子どものおやつを手作りしよう。手作りするときのポイントと簡単レシピ

子どものおやつを手作りしよう。手作りするときのポイントと簡単レシピ

鍋やオーブンを使わないおやつレシピなど

子どものおやつを用意するとき、簡単に手作りしやすいレシピが知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、子どもにおやつを手作りするときのポイントや子どもが喜ぶ手作りおやつのレシピ、鍋やオーブンを使わない簡単おやつレシピを体験談を交えてご紹介します。

子どものおやつを手作りしたい

子どもがおやつを食べるようになると、子どものおやつを手作りで用意したいと考えるママもいるようです。子どものお世話や家事などで忙しいママのなかには、簡単に手作りしやすいおやつのレシピが知りたい方もいるのではないでしょうか。

今回は、ママたちが手作りした子どものおやつについてご紹介します。

子どもにおやつを手作りするときのポイント

子どものおやつを手作りするとき、どのようなポイントがあるのでしょう。ママたちに、子どもにおやつを手作りするときのポイントを聞いてみました。

簡単に作りやすい

20代ママ
子どもがお昼寝をしている間を利用しておやつを手作りしたいと思いました。お昼寝の途中で子どもの目が覚めたとき、再び寝かしつけるときや抱っこをせがむときもあるので、簡単に手早く作れるレシピを選ぶようにしています。

短時間で簡単に作りやすいレシピを選んでおやつを手作りしたママがいるようです。家にある身近な調理道具だけを使って簡単に作りやすいと、子どもが気に入ってくれたときにまた用意しやすかったというママの声もありました。

甘さを控えめにする

30代ママ
子どものおやつを手作りするとき、甘さを控えめにすることを意識しています。砂糖の量を減らしたりはちみつで代用したりと、やさしい甘さになるよう調整して作りました。

おやつを手作りするときに、甘さを控えめにすることをポイントと考えたママもいるようです。他にも、かぼちゃやさつまいもなど甘みのある食材を使うことで、甘さが控えめのおやつが手作りできるかもしれませんね。

子どもが喜ぶ手作りおやつのレシピ

実際に、ママたちが作った子どもが喜ぶ手作りおやつのレシピをご紹介します。

プリン

プリン
iStock.com/Miguel Angel Soutullo Alvarez
40代ママ
ボウルに卵とてんさい糖、牛乳を入れてよく混ぜてプリン液を作ります。プリン用の器の上に茶こしを乗せ、プリン液を注ぎます。お湯を沸かしたフライパンに器を入れ、蓋をして弱火にします。火を止めてしばらく蒸らし、冷蔵庫で冷やしたら完成です。

3つの材料で簡単にプリンが作れるレシピがあるようです。子どもの好みにあわせてカラメルソースをかけたり、季節の果物を添えたりしても喜んでもらえるかもしれませんね。

パウンドケーキ

30代ママ
一口大に切ったかぼちゃと少量の水を耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで加熱します。かぼちゃがなめらかになるまでつぶし、溶かしバターと砂糖、卵を混ぜて混ぜます。ホットケーキミックスを加え、さっくりと全体を混ぜたら型に入れます。余熱したオーブンで焼き、粗熱がとれたら型から外して切りわけました。

かぼちゃの甘味がやさしいパウンドケーキを手作りしたママもいました。角切りにしたかぼちゃやチーズを生地に混ぜて焼くと、食感も楽しめるおやつになりそうですね。

野菜チップス

20代ママ
れんこんとにんじんをスライサーで薄切りにし、水にさらします。キッチンペーパーで水気を拭きとり、オーブンシートを敷いた平皿に乗せて電子レンジで加熱します。裏返して再加熱したらパリパリのお野菜チップスの完成です。

薄切りにした野菜を使ったおやつのレシピもあるようです。ママのなかからは、じゃがいもチップスを手作りしたときに「わたし、これ大好き!」と子どもに喜んでもらえたという声も聞かれました。

鍋やオーブンを使わない簡単おやつレシピ

おやつの時間が近づいているとき、お鍋やオーブンを使わずにサッと用意したいママもいるかもしれません。ママたちに、お鍋やオーブンを使わずに作れる簡単な子どものおやつのレシピを聞いてみました。

トライフル

20代ママ
透明のグラスに一口大に切った市販のスポンジケーキとホイップクリームを入れます。その上にいちょう切りにしたキウイとコーンフレークを乗せ、ホイップクリームを絞ります。その上に4等分したいちごを飾ったら完成です。

市販のスポンジケーキやホイップクリームを使うと、簡単にトライフルが作れるようです。季節によっていちごが手に入りにくいときは、斜め切りにしたバナナや冷凍ブルーベリーなどを使ってデコレーションするのもよいかもしれませんね。

フローズンヨーグルト

ヨーグルト
iStock.com/Konstantin Aksenov
30代ママ
皮をむいたバナナをフリーザーバッグに入れ、バッグの上から押しつぶします。そこへプレーンヨーグルトとはちみつを加え、バッグの上から揉んで混ぜます。バッグの中身を平らにし、空気を抜いてファスナーを閉じ、冷凍庫で固めます。固まったら、バッグの上から揉んで崩し、食器にもりつけると完成です。

フリーザーバッグのなかで材料を混ぜるだけという、簡単なフローズンヨーグルトレシピもあるようです。アイスはまだ食べたことがないという子どもにとっても、冷たくて甘いおいしいおやつになったというママの声もありました。

蒸しパン

40代ママ
ボウルに卵と無糖ヨーグルト、バターを入れて混ぜます。ホットケーキミックスを加え、さっくりと混ぜます。カップの7分目まで生地を入れ、電子レンジでふんわりとふくらむまで加熱したら完成です。

蒸し器を用意しなくても、電子レンジなら手軽に蒸しパンを手作りできたというママの声もありました。同じ味が続くと食べ飽きてしまう子どももいるようなので、レーズンやコーンなどトッピングを変えるなど工夫をするのもよさそうです。

子どものおやつ作りを楽しもう

サンドイッチ
iStock.com/Dash_med

子どものおやつを手作りするときのポイントには、簡単に作れることや甘さを控えめにすることがあるようです。子どもが喜ぶおやつとして、プリンや野菜チップスを作ったママもいました。

お鍋やオーブンを使わなくても、材料を重ねるだけのトライフルや電子レンジを使った蒸しパンなど、簡単なレシピでおやつを手作りしたママもいるようです。子どもの好みや年齢にあわせ、手作りのおやつを用意できるとよいですね。

2019年07月25日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧