赤ちゃんを包む布タイプの抱っこ紐。巻き方や素材などの選び方

赤ちゃんを包む布タイプの抱っこ紐。巻き方や素材などの選び方

布製の抱っこ紐を使うときに意識したいこと

赤ちゃんのいる家庭では、家事や寝かしつけ、外出のときなどに、抱っこ紐があったら便利だと感じるママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、布タイプの抱っこ紐について、布一枚のものやスリングタイプの抱っこ紐を選ぶポイントや巻き方と、使うときに意識したいことなどをご紹介します。

布タイプの抱っこ紐を選ぶとき気になること

布タイプの抱っこ紐を選ぶときに、どのようなことが気になるのか、ママやパパに聞いてみました。

20代ママ
抱っこ紐売り場に行くと、さまざまな布タイプの抱っこ紐があり迷ってしまいました。種類によってどのような特徴があるのかや、布タイプの抱っこ紐の選び方を知りたいです。
30代パパ
妻が出産を控えており、僕も育児に参加したいと考えています。布タイプの抱っこ紐は新生児期から使えるものもあるそうですが、抱っこ紐の巻き方や、使う上で気をつけたいことなども教えてほしいです。
布タイプの抱っこ紐の選び方や、布一枚の抱っこ紐の巻き方や使う上で気をつけた方がよいことなどを知りたいというママやパパの声がありました。

今回の記事では、布タイプの抱っこ紐の種類や選び方の他にも、巻き方や使うときに意識したいことについてご紹介します。

布タイプの抱っこ紐の選び方

洗濯表示。記事中に洗濯の話題があるので。
Africa Studio/Shutterstock.com

布タイプの抱っこ紐を選ぶときに、抑えておきたいポイントについて聞いてみました。

使うシーン

30代ママ
新生児期から幼児期まで、長く使えるタイプを選びました。赤ちゃんの寝かしつけや家事をするときも、抱っこ紐があるととても便利です。 
布タイプの抱っこ紐を選ぶときは、使う期間や使うシーンなどを考えて選んだというママの声がありました。布一枚のタイプは、使わないときはコンパクトに収納できて、外出のときにも重宝したという声もありました。

素材

30代ママ
肌がデリケートでかぶれやすい子なので、素材は肌に優しいオーガニックコットン100%を選びました。清潔な状態で使えるよう、赤ちゃんのよだれや汗で汚れたときにも、洗濯しやすい素材か確認しておくとよいと思います。
40代ママ
夏の暑い時期の抱っこ対策として、布の抱っこ紐は通気性を重視して選びました。涼しい素材で、赤ちゃんを快適に抱っこできました。
抱っこ紐は赤ちゃんとママやパパの体にふれるものなので、肌がデリケートな赤ちゃんには優しい素材のものを、夏場の暑い時期には通気性のよいものや洗濯のしやすさなども考慮して選ぶとよさそうです。赤ちゃんとママの体が触れる抱っこは思った以上に暑いので、素材を選ぶときは使う季節を考慮したという声もありました。

巻き方

20代ママ
布一枚のタイプの抱っこ紐を、主人とき方に変えられるので、外出時は主人とそれぞれの子どもを抱っこやおんぶができて、とても便利です。
布一枚の抱っこ紐など、布製の抱っこ紐を選ぶときは、ママやパパの使いやすさや巻き方を確認してから購入することも大切かもしれません。抱っこのときの、肩こりや腰痛に悩まされていたけれど、そのときの体調にあわせた巻き方ができて嬉しいという声もありました。

ママやパパが選んだ布タイプの抱っこ紐の種類

布タイプの抱っこ紐の種類について、どのようなタイプを選んだのか、ママやパパに聞いてみました。

ベビーラップタイプ

30代ママ
生まれてすぐの新生児期の赤ちゃんから、幼児期まで使えて重宝しました。巻き方をアレンジして、家事をするときはおんぶ、お散歩のときは前抱っこというように、布一枚で何通りもの巻き方が楽しめて便利ですよ。
布一枚でさまざまな巻き方ができるベビーラップタイプは、新生児期の赤ちゃんから幼児期まで使えたというママの声がありました。赤ちゃんをママやパパの体にぴったりと密着させて使うので、腰や肩の負担が軽減され、長時間抱っこも楽だったという声もありました。

スリングタイプ

30代パパ
幅広の布をたすきがけのように肩にかける単純な形で、簡単に赤ちゃんを抱き入れられるので便利でした。胸のあたりに赤ちゃんを密着させるので、赤ちゃんの様子もよくわかり、安心するのかよく寝てくれました。
スリングは抱きおろしが手軽で、扱いやすいと感じることもあるようです。利用期間は新生児から少し体が大きくなった幼児期まで使えて、重宝したという声もありました。

布タイプの抱っこ紐を使うとき意識したいこと

抱っこ紐の素材
Nataliya Hora/Shutterstock.com

布タイプの抱っこ紐を使うときに、気をつけておきたいポイントを、ママやパパに聞いてみました。

利用する時間

40代パパ
抱っこしているとき、赤ちゃんはほどんど同じ姿勢ですごすので、一回の使用時間には気をつけています。自分の身体への負担にも気をつけたいと思っています。
赤ちゃんの抱っこのサポートのために使う抱っこ紐ですが、一回に利用する時間が長すぎないよう配慮することが大切なようです。ママやパパ自身、赤ちゃんへの負担感も考えながら、布タイプの抱っこ紐を上手に取り入れていけるとよいですね。

赤ちゃんの様子を見ながら

30代ママ
抱っこやおんぶのときに、赤ちゃんが自然な姿勢になっているか、苦しくなさそうかなど、こまめにチェックするように心掛けました。
20代ママ
万が一のことも考え、かがむときには赤ちゃんの身体を必ず手で支え、抱っこをしようとするときや降ろすときは、低い姿勢で行うようにしていました。
抱っこやおんぶしているときは、赤ちゃんの様子に気を配り、抱っこするときや降ろすときは低い姿勢で行うなど、安全面に配慮したというママの声がありました。使用前には取り扱い説明書を必ず確認し、通販サイトで購入する際は、取扱説明書の有無も確認した方がよいという声もありました。

布タイプの抱っこ紐でおんぶや抱っこを快適に

抱っこ紐を使って快適な様子の親子
Tatyana Vyc/Shutterstock.com

布タイプの抱っこ紐を選ぶとき、素材や使うシーン、巻き方などをポイントにしたというママやパパもいるようです。

さまざまなメーカーから、豊富なデザインの抱っこ紐が出ているので、巻き方をアレンジできる布一枚タイプや、気軽に抱き入れられるスリングタイプなどお気に入りの抱っこ紐を探して、赤ちゃんとの時間を楽めるとよいですね。

2020年01月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧