保育園でレッスンバッグは必要?選び方や手作りするときの工夫

保育園でレッスンバッグは必要?選び方や手作りするときの工夫

保育園で使うレッスンバックの用意の仕方

入園準備をするとき保育園でレッスンバッグは必要なのか気になったり、用意する大きさや作り方が知りたかったりするママもいるかもしれません。今回は、保育園でレッスンバッグは必要なのかと用意の仕方、大きめサイズやおしゃれなデザインなどの選び方や、名前をつける位置など手作りするときの工夫についてご紹介します。

保育園でレッスンバッグは必要?

保育園の入園に向けて保育園用品の準備をするとき、レッスンバッグは必要なのか気になるママもいるのではないでしょうか。保育園でレッスンバッグは必要かママたちに聞いてみました。

必要

20代ママ
うちの子が通っている保育園では絵本の貸し出しをしているので、絵本袋としてレッスンバッグを使っています。入園説明会でレッスンバッグが必要なことを知り入園式までに用意しました。
40代ママ
園活動で作った作品や汚れた服などを持ち帰るときにレッスンバッグを使っています。必要なときすぐに使えるように、普段は保育園で保管しています。
絵本の貸し出しや保育園から家に持ち帰る荷物を入れるためなどにレッスンバッグを使うことから、レッスンバッグが必要な場合があるようです。他には、普段の通園や着替え袋として使うためにレッスンバッグが必要だったというママの声もありました。

必要ない

30代ママ
息子の保育園ではレッスンバッグは必要ありません。園指定の通園リュックに荷物を入れています。
園指定のバッグを使うことからレッスンバッグの用意が必要ない場合もあるようです。ママのなかからは、手提げ袋であれば何でもよかったのでレッスンバッグは必要なかったという声も聞かれました。

レッスンバッグの用意が必要かどうかは、保育園によってさまざまなようなので事前に保育園に確認してみるとよいかもしれません。

保育園で使うレッスンバッグはどのように用意する?

保育園で使うレッスンバッグの用意が必要な場合は、どのように用意したらよいのでしょう。

購入する

20代ママ
レッスンバッグを手作りしようか悩みましたが、作り方がわからなかったので購入しました。子ども用品店にさまざまな種類のレッスンバッグが売っており価格も手頃でした。
レッスンバッグを購入して用意したママもいるようです。ママのなかには、既製品より大きめのレッスンバッグが欲しかったので、手芸用品店のオーダーメイドを利用したという声もありました。

手作りする

ミシン
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
子どもが毎日使うものなので子どもにあわせたものを用意してあげたいと思い、作り方をインターネットで調べて手作りしました。レッスンバッグに入れる荷物や子どもの使いやすさなどを考えながら自分なりにアレンジしました。
子どもにあわせてレッスンバッグを手作りしたママもいるようです。ママのなかからは、上履き袋やコップ袋などとお揃いの生地で手作りしたという声も聞かれました。

レッスンバッグの選び方

レッスンバッグを用意するときどのようなことをポイントに選んだらよいのでしょう。ママたちにレッスンバッグの選び方を聞いてみました。

大きさ

30代ママ
レッスンバッグを通園に使っているのですが、たくさん荷物が入るように大きめサイズを用意しました。オムツや着替えなど荷物が多くても楽に入れられます。
荷物がたくさん入るように大きめサイズを用意したママがいるようです。ママのなかからは、レッスンバッグのサイズは保育園で指定があったという声もありました。

素材

生地
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
保育園生活の3年間使うものなので丈夫なレッスンバッグを用意したいと考え、厚手のキルティング素材を選びました。キルティング素材は中綿になっているので破けにくいように感じます。
長く使えるようにレッスンバッグの素材をポイントに選ぶのもよいかもしれません。他には、雨や汚れに強いタイプがよいと考え防水加工された素材を選んだというママの声もありました。

デザイン

20代ママ
バッグの中の見た目にもこだわり、裏地つきのレッスンバッグを選びました。裏地がついていると、バッグの中にゴミや埃が溜まったとき裏返してサッとはらえるのも便利です。
バッグの内側のデザインまでこだわってレッスンバッグを選んでいるママもいるようです。ママのなかからは、他の子どもと被らないように、リボンやレースなどあしらわれたおしゃれなレッスンバッグを用意したという声もありました。

レッスンバッグを手作りするときの工夫

レッスンバッグを手作りするとき、どのようなことを考えて作るとよいのでしょう。レッスンバッグを手作りするときに工夫したことについてママたちに聞いてみました。

見やすい場所に名前をつける

40代ママ
保育園ではレッスンバッグをクラス毎まとめて保管するようで、わかりやすい場所に名前をつけるように言われました。大きめのネームタグをバッグの右下に貼りつけました。
保育園で使うレッスンバッグは、子どもだけでなく先生や友だちにも見やすい場所に名前をつけることも大切かもしれません。ママのなかには、バッグの内側に大きく名前を書いたという声もありました。

使いやすさを意識する

20代ママ
作り方を調べてレッスンバッグの表と内側に1つずつ大きめのポケットをつけました。ティッシュやヘアゴムなど細かなものを入れられて便利です。
30代ママ
レッスンバッグに入れた荷物が出てしまわないように、バッグの口部分に面ファスナーをつけました。ファスナーと迷ったのですが、小さな子どもでも簡単に開け閉めができるように面ファスナーを選びました。
ポケットや面ファスナーなど子どもにあわせてレッスンバッグを作ると、子どもが使いやすくなるかもしれませんね。ママのなかからは、マチつきのレッスンバッグを作ったという声も聞かれました。

レッスンバッグは保育園に確認してから用意しよう

手提げバッグ
Africa Studio/Shutterstock.com

保育園でレッスンバッグが必要なのかは園によって異なるようなので、確認してから用意するとよいかもしれません。必要な場合は、購入や手作りなどで用意の仕方はさまざまなようです。

レッスンバッグを選ぶときは、たくさんの荷物が入るように大きめサイズを選ぶなどバッグの大きさや、おしゃれなデザインなどをポイントに選んでいるというママの声がありました。手作りする場合は、名前のつけ方や子どもの使いやすさなど作り方を工夫して、子どもにあったレッスンバッグを用意できるとよいですね。

2019年11月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧