頑固な泥汚れを落とすとき。洗剤の選び方や洗い方の工夫は?

頑固な泥汚れを落とすとき。洗剤の選び方や洗い方の工夫は?

洋服や靴下、床面などの泥汚れの落とし方

洋服や靴、玄関や家の床面などの泥汚れは、どのようにすればきれいに落ちるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、泥汚れに使用する洗剤の選び方や洋服や靴、床面など対象別の泥汚れの落とし方、落ちにくい泥汚れを落とすときの工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子育て中家庭で泥汚れが気になる箇所は?

雨の日の外出後や泥遊びをした後などは、泥汚れが気になるママもいるのではないでしょうか。実際に、どのような箇所の泥汚れが気になっているのかをママたちに聞いてみました。

30代ママ
雨上がりの園庭で水たまりに入って遊んでしまい、洋服や靴下、靴に泥汚れがついてしまうことがよくあります。泥汚れはきれいに落ちることがあまりないので、いつも苦労しています。
30代ママ
公園の砂場でお水を使って遊ぶのが大好きで、遊んだ後はいつも靴と靴下が真っ黒になります。玄関や家の床面が泥だらけになってしまったときの泥汚れが、きれいに落ちる方法があれば教えてもらいたいです。
ママたちは、雨の後や砂遊びをした後の洋服や靴下、靴などの他、玄関や家の床面などの泥汚れが気になっているようです。泥汚れは落ちにくいので、何を使ってどのようにすれば、泥汚れがきれいに落ちるのかを知りたいというママの声もありました。

そこで今回は、泥汚れに使用する洗剤の選び方や、洋服や靴、床面それぞれの泥汚れの落とし方のコツについてご紹介します。

泥汚れに使用する洗剤の選び方

洗濯洗剤
iStock.com/S847

泥汚れを落とすときに使う洗剤を用意するときに、どのような目線で選べばよいのか気になるママもいるかもしれません。泥汚れに使用する洗剤の選び方を、ママたちに聞いてみました。

洗剤の種類や特性で選ぶ

30代ママ
衣類についた泥汚れを落としたいときは、普段使っている液体洗剤ではなく、固形石鹸やアルカリ性の粉末洗剤を使用しています。洗剤によって、特性が異なるので表示をよく見て泥汚れに強いものを意識して選ぶように意識しています。
洗剤には、泥汚れに適しているものや皮脂汚れに適しているものなど、さまざまな種類があるようです。ママたちのなかには、洋服や靴下についた泥汚れを落とすときは、固形石鹸やアルカリ性の粉末状の洗剤を選ぶようにしているという声もありました。

汚れの状態あわせて選ぶ

30代ママ
衣類や靴などについた泥汚れをすぐに落とすときは、普段使用している液体洗剤を使いますが、何度か繰り返して沈着した泥汚れの場合は、泥汚れ用の洗剤を使用しています。泥汚れ用の洗剤は、通常の洗剤よりもコストがかかりがちなので、シミになってしまったときだけ使用するなどして、上手く取り入れています。
30代ママ
床面についた泥汚れは、基本的に水拭きで掃除しています。時間が経ってしまい落ちるはずの泥汚れが乾燥して取りにくくなった場合は、重曹を水で薄めたものを使うようにしています。
ママたちは、泥汚れの状態によって使う洗剤を選んでいるようです。泥汚れ用の洗剤には、粉末状のものや、部分洗いしやすい固形石鹸などさまざまなタイプがあるようなので、いろいろと試した上で、使いやすいものを選ぶとよいかもしれません。

【対象別】洗剤を使った泥汚れの落とし方

洋服

30代ママ
洋服の泥汚れを落とすときは、まず泥を払ってから洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらくつけおきをしておきます。洋服は手で強くこするとのびてしまうので、生地を傷めないように気をつけて洗っています。
洋服の生地を傷つけないように泥汚れを落とすためには、つけおきをしてから手で優しくもみ洗いをするとよさそうです。つけおき洗いをするときは、洗剤の他に酸素系漂白剤や重曹を薄めたぬるま湯を使用しているというママの声もありました。

洗濯機
iStock.com/didecs
30代ママ
靴ひもやインソールを外して、靴用のブラシで泥をしっかりと落としてから、洗剤を溶かしたぬるま湯につけおきして、その後手洗いをします。手洗いをするときは、細かい部分の汚れが落ちるように、靴用のブラシの他に使わなくなった歯ブラシを併用するとよいですよ。
靴を洗うときは、つけおきをした後に持ち手がついた靴用のブラシや歯ブラシなどを使って、細かい部分の汚れを掻き出すようなイメージで洗うとよさそうです。ママのなかには、固形石鹸を靴の表面に直接塗り込んで、ブラシでこすり洗いしているという声もありました。

床面

30代ママ
家の床面についた泥汚れは、基本的に水拭きで対応できますが、玄関の床面の泥汚れがひどいときは、重曹や中性洗剤を水で薄めたものを使っています。スプレー容器に移し替えて泥汚れが気になる部分に吹きつけてから、ブラシでこするようにしています。
玄関や家のなかの床面の泥汚れが水拭きだけでは落ちないときは、重曹を水で薄めたものを使用しているママもいるようです。重曹を水で薄めたものを使用する場合は、床面のコーティング剤やワックスがはがれてしまわないか試してから使用するとよいかもしれません。

頑固な泥汚れのお手入れの工夫

なかなか落ちない頑固な泥汚れを落とすときに、ママたちがどのような工夫をしているのかを聞いてみました。

泥汚れを乾かしてから洗う

30代ママ
衣類についた泥汚れは、泥が繊維の奥につまっていると感じたので、しっかりと乾燥させて、できるだけ泥を取り除いてから水や洗剤につけています。いきなり水につけて、落ちると思っていた泥汚れが、奥に入り込んでしまったことがあったので気をつけています。
泥汚れがついた衣類は、水につける前に乾燥させて、繊維に入り込んだ泥を落としてから洗うとよいかもしれません。乾燥した泥汚れは、ブラシを使うと落としやすいというママの声もありました。

煮洗いする

30代ママ
泥汚れで真っ黒になってしまった子どものくつ下は、水と粉末洗剤、重曹を入れた鍋で40分ほど煮洗いをしています。煮洗いをした後は、やけどに気をつけながら、できるだけ熱いうちに手でもみ洗いするとよいですよ。
ママたちのなかには、頑固な泥汚れを落とすときは、煮洗いをしているという声もありました。煮洗いした後に、手でもみ洗いしたり洗濯機で洗ったりして落としているようです。

洗剤や方法を工夫して泥汚れを落とそう

服をたたむママと赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio

ママたちは、泥汚れが落ちるように、洗剤の特性や泥汚れの状態によって洗剤を選んでいるようです。つけおきをしたりブラシを使ったりして、衣類や靴、床面など対象物によって洗い方を工夫しているというママの声もありました。

落としにくい泥汚れがついた衣類を洗濯するときは、泥汚れを乾燥させて繊維に入り込んだ土や砂を落としてから、煮洗いをしてみるのもよいかもしれません。洗剤の選び方や洗い方を工夫して、泥汚れをきれいに落とせるとよいですね。

2019年10月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家事の関連記事

カテゴリ一覧