子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食1日目から6日目にかけての進め方。量の目安やメニュー例

離乳食1日目から6日目にかけての進め方。量の目安やメニュー例

授乳のタイミングなど、ママが意識したこと

赤ちゃんの離乳食をいつ始めるかや1日目から2日目、3日目にどのように進めればよいかが気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、離乳食を始めた日から4日目や5日目、6日目にかけての進め方と初期に作ったメニュー、赤ちゃんに離乳食を与えるときの工夫についてママたちの体験段を交えてご紹介します。

いつから離乳食を始めた?

厚労省の資料によると、生後5カ月から6カ月頃が離乳食初期とされています。他にも、離乳食の開始時期の目安としては、首のすわりがしっかりしたり支えてあげると座れたり、食べ物に興味を示すようになるといった様子があげられるようです。実際にママたちは、いつ頃から離乳食を始めたのでしょうか。

「生後6カ月になり、少しお座りができることが増えてきました。よだれはあまり出ていませんでしたが、食べ物に興味をもつ様子も見られたので離乳食を始めることにしました」(20代ママ)

「生後5カ月半の頃、私たちの食事中に赤ちゃんがこちらを見ながらもぐもぐ口を動かしている様子が何度か見られました。食事に興味をもってきたのかと思い、次の週から離乳食を始めました」(30代ママ)

同じ月齢であっても、よだれの量やお座りできるかどうかには個人差があるかもしれません。ママたちは、月齢をひとつの目安としながらも、実際の赤ちゃんの様子を観察しながら離乳食をいつ始めるのか決めたようです。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

1週間の離乳食スケジュール

ママたちは離乳食を始まって1日目や2日目、3日目以降にどのようなスケジュールで進めていたのでしょう。

1日目から2日目

離乳食を食べる赤ちゃん
iStock.com/imacoconut

「1日目と2日目は、朝起きてすぐ授乳をしたあと少し時間をあけてから、ミキサーにかけた10倍粥をスプーン1杯与えました。ほとんど口から出てしまいましたが、2日目は少し口に含んでもぐもぐしていました」(20代ママ)

「1日目は午前10時頃の赤ちゃんが機嫌のよいタイミングに、すり鉢ですりつぶした10倍粥を離乳食用のスプーンに1杯分与えました」(30代ママ)

1日目はペースト状にした10倍粥を、まず小さじ1杯から与えたというママの声がありました。初めて母乳やミルク以外のものを口にするため、体調の変化があった場合を考え、病院を利用しやすい平日の午前中の時間帯を選んだというママの声もありました。

3日目から4日目

「1日目と2日目にあまり離乳食を食べなかったので、3日目も同じ量を用意しました。3日目は小さじ1杯分を食べきってくれたので4日目からもう小さじ一杯分を増やすることにしました」(30代ママ)

離乳食3日目から、小さじ2杯分の10倍粥をあげていたというママの声がありました。離乳食をあげるタイミングは、1日目から同じにすることで赤ちゃんも生活リズムをつけやすいと感じたママもいるようです。

5日目から6日目

「離乳食を始めて5日目になり、午前中に離乳食を食べることにも慣れたようだったので、ベビースプーンで3杯分の10倍粥を与えてみました。最初の2さじはスムーズに食べましたが最後の1さじは口から出してしまったので無理せず切り上げて授乳をしました」(20代ママ)

5日目頃から、赤ちゃんが離乳食自体に慣れてきたと感じて、10倍粥の量小さじ3杯分くらいに増やしたママもいるようです。離乳食を始めて1週間ほどは、食事の時間は楽しいものと覚えてもらうために、赤ちゃんの気が進まないときは切り上げて様子を見たというママの声がありました。

離乳食初期に作ったメニュー

1日目は10倍粥から始めた離乳食も、2週目になり野菜や他の食材をプラスしていったママもいるようです。実際に、離乳食初期に作ったメニューについてママたちに聞いてみました。

かぼちゃのペースト

かぼちゃの離乳食
iStock.com/YelenaYemchuk

「カボチャの皮を除いて柔らかく茹で、ミキサーでペースト状にします。カボチャの茹で汁を少し足してトロトロにすると、なめらかになって赤ちゃんが飲み込みやすいように感じました」(20代ママ)

甘みのある野菜は赤ちゃんが食べやすいと考えるママもいるようです。他にも、さつまいもやじゃがいもなど水分の少ない野菜でペーストを作るときには、茹で汁や野菜スープでなめらかに伸ばすと食べやすさにつながるかもしれません。

ほうれん草の白和え

「ほうれん草の葉先と豆腐を茹でてから、ペースト状にすりつぶして白和えをよく作っていました。ほうれん草の葉先は細かく刻んでからすり鉢に入れると、なめらかにしやすかったです」(30代ママ)

繊維のある葉野菜は、細かく刻んだり豆腐などをあわせたりして、なめらかになるよう工夫していたママもいるようです。飲み込みやすくなるように、豆腐の茹で汁でのばしてから赤ちゃんに与えたというママの声もありました。

りんごのパンがゆ

「皮をむいてすりおろしたりんごと、耳を除いて小さくちぎった食パンを鍋に入れて水を加えて煮ます。トロトロになるまで煮たらすり鉢にうつしてすりつぶしてでき上がりです」

食パンは水分を加えて煮るとトロトロになりやすく、離乳食初期によく作っていたというママの声がありました。食べられる食材が増えていくにつれ、トマトや葉物野菜のペーストなどで彩り加えるなど、見た目でも楽しめる工夫をしたママもいるようです。

離乳食の進め方で意識したこと

離乳食の進め方について、ママたちはどのようなことを意識していたのでしょうか。

授乳のタイミング

「朝起きてからすぐ授乳することが多かったので、午前中の離乳食は授乳から2時間ほど空けるようにしていました。1日目からしばらくは離乳食に慣れることが目的だったので、食べないときは切り上げて赤ちゃんが飲みたがるだけ授乳をしてました」(20代ママ)

他にも、先に少し授乳をしてから離乳食を与えるようにしていたというのママの声もありました。赤ちゃんが機嫌よく離乳食の時間を迎えられるように、授乳のタイミングを意識できるとよいかもしれませんね。

赤ちゃんの様子

「背もたれつきのベビーチェアに座らせていたのですが、降りたがることがあったので膝の上に抱っこして食べさせるようにしてみました。安心したのか、赤ちゃん離乳食がスムーズに離乳食を食べてくれたように感じました」(20代ママ)

赤ちゃんの様子を見ながら、食べるときの姿勢を変える工夫をしたママもいるようです。他にも、口あたりがなめらかになるよう調理法を工夫したり、シリコン製の小さいスプーンに変えてみたりしたというママの声も聞かれました。

離乳食は赤ちゃんにあわせて

散歩する赤ちゃんとママ
iStock.com/Yagi-Studio

離乳食の進め方についてママたちは、1日目から2日目、3日目から4日目、5日目から6日目で赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ量や食材を変えていったようです。赤ちゃんの機嫌のよい時間帯がいつかや食べやすい工夫も意識しながら、親子で楽しい食事の時間がすごせるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2018年12月3日時点で作成した記事になります。

2018年12月05日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧