パパが哺乳瓶を使うとき。扱い方や赤ちゃんに授乳するときのポイント

パパが哺乳瓶を使うとき。扱い方や赤ちゃんに授乳するときのポイント

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときの対応など

パパが赤ちゃんに授乳するとき、哺乳瓶の扱い方やなかなか飲まないときはどのように対応すればよいのか気になることもあるかもしれません。今回の記事は、哺乳瓶の扱い方や哺乳瓶で赤ちゃんに授乳するときのポイント、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときの対応について体験談を交えてお伝えします。

哺乳瓶を使うときパパが気になること

休日や夜間など、ママに代わってパパが哺乳瓶を使い赤ちゃんに授乳することもあるかもしれません。哺乳瓶を使うときに気になることを聞いてみました。

20代パパ
僕は初めて哺乳瓶を使うので、どのように使えばよいのかよくわかりません。授乳するときのコツなど、哺乳瓶の基本的な扱い方を知りたいです。
30代パパ
私がミルクをあげようとすると、息子が嫌がってしまうときがあります。赤ちゃんが飲まないときは、どのように対応すればよいのか気になります。

授乳するときの哺乳瓶の扱い方や、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときはどのように対応すればよいのか気になっているパパがいるようです。他にも、ミルクを調乳するときや哺乳瓶を消毒するときの扱い方が知りたいという声も聞かれました。

そこで、今回は哺乳瓶の扱い方や授乳するときのポイントなどについてご紹介します。

哺乳瓶の扱い方

授乳中のパパ
iStock.com/monzenmachi

ミルクを調乳するときや授乳後に消毒するときは、哺乳瓶をどのように扱えばよいのでしょう。パパたちに、哺乳瓶の扱い方について聞いてみました。

やけどに気をつけて調乳する

30代パパ
調乳には毎回70度以上のお湯を使うので、やけどをしないよう気をつけています。冷ますまで哺乳瓶が熱く感じるときは、ハンドタオルや鍋つかみを使って哺乳瓶を持つようにしています。

ミルクの調乳には70度以上のお湯を使うようなので、手にやけどをしないよう気をつけた方がよいかもしれません。パパのなかには、粉ミルクやお湯が哺乳瓶からこぼれないよう、調乳時には必ずちくびをセットしてから左右に優しく振って混ぜているという声もありました。

しっかり洗浄と消毒をする

20代パパ
うちは、市販の専用容器に哺乳瓶とちくび、少量の水を入れて電子レンジにかけて消毒しています。授乳後の哺乳瓶は必ず中性洗剤を薄めたものできれいに手洗いし、ミルクの汚れを落としてから消毒するようにしています。
30代パパ
専用の容器に指定通りに作った消毒溶液を入れ、哺乳瓶を溶液に一定時間つけておくと消毒できているようです。消毒後の哺乳瓶は容器から出し、そのまま次の授乳まで乾燥させるようにしています。

使用後の哺乳瓶は、しっかりと洗浄、消毒するとよいでしょう。哺乳瓶の消毒方法には、電子レンジを使うやり方や薬液につける方法の他にも、鍋を使った煮沸消毒などがあるようです。普段煮沸消毒をしているパパからは、哺乳瓶やちくびの素材が傷まないよう、鍋の中で5分以上沸騰させないようにしているという声も聞かれました。

哺乳瓶で赤ちゃんに授乳するときのポイント

哺乳瓶
iStock.com/Yhounie

哺乳瓶で授乳するときは、どのようなことに気をつければよいのでしょう。授乳するときのポイントについて聞いてみました。

赤ちゃんの抱き方や姿勢

30代パパ
まず私の体と平行になるように娘を横抱きして、利き腕の手の平で背中と腕を支えます。私の肘に娘の頭、膝にお尻を置いて安定させて胸元に引き寄せる体勢を作ると、飲みやすそうに感じます。

哺乳瓶で授乳するとき、赤ちゃんが飲みやすくなる抱き方や姿勢をとることを意識しているパパがいるようです。パパのなかには、飲んだミルクが逆流しないよう、赤ちゃんの足よりも頭が高くなるよう毎回調整しているという声もありました。

哺乳瓶の咥えさせ方

20代パパ
哺乳瓶を深く咥えさせた方が、赤ちゃんがミルクを飲みやすくなると妻に教わりました。赤ちゃんの上唇をめくってからぐいっと深く咥えさせるとちょうどよいのか、飲みやすそうに感じます。

ちくびの部分を赤ちゃんに深く咥えさせることも、哺乳瓶で授乳するときのポイントかもしれません。パパのなかには、哺乳瓶のちくび部分を赤ちゃんの舌の上にしっかり乗せてから深く咥えさせているという声もありました。

飲むのにかかる時間

20代パパ
娘に哺乳瓶でミルクをあげてみましたが、時間が経っても全量を飲み切れませんでした。妻と話しあい、よりミルクが出やすいちくびに変えるなど、娘が飲みやすくなるよう工夫しています。

哺乳瓶で授乳するとき、飲むのにかかる時間を意識しているパパもいるようです。他にも、短時間で多い量を飲んでいた赤ちゃんに、ちくびの穴のサイズを小さめのものに替えてみたところ、一気に飲むことは少なくなり時間をかけて飲むようになったという声も聞かれました。

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときの対応

ミルクや絞った母乳を飲まないなど、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときはどのように対応しているのか、パパたちに聞いてみました。

飲みやすいかどうか確認する

30代パパ
息子が哺乳瓶を嫌がるときは、ミルクが飲みやすい温度になっているかどうか確認しています。腕の内側にミルクを垂らしてみて、息子が飲むのに温度が熱すぎないかなど、再度確認しています。

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったときは、温度や飲みやすい状態かどうかを確認しているパパがいるようです。パパのなかには、空気をいっしょに吸ってしまい赤ちゃんが飲みにくくならないよう、哺乳瓶を適度に傾けて常にちくびにミルクを溜めた状態で授乳できるようにしているという声もありました。

根気よく飲ませる

20代パパ
うちの場合は、哺乳瓶で飲まないときがあってもこれは一時的なものかもしれないと思い、根気強く続けてみました。娘と目をあわせ、優しく声掛けをしながらあげ続けてみたところ、少しずつですが今では飲むようになってくれました。

赤ちゃんが哺乳瓶で飲むことを嫌がるときは、声掛けをしながら根気強く飲ませているというパパの声もありました。気長にあげ続け、それでも難しい場合は哺乳瓶やちくびの素材を変えてみるなど、別の対策を考えていくとよいかもしれませんね。

パパも哺乳瓶で授乳しよう

授乳
iStock.com/Milatas

哺乳瓶の扱い方をパパたちに聞くと、調乳するときは火傷をしないよう気をつけているという声や、授乳後は必ずミルクの汚れを落としてから消毒しているといった声が聞かれました。赤ちゃんがミルクや搾乳した母乳を飲みやすくなるよう、抱き方や姿勢、咥えさせ方を意識して授乳するとよさそうです。

嫌がって飲まないときは哺乳瓶の角度やミルクの温度を確認するなど、ママと協力して赤ちゃんの授乳を行えるとよいですね。

2019年07月25日


1

    YK
    ミルクをあげてもらうだけでなく、乳首を買い換えるとか消毒を買い足すとかは夫が担当してくれていました。私が日々の世話でいっぱいいっぱいのときは、そういうところをマメに気にしてくれると助かりました

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧