子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年06月05日

毎月の貯金額にプラス1万円。無理なく貯蓄ができる「家計簿の書き方」を専門家に聞く

毎月の貯金額にプラス1万円。無理なく貯蓄ができる「家計簿の書き方」を専門家に聞く

ファイナンシャルプランナー伊達有希子さんの連載4回目です。今回は、家計簿の書き方や無理なく続ける方法、家計簿の与える効果などを知り、改めて家計簿と向き合っていくためのコツを教えていただきました。

伊達有希子(ファイナンシャルプランナー)

資産作りの第一歩は家計簿から

私たちは、お給料や生活費などの毎月出入りする収支と、貯金や不動産などの資産を管理しています。

家計簿では毎月の収支を管理する訳ですが、それが出来るようになると、資産の管理にもつながります。

つまり、資産を作るはじめの一歩として家計簿があることになるのです。

家計簿を無理なく続けるコツ

家計簿で挫折した経験をお持ちの方は多いようですが、このコラムを読まれているみなさんはいかがでしょうか?

3つの目的

実際のファイナンシャルプランナー個別面談でも、「昔は細かく家計簿をつけていたが、子供が生まれてからはその時間が取れなくなり今はつけていない」「家計簿をつけても続かない」というご相談をよくいただきます。家計簿の本来の目的は、

①毎月出入りするお金の現状を把握し
②予算を立て
③結果がどうだったか

を確認することです。家計簿が続かない方の特徴として、①の「現状把握」に力を入れすぎている傾向があるのではないでしょうか。例えば、こんな方です。

・ほぼ毎日レシートを家計簿に入力している

・1円単位まで細かくつけないと気が済まない

・予想外の出費が続くと、無駄な出費をしたようで気分が落ち込む

・夫(もしくは妻)の出費まで細かくつけたい

・品目(項目)をかなり細かく分けている

もちろん、几帳面につけることが一概に悪い訳ではありません。家計簿をつける方の性格もあると思います。でも、本来家計簿というのはそんなに時間をかける必要はありません。なぜなら、

毎月の収支の現状を把握するためであれば、千円単位、もしくは万円単位の管理で十分だからです。

毎月の収支を把握

家計簿アプリもいろいろ出ていますが、便利な反面どうしても細かくなってしまうため、最初はノートに手書きするか、簡単なエクセルの表を作れば十分ではないでしょうか。

毎月の収入が◯◯万円、生活費が◯◯万円、貯蓄が◯◯万円。最低、この3つの収支が押えられていれば、収支の現状把握はクリアしていると気楽に考えて下さい。

大事なのは②の「予算立て」、③の「結果の確認」の過程もしっかりこなすことですから、そのための余力を残しておく必要があります。

予算立ては貯蓄の金額から

①の「現状把握」で毎月の収支を把握した後は、②の「予算立て」を行いましょう。このとき、

収入・生活費・貯蓄のうち、貯蓄から決めていくのがポイントです。

例えば収入が30万円と仮定して、今月は2万円を貯められたとします。「来月は3万円貯めてみよう、そのために生活費はどこを調整しよう」という具合に予算を立てていくのです。

そうすることで、「余ったら貯める」から、「貯めた残りで生活する」に考えが切り替わっていきます。

これは、前回の記事でも書かせていただいた“先取り貯蓄”と呼ばれるもので、貯蓄を習慣化するのに大切な考え方です。

前回の記事:貯金は習慣で成功する。ファイナンシャルプランナーが教える「先取り貯蓄」の方法

結果の確認までしっかりと

①で毎月の収支を把握し、②で予算を立てた後は、結果を確認するだけです。

多くの場合、家計簿をつけ始めた当初は、②で予算を立ててもその通りにはいかないでしょう。結果を、確認する際のポイントは2つです。

・貯蓄額が予算通りに貯められたかどうか
・予算を大きく上回る支出があった場合、どのような理由だったか

当初予定していた貯蓄額を貯められたようであれば、生活費の細かな誤差は気にしなくても構いません。このまま数ヶ月家計簿を続ければ

貯蓄のペースは安定し、資産を順調に増やしていくことができるでしょう。

予算を大きく上回る支出があった場合も、緊急で必要な支出(例えば冠婚葬祭、歓送迎会、子供の教育費の一括払いなど)であれば、落ち込む必要はありません。

もし必要な出費が毎月続くのであれば、来月は予算に組み込めばいいだけですし、たまたま今月だけ支出があったのであれば来月は予算通りに貯められるはずです。

問題は、それぞれの予算を少しずつオーバーした結果、貯蓄が出来なかったパターンの方です。

「ついコンビニによって余計なものまで買ってしまう」「毎月なんとなく支出しているものがある(スポーツクラブの月会費など)」「何に使ったかよくわからない」というものです。

このパターンの方は、生活費をもっと注意深く管理する必要があるので、一度ファイナンシャルプランナーにご相談下さい。

家計簿の最大の効果

家計簿は、つけること自体が目的ではありません。あくまでも毎月の収支の現状を知り、予算を立て、結果を確認することを目的とします。

その結果として、将来必要となる資産をしっかり作れるように、

家計を自己管理できるようになることが家計簿の最大の効果です。

これまで細かく家計簿をつけていて挫折してしまった方、家計簿をつけてもお金が全然貯まらなかった方はその書き方を見直して、①・②・③のステップに沿い是非もう一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

執筆:伊達有希子

伊達有希子の記事一覧(バックナンバー)

1982年茅ヶ崎生まれ。2004年専修大学英米文学科卒業後、呉服屋に入社。AFP取得をきっかけに、2009年企業系FPとして保険会社に転職のち、2013年にyou&me partners(ユメパートナーズ)設立。2016年には起業家サポートとしてFPコモンズのサイトを立ち上げる。資格:CFP・1級FP技能士 趣味:旅行・食べ歩き

you&me partners
FPコモンズ
レクチャーの関連記事
  • 子どもの教育費はどれくらい必要?FPに聞く、就学前に知るべき必要な貯金額

    子どもの教育費はどれくらい必要?FPに聞く、就学前に知るべき必要な貯金額

    子どもの教育にかかる費用が気になるママも多いと思われます。実際、何にどれくらいかかるか、貯金はどれくらい必要か、知りたいところですよね。今回はファイナンシャルプランナー(FP)の伊達有希子さんに、小学校を受験する場合も含め、子どもに必要な教育費の目安を聞いてみました。

    伊達有希子(ファイナンシャルプランナー)

  • 共働き夫婦の家計管理方法。FPに聞く、1日300円からはじめるお金の節約

    共働き夫婦の家計管理方法。FPに聞く、1日300円からはじめるお金の節約

    共働き家庭では家計の管理はどうしてるのか?どういう管理の仕方が一番節約できてお金が貯蓄できるか、気になるところです。今回はファイナンシャルプランナー(FP)の滝本博文さんに、節約できる家計の管理方法を聞いてみました。

    滝本博文(ファイナンシャルプランナー)

  • 子どもの学資保険はいつから入る?FPに聞く、必要な学費や保険の種類

    子どもの学資保険はいつから入る?FPに聞く、必要な学費や保険の種類

    子どもの学資保険は子供が何歳のころに入るのが適切なのか、最終的にどれぐらいあればいいかなど知りたいと思いませんか?今回は、必要な学費や確実な積み立て方をファイナンシャルプランナー(FP)の滝本博文さんに聞いてみました。

    滝本博文(ファイナンシャルプランナー)

  • 5~6歳のうちに体験しておきたい「お金の教育」。お金を貯める方法

    5~6歳のうちに体験しておきたい「お金の教育」。お金を貯める方法

    みなさんは、学校でお金の使い方を習ったことはありますか?おそらく、「習ったことがない」もしくは「生活科や社会科でお買い物体験はしたけれど、何かを教わった記憶はない」という人がほとんどではないでしょうか。では、子どもを将来お金に困らないように育てるには、どうすれば良いのでしょう。今回は、家庭でできるお金の教育として、「5~6歳のうちに体験しておきたいお金を貯める方法」をお伝えします。

    島田 綾 (一般社団法人 金融学習協会)

  • 3人家族の生活費。FPに聞く、赤字にならないベストな内訳と2つの改善方法

    3人家族の生活費。FPに聞く、赤字にならないベストな内訳と2つの改善方法

    家計管理において一カ月の生活費を把握しておくことはとても大切ですね。今回は、ファイナンシャルプランナー(FP)の伊達有希子さんに、家計収支に関しての改善方法や気をつけたいこと、そしてベストな生活費の内訳について伺ってみました。

    伊達有希子(ファイナンシャルプランナー)

  • 【お中元のマナー】地方による時期のちがい、のし紙の書き方やお返しの方法とは

    【お中元のマナー】地方による時期のちがい、のし紙の書き方やお返しの方法とは

    夏が近づくにつれて気になるのがお中元。スマートな対応が大人のマナーだとはわかっていても、いざ準備をしようとするとよくわからないことがたくさんありませんか?「お中元の時期って?」「何を贈ったらいいの?」そんなさまざまな疑問を解消すべく、今回はお中元のマナーや基礎知識についてご紹介していきます。

カテゴリ一覧