離乳食に作るアジの和風&洋風アレンジレシピ。つみれ汁やリゾットの作り方

離乳食に作るアジの和風&洋風アレンジレシピ。つみれ汁やリゾットの作り方

離乳食にアジを使ったメニューを作ろう

離乳食にアジを使ったメニューを作りたいとき、いつから赤ちゃんにアジを与えてよいのかや、アレンジレシピについて知りたいママもいるでしょう。離乳食にアジを取り入れたママたちの体験談とあわせて、あんかけやつみれにする和風アレンジ、トマトを使ったソテーやシチューにする洋風アレンジのレシピをご紹介します。

離乳食にアジはいつから取り入れた?

アジ
iStock.com/Promo_Link

アジはいつから赤ちゃんに与えられるのでしょうか。アジを離乳食に取り入れ始めた時期を
ママたちに聞いてみました。

20代ママ
離乳食後期に、アジを使ったメニューを初めて与えました。刺身用のアジを使うと、骨や皮を取る手間がなく便利でした。スーパーの鮮魚コーナーでは下ごしらえを行ってもらえるので、そういったサービスも利用しています。
30代ママ
離乳食完了期に入ってから、アジを与えていたと思います。茹でてほぐした状態のものや、すり潰してつみれにしたものを冷凍保存し、ストックしていました。ほぐしたものは野菜と合わせてあんかけにしたり、つみれは汁物を作ったりするときにすぐに使えるので便利でした。
30代ママ
離乳食後期にアジを使ってつみれやハンバーグを作りました。アジの骨が赤ちゃんののどに刺さらないよう、しっかりとピンセットで取っていました。骨は生の状態よりも、茹でてからのほうが取りやすかったです。

離乳食後期や完了期から、アジを赤ちゃんに与え始めたというママの声がありました。初めて赤ちゃんにアジを与えるときは、少しずつ様子を見ながら与えるとよさそうです。

赤ちゃんが食べやすいよう、アジの骨と皮はしっかり取り除きましょう。アジを茹でてからのほうが骨を取りやすいというママの声もありました。

しっかりと塩抜きをすれば、アジの干物も離乳食に使うことができるようです。刺身用のアジを使うと下ごしらえの手間がなく、忙しいときに便利かもしれません。

アジはあらかじめ茹でておくなどしてすぐに使える状態で冷凍保存しておけば、毎日の離乳食作りに役立ちそうです。

アジを使った離乳食の和風アレンジレシピ

離乳食後期から食べられる、アジを使った和風アレンジレシピをご紹介します。

アジと豆腐のハンバーグ

アジと豆腐のハンバーグ
Koarakko - stock.adobe.com
  1. 豆腐をキッチンペーパーで包み、重石をして水切りする
  2. にんじんを刻んで下茹でする
  3. アジの骨と皮を取り除き、包丁で細かくたたいてすり身状にする
  4. ボウルに1~3と片栗粉を入れて混ぜる
  5. 油をひいたフライパンに4を落とし、両面しっかり焼く

アジと豆腐を使ったふわふわ食感の、手づかみで食べられるハンバーグのレシピです。中に入れる野菜を献立に合わせて変えてみてもよいですね。

アジと野菜のあんかけ

  1. アジの骨と皮を取り除き、茹でて細かくほぐす
  2. ほうれん草とにんじんを刻み、下茹でする
  3. 鍋に2とだし汁を入れてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみをつける
  4. 1を器に盛り、3を上からかける

魚と野菜の栄養がいっしょにとれる一品です。アジのパサパサした食感が気になる場合でも、とろみをつけることで食べやすくなりそうです。

アジのつみれ汁

  1. アジの骨と皮を取り除き、包丁で細かくたたく
  2. ボウルに1と片栗粉を入れてよく混ぜ、小さく丸めて茹でる
  3. 大根と玉ねぎを刻んで下茹でする
  4. 鍋にだし汁と2と3を入れひと煮する

アジを使った優しい味わいの汁物です。細かく刻み下茹でしたうどんを入れて、主食としてアレンジしてもよいですね。

アジを使った離乳食の洋風アレンジレシピ

離乳食後期から食べられる、アジを使った洋風アレンジレシピをご紹介します。

アジのトマトソースがけ

  1. トマトは皮と種を除いて刻む
  2. 玉ねぎを刻む
  3. アジを茹でて骨と皮を取りのぞき、細かくほぐす
  4. 鍋に1と2と水を入れて、野菜がやわらかくなるまで煮る
  5. 3を皿に盛り、4を上からかける

アジにトマトソースをかけた、洋風のアレンジレシピです。トマトの皮は赤ちゃんののどに貼りついてしまうこともあるようなので、しっかり取り除くとよいでしょう。

アジとほうれん草のリゾット

  1. アジの骨と皮を取り除き、小さく切る
  2. ほうれん草をさっと茹でて刻む
  3. 鍋に水と1を入れて煮立て、ほうれん草と軟飯を加えて2分ほど煮る
  4. 3に牛乳を入れひと煮する

クリーミーな味わいのリゾット風のレシピです。彩りに細かく刻んだにんじんを入れてもよいでしょう。

アジのトマトシチュー

  1. にんじんを刻んで下茹でする
  2. ブロッコリーの小房を刻む
  3. アジの骨と皮を取り除き、小さく切る
  4. 鍋に水と1と2を入れて煮立てる
  5. 4にトマトジュースと3を加え5分ほど煮込み、アジの身をほぐす

トマトジュースは無塩のものを選ぶとよいでしょう。仕上げに粉チーズを振りかけてみてもおいしくなりそうです。

アレンジレシピを活用して、アジを使ったおいしい離乳食を作ろう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
aijiro - stock.adobe.com

今回はママたちがアジを離乳食に取り入れた時期や、アジを使った離乳食のアレンジレシピをご紹介しました。

アジを使った離乳食を作るときは、皮と骨はしっかりと取り除くとよいでしょう。刺身用のアジを使うと、魚の下ごしらえが苦手なママや忙しいママも簡単に作れそうです。

アジはあらかじめ下茹でしておき、製氷皿などに1食分ずつ入れて冷凍保存しておくと、離乳食を作るときに便利かもしれません。

アジのぱさつきが気になる場合は、あんかけにしてとろみをつけたり、豆腐を混ぜてハンバーグにしたりするとおいしくなりそうですね。

離乳食にアジを取り入れて、赤ちゃんがよろこんで食べてくれるメニューが作れるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年03月29日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧