3歳児に枕は必要?高さなどの選び方やママたちが選んだ枕の種類

3歳児に枕は必要?高さなどの選び方やママたちが選んだ枕の種類

3歳の子どもにあった枕を選ぼう

3歳の子どもに枕は必要なのか、気になるママもいるかもしれません。今回の記事は、3歳の子どもに枕を使っていたかや高さなど3歳の子どもが使う枕を選ぶときのポイント、抗菌作用があるものなどママたちが選んだ枕の種類について、体験談を交えてお伝えします。

3歳の子どもに枕は必要?

ベッドに横になる子供
iStock.com/monzenmachi

子どもが成長して3歳頃になると、夜寝るときの枕は必要なのか気になるママもいるのではないでしょうか。3歳の子どもが、枕を使うことでよく眠れるのか気になる場合もあるかもしれません。実際に、子どもが3歳のときに枕を使っているのかをママたちに聞いてみました。

枕を使っている

20代のママ
うちでは3歳の息子に、子ども用の枕を使っています。大人が使っている枕を見て『ママと同じように自分の枕が欲しい』と言うようになったので、年齢にあったものを用意しました。

子どもが3歳のとき、枕を使っている場合があるようです。ママのなかには、0歳児の頃から使っていた赤ちゃん用の枕を子どもが気に入っているため、3歳になっても使い続けているという声もありました。

必要なかった

30代のママ
うちの場合、3歳の娘に枕を必要だとは感じていません。枕がなくても娘はぐっすりとよく眠れているようなので、いずれは枕が必要になったら用意しようと考えています。
20代のママ
3歳のとき子どもに枕を用意したのですが、次第に使わなくなりました。寝相が悪かったせいか枕が毎日ずれてしまい布団の外に使わずに置いてあることが多く、結局使わなくなりました。

子どもが3歳の頃、枕は必要なかったというママの声もありました。枕を使わなくても子どもがぐっすり気持ちよさそうに眠れていれば、必要ないと感じることもあるかもしれませんね。

枕代わりのものを用意した

20代のママ
子どもが3歳のときは、枕として他のもので代用していました。保育園の先生からは使わなくてもよいと言われたので必要ないと思ったのですが、子どもが欲しがったのでバスタオルを畳んだものを枕代わりに使っていました。

3歳の子どもの枕として、バスタオルなど他のもので代用していたママもいるようです。他にも、バスタオルやフェイスタオルを使って手作りした枕や枕カバーを、3歳の子ども用として使っていたという声も聞かれました。

3歳の子どもが枕を使っていたかどうかは、家庭によってさまざまなようです。

3歳の子どもが使う枕の選ぶときのポイント

3歳の子どもが使う枕を用意するときは、どのようなことを意識して選べばよいのでしょう。ママたちに、枕を選んだときのポイントについて聞いてみました。

高さ

30代のママ
娘が3歳の頃に枕を選んだときは、高さを考えました。以前私の枕で寝たときに『首が痛い』と言ったことがあったので、娘が気持ちよく眠れるよう低めのものを選びました。

3歳の子どもが使いやすい高さかどうかをポイントに、枕を選んでいるママがいるようです。実際に気持ちよく眠れる高さなのかどうか、購入する前に子どもといっしょにお店で試してみるとよいかもしれませんね。

素材

30代のママ
3歳の子どもに枕を購入するときは、素材を意識して選びました。うちの子は代謝がよく汗っかきなので、寝苦しくならないよう中身が通気性のよい素材で作られている枕を購入しました。

通気性のよいものなど、素材を意識することも枕を選ぶときのポイントかもしれません。枕の中身に使われている素材には、通気性のよいポリエチレン製のストローチップややわらかさのある羽根枕などさまざまあるようなので、使い心地にあわせて選ぶことができそうです。

デザイン

20代のママ
3歳の息子の枕はデザインで選びました。休日に買いものへ行き好きなキャラクターがデザインされた枕を選ぶと、愛着が湧くようでとても大切に使っています。

3歳の子どもの枕を用意するとき、子どもの好きなデザインで選んでいるママもいるようです。他にも、寝ているときに頭が安定しやすいものがよいと考え、中央部分が窪んでいるデザインの枕を選んだという声も聞かれました。

ママたちが選んだ枕の種類

並んだ枕
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

子ども用の枕には、どのような機能や特徴があるのでしょう。3歳の子どもにどのような枕を選んだのか、ママたちに聞いてみました。

清潔に使いやすいもの

20代のママ
うちの子には、丸洗いできる枕を購入しました。皮脂で汚れたときや汗の匂いが気になるときにも、自宅の洗濯機で丸洗いできるので長く清潔に使えています。
30代のママ
枕は毎日使うものなので、できるだけ清潔に使えるものがよいと思いました。毎日日光にあてて干すことは難しいので、抗菌作用のある枕は気持ちよく使えています。

3歳の子どもに枕を選ぶとき、丸洗いできるものや抗菌作用のあるものなど清潔に使いやすい枕を購入したママがいるようです。他にも、子どもが気持ちよく使えるよう防カビ、防ダニ加工が施された枕を購入したという声も聞かれました。

高さ調節ができるもの

20代のママ
娘が3歳のときに購入した枕は、子どもの成長にあわせて高さが変えられるものでした。子どもが成長していっても買い換えずに長く使っていけるものがよかったので、娘の使い心地にあわせて高さ調節できるタイプの枕は便利でした。

3歳の子どもに、高さ調節ができるタイプの枕を購入したママもいるようです。チップパイプ、クッションなど中身に入っている素材の量を出し入れして高さ調節をするものや、折りたたみ方で高さを変えられる商品などさまざまなの種類があるようなので、好みのタイプを選ぶことができそうですね。

3歳の子どもにあった枕を選ぼう

枕を使って寝ている子供
iStock.com/TAGSTOCK1

3歳の子どもに枕が必要かどうかは、子どもの様子によってさまざまなようです。子どもはよく汗をかくので、通気性のよい素材が使われている枕を購入したというママの声もありました。

枕の必要性を感じたときは、丸洗いできるものや高さ調節ができるものなど、機能や特徴を確認しながら使い心地のよい枕を用意できるとよいですね。

2019年06月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧