々にイライラが募ってしまいます。そんなときは夜泣き時期を突破した先輩ママたちの話を聞いて対策を考え、前向きな気持ちで乗り越えていきましょう。

カテゴリ一覧