謝恩会に着る服装はカジュアルでもよい?謝恩会の服装を選ぶポイント

謝恩会に着る服装はカジュアルでもよい?謝恩会の服装を選ぶポイント

フォーマルやカジュアルのコーディネート例

幼稚園の謝恩会で着る30代40代のママやパパの服装を考えるとき、カジュアルなスタイルやパンツスタイルでもよいのか、マナーはあるのかなど気になる方もいるかもしれません。今回は、謝恩会で着る服装の色など選ぶときのポイントや、男性や女性、子どものコーディネート例などを体験談を交えてご紹介します。

謝恩会で着る服装について

幼稚園の謝恩会などに参加するとき、どのような服装をしていくとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

謝恩会で着る服装について聞いてみると、カジュアルな服装やパンツスタイルでもよいのか知りたいという声や、色味など服装を選ぶときのマナーについて知りたいというママの声もありました。

幼稚園の謝恩会に着ていく服装のマナーや選ぶときのポイントについて知っておくと、服装選びの参考にできるかもしれません。そこで今回は謝恩会で着る服装について、ママたちに聞いてみました。

謝恩会の服装を選ぶときのポイント

謝恩会の服装を選ぶとき、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。謝恩会の服装選びのポイントについて聞いてみました。

清潔感

30代ママ
先生や子どもたちに感謝の気持ちを伝えるための謝恩会だと思うので、清潔感のある服装を心がけるようにしました。シャツやブラウスとジャケットできちんと感を出すようにしました。
謝恩会で着る服装を清潔感で選んだママもいるようです。他にも、主役は子どもと先生なので、目立ちすぎない色の服装を選んだというママの声もありました。

開催場所にあうもの

開催場所にあわせて
Shebeko/Shutterstock.com
40代ママ
卒園式の後、ホテルに場所を移して謝恩会が開かれました。華やかな雰囲気にふさわしい方がよいと考え、ジャケットを明るい色のものに変えて出席しました。
30代ママ
私が参加した謝恩会は、卒園式とは別日に行われました。開催場所は幼稚園だったので、少しカジュアルな服装で出席しました。
謝恩会が開催される場所によって、服装を考える場合もあるようです。他にも、謝恩会に着ていく服装について、幼稚園のママたちと相談して決めたというママの声もありました。

動きやすさ

40代ママ
幼稚園の謝恩会は、卒園式後にそのまま園内で開催されました。テーブルのセッティングなどお手伝いすることも多いと聞いたので、動きやすいパンツスタイルで出席しました。
謝恩会では、ママたちも準備などを手伝うこともあるため、動きやすい服装を選ぶこともあるようです。子どもたちもいっしょに参加する謝恩会の場合に、パンツスタイルにしてよかったというママの声もありました。

謝恩会の服装のコーディネート例

謝恩会に着る服装のコーディネートについて、聞いてみました。

フォーマル

30代ママ
黒のワンピースにグレーのジャケットという服装で、謝恩会に出席しました。ウエストにリボンがついているワンピースのため、ジャケットを脱いでも華やかさがある服装になったと思います。
40代ママ
白いブラウスとグレーのジャケットに黒いズボンを着ました。パンツスタイルでもジャケットとパンツの色を変えるとスーツっぽく見えずに、フォーマルスタイルになります。
ワンピースやパンツスタイルにジャケットをあわせる服装をしたママもいるようです。他にもパパは、黒のフォーマルスーツを着ていたため、ポケットチーフなどで色味を加えるようにしたというママの声もありました。

カジュアル

40代ママ
謝恩会では、かっちりしすぎずカジュアルになりすぎない服装にしたいと考えました。黒のオールインワンのパンツスタイルにノーカラーのツイードジャケットをあわせると、ほどよくカジュアルな謝恩会スタイルができました。
40代ママ
謝恩会はカジュアルレストランで行われたので、普段より少しおしゃれなカジュアルスタイルにしました。ニットのセーターとスカートのセットアップにすると、カジュアルななかにきちんと感を出すことができました。
きちんと感のあるカジュアルスタイルで謝恩会に出席したママもいるようです。

子どものカジュアルスタイルでは、女の子には普段のお出かけ用に使うワンピースを、男の子には卒園式用に用意したズボンに明るい色味のシャツとジャケットを用意したというママの声もありました。

パパなど男性がカジュアルスタイルで出席する場合は、明るい色のジャケットを羽織ったりパンツの素材を意識して選ぶと、カジュアルになりすぎず謝恩会にあう服装が用意できるかもしれませんね。

謝恩会の服装で工夫したこと

謝恩会に着る服装で工夫したことについて、ママたちに聞いてみました。

小物でアレンジを加える

小物でアレンジ
Nataliya Hora/Shutterstock.com
40代ママ
卒園式の後にそのまま謝恩会を行うので、服装の色味が暗いと感じました。謝恩会に出るときに明るい色のコサージュに変えると、少し華やかになるように思いました。
卒園式からそのまま謝恩会に出席する場合に、服装の色が気になり小物でアレンジしたママもいるようです。他にも、派手にならない程度にアクセサリーを付け替えるなど、明るい色味を加えるというママの声もありました。

家族のテイストをあわせる

30代ママ
謝恩会は家族で出席することにしていました。私やパパ、子どもの服装のテイストが同じになるように意識して服装を選びました。
ママとパパ、子どもの服装に統一感が出るように、家族の服装のテイストをあわせたママもいるようです。ママだけフォーマルでパパと子どもがカジュアルスタイルとならないように、家族で揃えられるとよいかもしれません。

謝恩会にあわせて服装選びをしよう

謝恩会会場
llaszlo/Shutterstock.com

30代40代のママやパパが幼稚園の謝恩会で着る服装は、フォーマルなものからカジュアルなものまでさまざまなようです。

服装を選ぶときのマナーに決まりはないようですが、清潔感のある服装や開催場所にあわせた服装を選ぶとよいかもしれません。ママのなかには、お手伝いがあるためパンツスタイルの方が動きやすかったという声もありました。

家族で参加するときは、ママやパパ、子どもと色味やテイストをあわせるなど工夫をすることもあるようです。男性も女性も、参加する謝恩会にあわせた服装選びができるとよいですね。

2020年01月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ